【興奮・熱狂!】ルチャ・リブレが最高に楽しくなる観戦レポート~チケットの買い方から楽しみ方まで~

スポンサードリンク



~目次~

メキシコといえばルチャ・リブレ。観戦記録をご覧あれ!

サッカー、闘牛と並んでメジャーなメキシコのスポーツの中に、「ルチャ・リブレ」があります。

「『ルチャ・リブレ』って、日本で言うプロレスのことでしょう?」と思ったそこのあなた。

確かに、ルールや試合のベースになっているレスリング技術に関しては、双方共通している部分もありますが、メキシコのルチャ・リブレ(以下、文中では「メキシコルチャ」や「ルチャ」と省略。)でないと見られない特徴も沢山あります。

こんにちは。「ルチャ・リブレがきっかけでメキシコに興味を持ち始めた」という経緯を持つ、まそん (máscara-sonrisa)です。

今回はメキシコに来たら外せないエンターテインメントの「ルチャ・リブレ」に関して、ルチャ・リブレの基礎知識からチケット購入のしかた、試合ルールやルチャ用語、会場周辺で購入できるルチャグッズについて等々、実際に観戦へ行く際に役立つ情報をたくさん紹介していきます。

ルチャ・リブレとは?

ルチャリブレの試合。マスクをかぶって試合をするのも大きな特徴。

ルチャ・リブレは(プロレスと同じく)、四面にロープが張られたリングで闘いが繰り広げられるスポーツ&エンターテインメントです。

日本のプロレスよりも空中殺法(リングの外へ飛んだり、リングの四角にあるコーナーポストから飛んだりして行う技のこと)が多いことや、試合や技の繰り出されるテンポが速いこと、日本のプロレスではあまり見られない独特な試合の組み立て方や技があること等が、メキシコのルチャの特徴として挙げられます。

写真のような、選手による観客へのアピールは、日本のプロレスと共通する部分と言えるでしょう。

ちなみに「lucha libre/ルチャリブレ」はスペイン語で、

・「lucha/ルチャ」-「戦い、ケンカ/レスリング」
・「libre/リブレ」-「自由な/フリースタイルの」

という意味。

マスク(スペイン語でmáscara/マスカラ)を被っている選手が多いことも、メキシコルチャの特徴の一つです。その為、マスクが要因となって勝負が決まったり、マスクを賭けた試合が組まれることもあります。(後編で述べます。)

ルチャは、日本で見るプロレスよりも、よりエンターテインメント性が増したものであるとも考えられます。

そのため、メキシコ観光の目玉の一つとしてガイドブックに載っていたり、会場では観光客の姿も多く見受けられます。

あの『地球の歩き方-メキシコ』でも紹介されていますよ。

ちなみに、メキシコ国内のルチャの団体だと、CMLLとAAAが有名です。今回は、前者のCMLLのことについて紹介します。

余談ですが、プチ情報。

  • メキシコのCMLLと日本の新日本プロレスリングは業務提携を結んでいます。毎年1月下旬頃にはCMLLの選手たちが日本へ来日し、新日本プロレスの選手とともに試合を行う興行の「CMLLファンタスティカマニア」が開催されています。
  • 日本のプロレスラーがメキシコに遠征(&修行)に行くこともしばしばあります。2018年4月24日現在、新日本プロレスの川人拓来選手(CMLLでは「Kawato San」というリングネームで活躍中。)、フリーの女子プロレスラー、小林香萌選手がCMLLの試合に参戦しています。)

セカンドロープの上に立っているのが、新日本プロレスの川人選手。アレナメヒコの興行にて。

 

CMLLのルチャ・リブレが行われる場所&日時は?

さて、そんなルチャ・リブレはどこで楽しめるのでしょう?

今回は、先程もすこし触れたメキシコを代表するルチャ・リブレ団体の「CMLL」のルチャ・リブレが楽しめる場所をご紹介したいと思います!

