【コロナ最新情報】7月第2週の経済活動再開に向けて。メキシコシティはオレンジ色、グアナファト州は赤色

【野球WBSC】U-23大会の決勝は日本vsメキシコ!|これまでのハイライトまとめ

https://www.baseballsoftball.tv/livestream/wbsc-u-23-baseball-world-cup-col-vs-ned/1358110
7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年7月6日現在、感染者は261,750人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第2週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わった一方、グアナファト州は再び赤色に。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】7月6日~7月12日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

2018年第2回 WBSC U-23ワールドカップの決勝は日本vsメキシコ

23歳以下の選手によって行われる野球のW杯の、2018年第2回 WBSC U-23ワールドカップがコロンビアのバランキージャで10月19日から開催され、13か国が参加している。

これらの参加国はグループAとBに分けられ、上位3チームがスーパーラウンドに進出し、異なるグループとの3試合を行う。割り振りは下を参照。

グループ振り分け

グループA 
日本メキシコチャイニーズ・タイペイ、オランダ、コロンビア、南アフリカ

グループB 
韓国、オーストラリア、プエルトリコ、ベネズエラドミニカ共和国、チェコ

決勝は[LIVE] 10月29日(月) 9:00~11:55最大延長13:55(予定)で、BS-TBSで放映される。

大会HPはこちらからご覧ください。

侍ジャパンのハイライト

今大会日本は前回王者として大会に臨んだ。稲葉 篤紀氏を監督に据え置き、U-23侍ジャパンの挑戦が始まった。1次リーグから現在まで日本は全勝。稲葉監督が就任以来、繰り返し選手に伝えてきている「日の丸を背負う以上、勝ちにこだわる」姿勢を結果として表している。

また、スーパーラウンド最終戦ではドミニカ戦で4-0と完封勝利を決めたことにより、1次リーグから持ち越した2勝を含めて5勝0敗とした。

ドミニカ共和国に勝利し、笑顔で記念撮影する日本ナイン(27日、バランキジャ)=共同

明日の決勝を迎えると10日間で9試合の過密日程。疲労もピークであるのは間違いないが、侍ジャパン全世代の合言葉「結束力」を前面に出すときだ。24人の同メンバーで戦うラストゲームで、有終の美を飾る。

稲葉監督は、「決勝へ向けてメキシコも力がありますし、接戦になる。日本の結束力を持って、全員で最後の一つを戦っていきたい」とコメントを残した。

侍ジャパンのHPはこちら

メキシコ代表のハイライト

日本とは対照的に、2016年に行われた第1回WBSC U-23ワールドカップでは5位の成績だったメキシコは今回はチャレンジャーとして大会に臨んだ。

日本と同じAグループに入り、メキシコは1次リーグは日本に敗退したためリーグ2位としてスーパーラウンドに進出した。しかしそこでメキシコは怒涛の粘りを見せ、決勝進出を決めた。

決勝進出を決めたのはドミニカ戦。2018年メキシコプロリーグ (LMB)のカンペチェ・パイレーツ(Piratas de Campeche)でリリーフをつとめたFrancisco Haroが完投し、わずか3被安打、0四球、9奪三振、1失点(非自責点)で力投した。

メキシコはドミニカ共和国を3-1で下し、U-23 野球ワールドカップ決勝へのチケットを獲得した。

先のベネズエラ戦で活躍をしたValenzuelaはメキシコの目標については極めて明確。「ワールドカップに参加しているときは、常に優勝を目指しています。勝ち続け優勝することです。」とコメントを残し、日本戦に向けてやる気は十分だ。

「日本に勝てると思う」と試合後のインタビューでFrancisco Haroは語った。「少なくとも、できるプレーをします。私にとってはメキシコを代表してここにいるだけで光栄です」と加えた。

また、メキシコに勢いがついたのはベネズエラ戦だった。

なんとメキシコがベネズエラに10-4で大勝。6回打席ではRoberto Valenzuelaが満塁本塁打を放つなど計6点を入れ、ベネズエラを叩きのめしたのだ。「満塁本塁打はチームの勝利にとってとても重要だった」と試合後Roberto Valenzuelaは語った。「勝つのも負けるのもチームです。個人は関係ありません。」

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です