【永久保存版】死者の日とは徹底解説|死者の日を最大限楽しむためにこれだけ知っておけ!

スポンサードリンク



メキシコ全体が盛り上がる死者の日を100%楽しもう!

遂に今年もやってきました。「死者の日:Día de muertos」のシーズンがやってきました。昨年のDisneyのPixerによって製作されたRemember me(リメンバーミー:Coco)のおかげもあり今年の死者の日に対する注目度は格段にアップ!、メキシコ各地で大盛り上がりのイベントです。

今回はその死者の日を最大限に楽しむために死者の日について徹底解剖!歴史から食事、おすすめスポットまで全て紹介します。

ぜひ死者の日を楽しんでください!

 

そもそも死者の日とは?

死者の日を簡潔に説明すると、メキシコ版お盆のことです!亡くなった故人を家庭に迎えるためのお祭りです。

しかし日本のそれと異なるのは、「楽しく」死者を弔い、思い出すことなんです。

各家庭、墓、公共施設、教会、広場など生活に密着した場所に祭壇が設けられ、赤いケイトウやオレンジのマリーゴールド、オレンジやレモンなどのフルーツで華やかにデコレーションされます。この祭壇をオフレンダといいますが、このオフレンダがとっても派手。

それにメキシコ風切り紙の、カラフルなパペルピカドも死者の日にはつきものです。

そして、カラフルなこれらの静物の間に無造作に置かれるのが頭蓋骨も忘れないで下さい。個人や家族のための祭壇には、最近亡くなった人の遺影や、先祖代々の写真も飾られます。

先程も述べましたが、死者の日やデコレーションの基本スタイルは嘆き悲しむのではなく、死者とともに明るく楽しく過ごし、祭りを終えたら、死者たちが満足して死者の国へと行けるように祈ること。それが、メキシコでの死者の日の過ごし方です。

マリーゴールドはメキシコ原産、そして太陽を表しています。太陽のピラミッドもあるように、アステカ文明では太陽を大切にしていました。また、マリーゴールドは死者が通る道を表しています。だから死者の日ではマリーゴールドが飾られるんです。

 

 

死者の日はいつからあるの?

メキシコでは2500-3000年前から、祖先のガイコツを身近に飾る習慣があったといいます。また、死と生まれ変わりの象徴として、ガイコツもトロフィーの様に扱われていたという記録も残っているんです。当時から死者の日の祝祭は地域によって様々な形で生まれ伝承されてきました。

中でも、アステカ族には冥府の女神ミクトランシワトルに捧げる祝祭があり、それが現代の死者の日に大きな影響を与えていたと言われます。この祝祭がやがて、死者の貴婦人カトリーナに捧げる祝祭へと形を変え、アステカ暦の9番目の月(現在の8月前半)に祝うようになりました。その後、スペインからの侵略を受け、カトリックの死者の日と融合して今の形になっていきました。

 

メヒサボ
アステカ暦とは、中央メキシコにおける他の先コロンビア人と同様、アステカ人が使用していた暦のことです

 

メヒサボ

カトリックでは、人間が死んだ後で、罪の清めが必要な霊魂は煉獄での清めを受けないと天国にいけないが、生きている人間の祈りとミサによってこの清めの期間が短くなるという考え方があるんです。だから「カトリックの死者の日」はこのような発想にもとづいて、煉獄の死者のために祈る日という性格の一面も持ち合わせていました。

 

死者の日は何をするの?

毎年10/31~11/2の間に様々なセレモニーが行われています。

この期間には死者の魂が戻ってくると言い伝えられ、家族や友人が集まって亡くなった友人や家族に祈りをささげます。しかし日本のお盆とは雰囲気が異なるのがメキシコの死者の日の大きな特徴なんです。

多くの人々が墓地に訪れ、死者のお墓にオフレンダと呼ばれる祭壇を作ります。そして、オモチャやテキーラの瓶やビール、メキシコ伝統のアトーレという飲み物など故人が好きだったものをお供えします。

そして鮮やかなオレンジが美しい、たくさんのマリーゴールドをお墓や祭壇に埋め尽くします。初日の11月1日は子供の魂が、2日は大人の魂が戻る日とされ、供え物がチョコレートなどのお菓子からメスカルなどの酒に変わっていくのも面白いです。

映画リメンバーミーのテーマも死者の日。もちろん、オフレンダに関するシーンもありましたね。

 

オフレンダには何が飾られるの?