アレナメヒコ(Arena México)

アレナ・メヒコ。メキシコシティのルチャリブレと言ったらここ。

アレナ・メヒコ。メキシコシティのルチャリブレと言ったらここ。

詳細情報
住所… Calle Dr. Lavista 189, Doctores, 06720 Ciudad de México, CDMX

試合日時…毎週‪火曜19:30‬~、毎週‪金曜20:30‬~、毎週‪日曜17:00‬~

地下鉄1番線Cuauhtémoc駅から徒歩5分〜10分

 

アレナコリセオ(Arena Coliseo)

詳細情報
住所… República de Perú 77, Centro, 06040 Ciudad de México, CDMX(メキシコシティの歴史地区にあります。)

試合日時…毎週‪土曜19:30‬~

地下鉄2番線Allende駅から徒歩5分〜10分

 

アレナプエブラ(Arena Puebla、プエブラ州にあります)

詳細情報
住所… 13 Oriente # 402 Col. El Carmen

Puebla, Pue. C.P. 72530

試合日時…毎週‪月曜21:00‬~

アレナコリセオ(Arena Coliseo、ハリスコ州・グアダラハラにある方)

詳細情報
住所… Calle Federico Medrano 67, San Juan de Dios II, 44100 Guadalajara, Jal.

試合日時…毎週‪火曜20:45‬~、毎週‪日曜18:00‬~

等々です。

私が好きなのは、アレナメヒコで行われる‪毎週金曜20:30‬~の大会

一週間ある興行の中で、一番盛り上がるとも言われてます。

テレビ中継もあるので、人気のスター選手が多く出場しますし、重要な試合が組まれることもしばしばあります。

特に、プロレスやルチャ・リブレ好きの方にはオススメ。

なお本記事では、以後は筆者のアレナメヒコでの観戦経験を元に情報を書いていきます。

 

気になるそのチケット購入方法4選をご紹介!

ルチャのチケットの購入方法を4つ紹介します。

アレナメヒコ会場図。ticketmasterのwebサイトより。

1.チケット売り場(Taquilla/タキーヤ)で買う

アレナメヒコのチケット売り場

会場入り口横の売り場で買ってそのまま入場できるので、チケット紛失の心配が無く、一番シンプルな方法です。

この購入方法は個人的にオススメです。

というのも、一度チケット売り場で購入した時、受付の人に「今まだ購入可能な、一番良い席で!」と言ったところ、リングのど真ん中正面に位置している、とても見やすい席のチケットを手配してもらえました。

ちなみにこの時は、日曜の大会でRING3、9列27番の席でした。価格は210ペソ、約1,260円。眺めが最高

一つ注意が必要なのは、チケット売り場周辺にはダフ屋が結構いるということ。

彼らは「チケット持ってる?リングから一列目、二列目の席売ってるよ。買わないか。」という感じで声をかけてきますが、ちゃんとチケット売り場のカウンターで買いましょう。

 

2.ticketmasterのカウンターがある所で買う

書店のGandhi、文房具及び電化製品店のOffice Depo、デパートのLiverpool等の店舗内にあるticketmasterのカウンターで購入することができます。

ただし、これらの全店舗にticketmasterの窓口があるとは限らないので、注意が必要です。

この方法で買う場合は、買いに行く前に幾つか店舗の候補を挙げておくか、インターネットサイトや電話で予め訪問したい店舗の情報(チケットマスターの窓口の有無について)を確認することをオススメします。

この店頭購入の方法をとる場合、割りと席は選べます。希望する席が空いていれば、その席を選択して購入することが可能(私の経験上)。

ただし、一階席リング正面真ん中の通路側の席は、売り子が邪魔でリングが見えない場合があるので注意を。一度、通路すぐ側の席(RING5, 13列16番)に座ったのですが、あまりにも売り子が視界を遮るので、途中で他の空いてる席に移動しました。

 

3.ticketmasterのサイトで購入&店頭受取

ticketmasterのスマホ版Webサイト

すこし前述の2. の購入方法に似ているもので、「購入はticketmasterのサイトで行い、受取りは2.で述べたようなticketmaster窓口のある店舗にて行なう。」というもの。

席については、2. の方法とは異なり、大まかな希望エリア単位でしか選べません。

実際のチケット。この時は日曜日の大会で、Ring2、4列85番の席でした。価格は242ペソ(約1,452円)。

 

ちなみに、ここまで述べた3通りの購入方法のうちのいずれかでチケットを買う場合、チケットの価格は、日曜日だと、一階席の眺めの良いところで、だいたいRing4の140ペソ〜Ring1の250ペソくらい。(約900円〜1,500円。)

