スペイン語が話せない?!|今日から実践可能な3つの学習法

スポンサードリンク



今日から試そう、スペイン語の3つの学習法

¡Hola! スペイン語YouTuberのノブシート(@spanish_nobu)です!

メキシコ南部オアハカにあるスペイン語語学学校で働く傍ら、世界一の外国人スペイン語YouTuberを目指して毎日動画をアップしています(チャンネルはコチラ

プロフィール写真

職業柄、世界中のスペイン語学習者と触れ合う機会があります。特に日本人の学生さまからよく相談されるのがコチラの2つ

メヒサボ
発音がヘタだから恥ずかしい…
メヒサボ
読めるけど話せない…

あなただけでなく多くの方がこれらの悩みに直面しています。実際、僕もテキストの文法に偏重した結果、思うようにスペイン語が話せませんでした。

それを乗り越え、今では毎日図々しくYouTubeに動画を上げるようになりました(笑)

みなさんにも一つ山を越えて楽しいスペイン語の世界に足を踏み入れてほしいと思います。

この記事はこんな人にオススメ

・勉強は続けているけどなかなか効果を実感できない方

・早く「話せるレベル」に持っていきたい方

「相手が理解可能な発音」さえすればOK!

外国語学習において「発音」は永遠のテーマ。

発音がヘタで悩んでいたり、嫌な思いをした経験のある人はあまりにも多い。(でも、、ヘタでも堂々と話していいはずだ!)

そんな話をTwitterでつぶやいたら軽く《バズりました》

▼(以下、ツイートの埋め込みです)

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

はじめは誰だって上手く発音することはできません。もしかしたらネイティヴのような発音を手に入れるのは一生無理なのかもしれない。

でも「発音より大切なことがある

ヘタでもいいじゃないか「発音は失敗しながら磨いていけばいい

そんな想いにたくさんの方が共感してくださいました。

スペイン語は日本人にとって発音が簡単な言葉だ、とよくいわれます。確かにそうだと僕も思う。

それでも「スペイン語を話すのが怖い」と思う人はいるんです。なぜか?

理由は【環境】

スペイン語を話していれば常に「発音」についてチクチク言われる可能性はあります。ネイティヴに話しかけたら怪訝な顔をされることもあるでしょう。

これは何も初心者に限ったことではありません。僕も未だに「ロボットのような発音」と揶揄されます。

そういった苦い記憶はなかなか脳裏から離れません。たとえどんなに「発音なんて気にすんな」って声を掛けられても何も頭に入ってこなくなります。

次第に発音にコンプレックスを持つようになり話すことをためらってしまう…かなしいけど、あるあるです。

発音を極めようとすれば道のりは果てしなく長く険しい。

だから!!「相手が理解可能な発音」レベルだけ意識しよう!!!!!

ほんとにこれだけでいいから!!!!!!

(笑)

…気を取り直して、、、スペイン語の「相手が理解可能な発音」レベルは思っている以上に低いです。

まず、参考書に載っている発音のルール(○○のときは語尾から数えて2つめの音節にアクセントがある、語頭の「h」は発音しない…etc.)を覚えましょう。

難しくないです。そのルールからはみ出た例外には漏れなく「アクセント記号《´》」がつくので違いは一目瞭然。

 

ポイント!

日本語と音が似ているスペイン語は、【3日で理解できるような基本的なルール】と【正しいところにアクセントを置く】ことさえしていれば「最低限の発音」レベルに達します

あなたにもできるはず。

 

【独り言学習法】がオススメ

では、最低限の発音を身につけたら練習してみましょう!

メヒサボ
練習しようって言ったって相手がいない〜
メヒサボ
日本にいたらアウトプットの機会がない〜

はい…言い訳ですね←

今やネット環境さえあればどこでもスペイン語の練習ができます!(ネットすらないという方はWi-Fiのあるカフェでも探してください)

日本にいてもオンラインレッスンやアプリを使えばネイティヴ相手に実践練習ができます。意外かもしれませんが、最近スペイン語が学べるコンテンツはどんどん増えてます(まじで言い訳できないっす…)

ただ!今回、オススメするのは、、、

【独り言学習法】です!

やり方は…スペイン語で独り言をいって録音する、以上終了ですw

メヒサボ
いやいや…バカにすんなよ

と思われたかもしれません。ですが、客観的に見て「独り言」はめちゃくちゃコスパが良いです。

  • 無料でできる
  • 場所を問わない
  • 言語化の練習ができる
  • 自分の発音を見直せる
  • 独りだから相手を気にする必要がない

メリットしかない!!

こうやって書くと、やらない理由がない素晴らしい学習法なのですが…まーびっくりするくらいみなさんやってくれないw

やる気があれば、今この瞬間、記事を読んでる最中にもできちゃうわけです。

なんでやらない人が多いのか?失敗して笑う人もいないのに。

きっとそれは【恥ずかしい】から。自分の実力を知るのが【怖い】から。

何のリスクもないこの学習法に勝手にブレーキを掛けてしまっているのはあなたの自尊心。それだけ(キツいけど、本当だと思う)

だからこの記事を読んだ今日からはじめましょう!

 

ポイント!

録音(または撮影)したものをSNSや外国語学習アプリに投稿するとやる気と効率がUP!

 

アウトプットを前提としたインプットをしよう

メヒサボ
単語はたくさん覚えたのに使えない~

とお悩みの方も多いはず。まずはこちらの動画をご覧くださいな。

「外国語を使う場面を想定してインプットする」ことの大切さが語られています。動画では、実践の前に「ジャーナリング(日記をつけること)」をすることがオススメされています。

つまりは…

  • アウトプットを想定して「話したいこと」を準備する(なるべく身近なテーマを選ぶ)
  • 実践の場面では受け身にならず会話の主導権を握る
  • 用意していた内容を伝える

このように「アウトプットを想定したインプット」は非常に有効です。前章で解説した【独り言学習法】と組み合わせるのも効果的です。

さて、みなさんのインプットはどうでしょうか?ちゃんと使うことを想定してますか?

ポイント!
単語や例文を学ぶときに「この表現はいつ・誰に使えそうか?」まで考えて学習してみよう!

これは「意識」の問題なので今日から実践できます。

練習でできないことが本番(たとえばネイティブとの会話)で急に上手くできるはずがありません。

以上の3つのポイントを押さえて「知っているけど話せない~」というモヤモヤする状態から卒業しましょう!!

おわり

【SNSの主な活動】

Twitter|スペイン語ミニ動画/ 語学学習や海外生活のリアルを正直に投稿

YouTube|毎日スペイン語を学べる【毎日3分スペイン語】を運営

Instagram|メキシコの写真とスペイン語日記を掲載/ ストーリーではスペイン語で話してます

スペイン語YouTuberノブシート

スペイン語を楽しく学ぼう|メヒナビ流・勉強方法のコツ7選

2018.10.09

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です