大谷翔平がメジャー恒例の新人いじりでDespacitoを熱唱し爆発的話題に!

スポンサードリンク



大谷翔平がメジャー恒例の新人いじりでDespacitoを熱唱

現在、MLB(メジャーリーグ)の公式Instagramアカウントでロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手が、移動中のバスでDspacitoのカラオケの生歌映像が公開され、世界中で話題を集めている。

原曲はLuis FonsiのDespacito。昨年世界的大ヒットをおさめ、世界中で歌われ、各言語に訳されていた。今回大谷選手が歌ったのは、シンガーソングライターTEEの日本語バージョン。メジャーリーグでは慣例化した「新人いじり」の一環として、移動中のバスの中で熱唱した様子が撮影され公開された。

View this post on Instagram

MLB さん(@mlb)がシェアした投稿

MLBでは動画と共に、「mlbHitting ✅. Pitching ✅. Singing ✅. Shohei can do it all. 😂 」というコメントを残しており、ユーモアを交えて、バッティング、ピッチング、シング、翔平は何でもできると主張した。

MLB公式instagramの当動画は日本時間の9月25日21時現在ではやくも32万5000回再生を突破した。MLBのインスタ映像を見たTEEは自身のTwitterで「大谷選手 21号おめでとう~ そして MLBのインスタ見て感動した」と投稿した。

メジャーの新人いじりって?

新人いじりの行事はメジャーのほとんどの球団で行っており、遠征時に仮装をすることなどが多い。エンゼルスは仮装はしていない様子だったが、シーズン最後の移動バスの中で大谷が全員の前で歌わされる「いじり」で盛り上がった。

毎年9月末に新人選手の「通過儀礼」として、ルーキーに仮装させるのが恒例行事となっていた。新人のロッカーにはチームの先輩選手が用意した衣装があり、それを着たまま、球場内の通路から遠征先まで移動しなければならない。

しかし、メジャーリーグと選手会が合意した新労使協定の「いじめ禁止」に抵触するとして、性別、人種、性的指向、国籍を強調するような差別的な仮装は禁止となったため、現在は選手たちは規則に抵触しない範囲で工夫を凝らし、今年もこの行事を楽しんでいる。

これまでの例として…、

  • ドジャースの前田健太はチアリーダー
  • ヤンキースの田中将大はヒップホップ歌手に変装
  • ダルビッシュ有は女性用競泳水着
  • 川崎宗則はレオタード姿
  • 松井秀喜はド派手なヒョウ柄の帽子とジャケットにサングラス

など楽しんでいた。

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です