一階席のリングから遠い場所や二階席になると、もう少し安くなります。

また、アレナメヒコの金曜日の興行や特別興行は、全体的に値段が高くなります。

(例えば、一番リングに近いRing1の席が510ペソ(約3,030円)。)

 

4.ツアーに申し込む

「どうせなら、移動&チケットの手配もお願いしたい。」、「夜に会場周辺を歩いたりすることや、自分のスペイン語が通じるかどうかが心配。」という方にオススメなのが、ルチャ・リブレ観戦のツアーに参加するというもの。

以下、私が目にしたことのある3つのツアーを、参考までに紹介します。

SKYHUBのルチャ・リブレツアー

H.I.S.メキシコ、SKYHUBが行う、日本語ガイドの方と行くルチャ・リブレのツアー。他の2つのツアーと異なり、若干料金が高めな分、ホテルまでの送迎、選手との記念撮影(とても羨ましい。。。笑)、日本語ガイドが付いてて、満足できるツアー内容になっているのではないでしょうか。

詳細情報

-所要時間…3.5時間

-料金…リングサイド席125USドル〜(13,972円〜)、1階席88USドル〜(9,836円〜)。

-料金に含まれているもの…ホテル、宿からアレナメヒコ間の移動(往復)、観戦チケット代、お土産のマスク、選手との記念撮影(!)

-最少催行人数…2人

-毎週火曜、金曜、日曜のアレナメヒコ大会が対象。

-バス出発時間…‪火曜日18:45‬、‪金曜日19:45‬、‪日曜日16:15‬

-日本語アテンダント付き

Turiluchas(トゥーリ・ルチャス)

メキシコシティのソカロで撮影した、Turibusルチャ仕様のバス。

メキシコシティやシティ周辺のバスツアーでお馴染み、「Turibus(トゥーリ・ブス)」のルチャ・リブレツアー。

詳細情報

-所要時間…約‪4時‬間

-料金…大人650ペソ(約3,900円)、子供450ペソ(約2,700円)。(Turi luchasのWebサイトには50ペソ安い金額が書かれていますが、最新のTuri luchasパンフレットには上記の値段で書かれています。)

-料金に含まれているもの…バス乗り場からアレナメヒコ間の移動(往復)、観戦チケット代、お土産のマスク

-独立記念塔近くの「Reforma222」という場所にバス発着。そこで直接、ツアー料金も払います。

-毎週火曜&金曜のアレナメヒコ大会、毎週土曜のアレナコリセオ大会が対象。

-バス出発時間…‪火曜日19時‬(アレナメヒコ行き)、‪金曜日19:30‬(アレナメヒコ行き)、‪土曜日19時‬(アレナコリセオ行き)

-スペイン語、英語に対応

 

CAPITAL BUSのルチャ・リブレツアー

ピンクのテントが目印

メキシコシティー公式のバスツアー、「CAPITAL BUS」が行っているもの。

詳細情報

-所要時間…約‪4時‬間

-料金…大人550ペソ(約3,300円)、子供380ペソ(約2,280円)

-料金に含まれているもの…バス乗り場からアレナメヒコ間の移動(往復)、観戦チケット代、お土産のマスク、ルチャ・リブレについての説明

-ソカロ近くのメトロポリタン大聖堂横の乗り場発着。

-毎週火曜&金曜のアレナメヒコ大会が対象。

-バス出発時間…‪火曜日18:45‬、‪金曜日19:45‬

-「バイリンガル対応」と書いてあるので、スペイン語、英語に対応しているのだと思います。

 

購入方法まとめ

チケットの購入方法をまとめます。

  • チケット売り場(Taquilla)で購入する
  • ticketmasterの窓口で購入する
  • ticketmasterのWebサイトで購入、受け取りはticketmasterの窓口で行う
  • ツアーに参加する

 

いよいよ入場!会場入場時&以後のこと

まず、会場入場前にボディーチェックが有ります。このボディーチェック以後、

  • カメラ(スマホのカメラは持ち込みOKで、写真&映像共に撮影可。)
  • 飲み物

を持ち込むことができません。その為、これらの物は持って行かないのが一番です。

もし入場時に所持していた場合、カメラに関しては、ボディーチェックを受ける場所付近に預けるカウンターがあるので、そこに預けます。

飲み物に関しては、中身を飲み切るか、中身orケースごと捨ててしまうかのどちらかになります。(近くにゴミ箱有り。中身の入っていない容器やボトルは持ち込み可。)