 

 

まず注目すべきことは祭壇の一番上から

  1. Santo(聖なる神)
  2. 煉獄の魂(故人が地上に帰ってくるための許可を出す)
  3. 塩(魂を清める)
  4. Pan de muerto(魂の食べ物として)
  5. 個人が好きだった食べ物や果物
  6. 故人の写真
  7. 灰や種などで作られた十字架

このようにそれぞれが意味を持っているのです。

 

 

期間限定!死者の日の食べ物をたのしもう!

メキシコでは死者の日付近になると期間限定で楽しめる限定フードがあるのはご存知ですか?

パン・デ・ムエルト:Pan de Muerto

こちらは死者の日を代表するパンです。まず、外見は、十字架、死者をかたどっています。
味はパン屋さんそれぞれですが、多くはほんのりオレンジ風味でアニスと思われる香辛料を使って、とても甘いんです。けれども、しついこい嫌な甘さではありません。ふわふわで、口のなかでぽわ〜っとそしてお砂糖のシャリシャリが混じって幸せな気分になれるパンです。

 

砂糖菓子:Dulce de Alfeñique

続いてはこちら、骸骨をかたどった砂糖菓子。これも死者の日定番です。これが屋台などで売られています。味は砂糖菓子なので甘いですが、何にせよ、とてもカラフル!これも必ず食べてほしい一品です。

 

アトレ:Atole

こちらは飲み物。オフレンダの説明にもありましたが、死者の日には欠かせません。メソアメリカの伝統的な飲み物であり、、メキシコではタマールという食べ物と一緒に飲まれます。材料はマサというトウモロコシの粉をベースに、香り付けとしてシナモンやチョコレートなどが使われます。

 

 

メキシコで死者の日を楽しもう!

そんな死者の日を前に、メキシコシティでは飾り付けもクライマックスになってきました!

まずはこちらご覧ください。独立記念塔近くの様子です。

いつもはないゴールドマリーの花が植えられているんです!しかもまだまだ植えている最中。本番にはきっと綺麗になっていることでしょう…!!

 

さてさて、今回ご紹介したいのは、レフォルマ通りに面白いオブジェ、骸骨が設置されているということ。

ではでは、ご覧いただきましょう…!!

こんなのや、

こんなすごい精巧なのも。

たくさん集まっていて、

そして骸骨!!!!

骸骨の前を歩いている人を見てください。この骸骨の大きさがわかりますか?

本当に大きいんです。笑

それがこのレフォルマ通りの両向かいに確認しきれないほどの長さまで続いているんです!予想ですが、この骸骨の種類はゆうに100種類は超えていることでしょう。

さてここで筆者の好みの骸骨を紹介しようかなと思います。

エントリーNo.1 真っピンクの骸骨

メキシコでは結構ある配色なのですが、いいですよね。ピンク。

この派手派手しい色使いでもなぜか違和感を感じません。それに、メキシコ人の死者の日を楽しく、というのが理解できた気がします。

 

 

 

エントリーNo.2 右目が青の骸骨

特に理由はありませんが、この右目の青の色使いがいい!

 

メキシコだけじゃない!日本で楽しめる死者の日はこちら!

  1. セルバンテス東京「死者の日イン・ジャパン」

セルバンテス文化センターで死者の日の文化イベントが開催されます。

https://cultura.cervantes.es/tokio/ja/D%C3%ADa-de-Muertos-en-Jap%C3%B3n/122374

 

2.「TACO RICO(タコリッコ)愛宕グリーンヒルズ店」メキシコの祝祭 “死者の日” イベント開催

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000038562.html

 

最後に

これからメヒナビでは死者の日を多く紹介していきたいと思います。ぜひご覧ください!

 

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です