世界遺産の街グアナファトを知ろう!グアナファト情報~入門編~

 

グアナフアトってどんなとこ?

メキシコ・グアナフアト州の州都である。

人口約78,000人(2003年現在)。メキシコでも豊かな銀山に恵まれ、スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築で有名である。歴史的な市街地と近辺の銀山はユネスコ世界遺産に登録されている。

グアナフアトという地名は先住民族のタラスコ族の言葉、「カエルのいる山がちな場所」 (Quanax-juato)が語源であるという説がある。

毎年10月から2週間かけて、国際セルバンテス祭が開かれ、市内にあるフアレス劇場や教会の階段を利用して、セルバンテスの戯曲の上演や、コンサートが催される。

 

 

​グアナフアトの魅力

 

街が世界文化遺産に指定されている!

​1988年にグアナフアト歴史地区とその銀鉱群という名目でグアナフアトの街全体が世界遺産に登録された。グアナフアトの街並みはスペイン植民地時代の美しいコロニアル建築と金銀で栄えたことで有名で、街を歩くだけでも楽しめる。また、広場では芸をしている人がいたり、演奏をしている人がいたり、夜には飲みに出かける人であふれたりなどメキシコ一陽気な都市と言っても過言ではないかもしれない。

SUITCASE Magazineさん(@suitcase)がシェアした投稿

 

メキシコ人の友達を作るのに最高!

グアナフアトはバルが非常に多く、そこで多くのメキシコ人と交流ができきる。メキシコシティよりも気さくに日本人を見かけると話しかけてくれたりとてもフレンドリーな雰囲気でナイトライフを楽しむことができる。ただ飲んで知り合っただけなのに複数人で飲むときやパーティに声をかけてくれることもしばしば。身の安全に気を付ければ多くの友達を作ることができるだろう。

 

スペイン語習得におすすめ!

グアナフアト大学は留学生の受け入れ体制がとても充実している。グアナフアト大学には日本語学科もあるため、その学生と日本語やスペイン語を教えあったりと多くのサポートを受けることができる。事務局もとても親切なのでいざという時も安心だ。また、最初はホームスティ先紹介してくれるためスペイン語初心者にはもってこいの場所だ。

 

メキシコの文化に触れられる!

グアナフアトでは10月にセルバンティーノ国際映画祭を開催するなど文科系のイベントも多い。また、死者の日などメキシコ伝統のイベントの際もメキシコシティと比べて、よりにぎやかに催されるのでメキシコの文化を大いに感じることができる。

 

グアナファトの情報はこちらから!

 

 

共有はこちら!~Comparta!~

メキシコに留学やインターンをする人のための総合サイト、メヒナビのロゴ画像

メヒナビ投稿者募集!

・スペイン語を使って取材したい方

・メキシコを日本に伝えたいという想いに共感できる方

・将来メディア関係の仕事に就きたいと考えている方

メキシコの生活を日本の皆さんに伝えてみませんか?一緒に楽しいメキシコを発信しましょう!

メキシコに住むあなただからできる情報提供お願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です