ボディーチェック後、↑この入り口でチケットをチェックしてもらうことが多いです。

ボディーチェックを経て、チケットを確認して(もぎって)もらった後は、青いエプロンを付けたスタッフにチケットを渡し、席まで案内してもらいます。

席まで着いたら、チップ払うのを忘れずに。(私はいつも5ペソ払ってます。)

カードが書かれたチラシ。ちなみにこの日、新日本プロレスの小島聡選手がメインイベントで試合をされていました。

こちらの写真に写っているのは、席まで案内してくれるスタッフから貰える興行のチラシ(対戦表)。

見かたは、下の小さい文字の所から第一試合、第二試合…となっていて、一番上に大きく書かれているのがメインイベント(その興行で行われる一番最後の試合)となります。

会場内では試合前&試合中を通して売り子が巡回しており、席にいながら飲み物、軽食、グッズを購入することができます。(ただ、外で普通に買うよりも若干割高にはなります。)

 

試合で使えるルールや用語の説明!

ここでは、試合のルールやルチャに関する用語について、それぞれ簡単に説明します。

試合形式

ルチャの試合形式では、3人タッグの試合が一番多いです

勿論、一対一のシングルマッチ、二対二のタッグマッチが組まれることもあります。

また、日本のプロレスではごく当たり前な、一回決着がついたら終わりの「〜分1本勝負」の形式の試合は少なく、3ラウンド形式が圧倒的に多いです。

色の枠で囲んでいるのが、アレナメヒコで見られるラウンドガール。

黄色の枠で囲んでいるのが、アレナメヒコで見られるラウンドガール。各ラウンド開始前に1~3のいずれかの数字が書かれたプラカードを持ってきます。写真は、ラウンドガールがラウンド2のプラカードを持って、ラウンド2の始まりをお知らせに来ている様子です。

勝敗の決まり方

プロレスと同じく、

  • 3カウント(フォール)
  • 絞め技のギブアップ
  • 反則攻撃

が、主な勝敗の決め手となります。

反則攻撃に関しては、メキシコルチャでは、一方の選手が対戦相手のマスクを剥ぐことによって、決着がつくことが多々あります。

このような場合、マスクを剥いだほうが反則負け、剥がされた方が勝ちになります。

3ラウンド形式の試合の場合、先に2勝した方がその試合の勝者となるわけですが、大体それぞれのチームが交互に一勝して、最後の3ラウンド目で勝敗が決まる、ということが多いです。

また、3人タッグ同士且つ3ラウンド形式の試合の場合、試合の決まり方は2種類あります。まず、其々のチームにはキャプテンがいて(試合が始まる際に、誰がそれぞれのチームのキャプテンかちゃんと紹介されます)、

  • キャプテンから3カウント又はギブアップを取る
  • キャプテン以外の2人から3カウント又はギブアップを取る

これら2つのうち、どちらかを行うことで一勝(1ラウンド勝つ)になります。

 

ルチャ・リブレ用語集

実際ルチャを観に行く際によく目にするものの名称について、ここでは紹介します。

  • Esquina/エスキーナ…リングの四角(よすみ)のこと。「コーナー」とも言います。

2人以上のタッグ戦の場合、戦っていない選手は基本的にここで待機。

  • Técnico/テクニコ…善玉レスラー(ベビーフェイス)のこと。

ポジティブな声援が投げかけられるのは、大体こちらの方。

  • Rudo/ルード…悪役レスラー(ヒール)のこと。

基本的に、ルードの選手に対してはブーイングが飛びますが、まれに人気選手や、人気選手によって構成されるチームがルード側の場合、歓声が飛ぶこともあります。

  • Máscara contra máscara/マスカラ・コントラ・マスカラ…敗者マスク剥ぎ試合のこと。

この試合で負けた選手は、(出身地と本名が明かされ、)その試合以後ずっとマスクを外すことになります。

マスカラコントラマスカラがメインイベントの試合となっている興行のチラシ

重要な試合なので、メインイベントで組まれたり、興行のチケット料金が通常より高くなることもあります。

個人的経験として、メキシコルチャの選手情報を調べた際、「あれ、この選手、マスク被っていなかったっけ?」と思ったら、「過去にマスカラ・コントラ・マスカラで負けたため、今は素顔で戦っている。」と知ることがたまにあります。

  • Tope Suicida/トペスイシーダ…助走をつけて、リング外にいる選手に向かって頭から飛びこんで攻撃するもの。

「Tope/トペ」は「ぶつかる、衝突する」という意味の動詞、toparの接続法一人称単数形&三人称単数形、 「Suicida /スイシーダ」は「自殺的な、向こう見ずな」という意味です。

  • Tope con Giro/トペコンヒーロ…トペスイシーダの一回転前転するバージョン。

ロープに向かって助走をつけ、場外へ飛ぶと同時に一回転して相手にアタックします。「Giro/ヒーロ」は「回転」の意味。

ちなみに、飛ぶ際にロープに触れない場合、(英語とスペイン語が混ざっていますが、)「ノータッチトペコン」と言います。

 

実際に使われている掛け声

ルチャ・リブレを観ていると、やはり応援したくなる選手がでてきたり、会場の熱気に推されて声援を送りたくなる場合も多々あるかと思います。

ここでは、そんな時に使える掛け声と、参考までに一応知っておくと良い掛け声(罵り言葉。理由は後述。)について少し紹介していきます。

  • 「Otra! Otra!/オートラ!オートラ!」 …チョップや蹴り技、選手の得意技等が出た時、「もう一回!」とおかわりを求める掛け声。
  • 「Vamos/バモス, (選手の名前)!」…日本語で言う、「頑張れ/そらいけ(選手の名前)〜!」という感じです。
  • 「Échale/エチャレ, (選手の名前)!」…ほぼ同上。
  • 「Dale!/ダレ!」…「そらいけ!」と囃し立てる言葉。
  • 「Venga!/ベンガ!」…「さあ!」「そらいけ!」「頑張れ!」と激励する言葉。
  • 「Sí, se puede!/シ セ プエデ!」…「やればできる!」という意味の言葉。

選手もしくはリング上で戦っている選手の同じチームにいる人が、「Sí, se puede! Sí, se puede!」と連呼し始め、その後観客も一緒に連呼し始める、という流れが多いです。

  • 選手名を(複数回)叫ぶ…一番シンプルな応援方法。

応援したい選手がいたら、思いっきりその選手の名前を叫びましょう。他のお客さんが発する、選手の名前を叫ぶコールに乗っても良し。

  • 両手を上げ下げしながら「Wu, Wu…」と言う動き…何人かの選手(例えば、大ベテランのÚltimo Guerrero/ウルティモ・ゲレーロ選手)の定番応援スタイル。この声援の時は、選手が先に動きをやってくれて、それに続いて観客も同じ動きを行うという感じです。

ルチャの試合中は、上に挙げた声援やブーイングと共に、暴力的な言葉やからかう言葉、罵倒語(grosería/グロセリア)が結構飛び交います。特にからかう言葉と罵倒語に関しては、ルード側の選手や外国人選手に対して投げかけられることが多いです。

参考までに、幾つか紹介します。

  • 「Ole!/オレ!」…闘牛の掛け声で使われるこの言葉。

ルチャの試合では一対一の場面にて、片方の選手が握手をすると見せかけて手を差し出し、もう片方の選手が握手に応じようと手を出して進んだものの、先程の選手がかわした場合、(多分、からかいの意味も込めて)「Ole!」と会場全体で言います。

  • 「Mátalo!/マタロ!(もしくは、Mátala!/マタラ!)…「やっちまえ!」と囃し立てる言葉。

「mata(マタ)」は、「殺す」という意味の動詞「matar(マタール)」の命令形です。これに「lo(ロ)」が付く場合は男性の選手を、「la(ラ)」が付く場合は女性の選手を「やっちまえ!」と、応援したい選手に言っている(囃し立てている)ことになります。

  • 「Eh~, Puto!/エ〜 プート!」…putoは「ホモ」という意味の罵倒語、軽蔑語です。

ルチャ・リブレでは、テクニコ側の選手が先導し、会場のお客さん皆でルード側の選手に向かって言うことが多いです。(他スポーツの試合でも、この言葉は飛び交うことがあるそう。)

やり方としては、最初「Eh~(エー)」と言う時に、テクニコの選手が手をヒラヒラ動かして、多くのお客さんの「Eh~」の声を集めます。

その後、同選手がこの言葉を投げかけたい選手に向かって指差しした時に、会場のお客さん全体で「Puto(プート)」と叫びます。

(この動きが見られたり、言葉を聞いた時は、「ああ、罵倒語が今飛んでいるのだな。」と思ってください。)

メヒサボ
これらの言葉は、grosería、つまり悪い言葉です。そのような言葉を使う時はくれぐれも時と場合に気を付けましょう

 

ルチャグッズを買ってみよう!

「ルチャといえばマスク(覆面)。メキシコのお土産といえば、マスクがモチーフになった小物!」とイメージされる方も多いと思いますが、ルチャの会場周辺には、試合がある日に多くの屋台(スペイン語でpuesto/プエスト)が展開されます。

ここで売られているルチャグッズですが、とにかく可愛い&オシャレなものが多く、メキシコ土産として、とーってもオススメなのです!!

いくつか紹介していきます。

マスク(スペイン語では、máscara/マスカラ)

メキシコルチャのド定番、マスク。さまざまな選手のデザイン&材質のもの(現在活躍中のCMLLの選手のマスク、レジェンドレスラーのもの、他の団体で活躍する選手のもの等々)が販売されています。

安いものは50ペソ〜200ペソ(約300円〜1,200円)ほど、高価なものになると250ペソ〜350ペソ(約1,500円〜2,100円)くらいします。

試着できるお店が多いので(試着する前には、一応試着できるかお店の人に訊ねましょう。)、色々見てみて、お気に入りのマスクを見つけてみてはいかがでしょう?

シール(メキシコ・スペイン語では、sticker/スティッケル)

10ペソ〜20ペソ(約60円〜120円)程で買うことができ、沢山買ってお土産で配るもよし、自分の持ち物に貼って楽しむもよし。

私は既に、色んな所にペタペタ貼ってます。

人形(男性レスラーのものがmuñeco/ムニェーコ、女性のものがmuñeca/ムニェーカ)

ルチャ選手の人形は、50〜100ペソ(約300円〜600円)ほどのプラスチック出できたものや、100ペソ(約600円)程の布地で出来たぬいぐるみのようなもの等があります。

Tシャツ(スペイン語では、playera/プライェーラ)

Tシャツに関しては、デザインが結構オシャレ&可愛いものが多くて、お土産として(友達用、自分用問わず)かなりオススメです。

だいたい一枚100〜200ペソ(約600円〜1,200円)くらい。

 

ここまで紹介したグッズは、会場周辺の屋台で試合前〜試合後通して販売されています。

 

最後に

以上、今回はメキシコのルチャリブレについてお役立ち情報満載で紹介しました。

この記事を読んでルチャに興味を持った方も、そうでない方も、是非メキシコへ留学に行ったたり、旅行やビジネス等で訪れた際には、ルチャ・リブレを観に行ってみてください!

人によっては、私のようにルチャの魅力に惹き込まれていくはず。。。

*2018年9月26日追記:

この記事を執筆した後、ルチャ・リブレの団体であるCMLLの興行会場の一つ、「アレナメヒコ」の近くにあるタコス屋台について、紹介する記事をnoteに書きました↓。私のお気に入りのタコス屋台です。よかったら併せてどうぞ。

ルチャリブレと白いタコス屋台。|まそん (máscara-sonrisa)|note(ノート)

 

<参考にしたもの>
(和文)

・『B19 地球の歩き方 メキシコ 2017年〜2018年』地球の歩き方編集室 編, ダイヤモンド・ビッグ社.

(スペイン語)

 

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まそん(máscara-sonrisa)

日墨戦略的グローバルパートナーシップ研修計画 第45期に参加していた(いわゆる日墨生だった)、まそん (máscara-sonrisa)です。現在は日本で生活をしながらメキシコ関連のテーマでブログ記事を書いたり(個人ブログ、メヒナビ他)、メキシコ民族舞踊の披露等を行なっています。年中無休でメキシコが恋しいです。