【コロナ最新情報】7月第2週の経済活動再開に向けて。メキシコシティはオレンジ色、グアナファト州は赤色

メキシコでバス強盗が発生したらまさかの〇〇が登場。誰もが驚愕の結論とは⁈

7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年7月6日現在、感染者は261,750人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第2週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わった一方、グアナファト州は再び赤色に。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】7月6日~7月12日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

バス強盗したらまさかの展開に

メキシコで生活しているとそこはかとなく聞く「バス強盗」という言葉。もちろん日本ではありませんよね。ドラマの中でくらい。しかし、メキシコではバスジャックというものが存在します。

今回メキシコシティでバス強盗が発生しました。しかし、思いがけない結末が待っていたのです…。

メキシコシティのスラム街で、銃で武装した35歳の男がバスジャックをする事件が起きました。銃を突き付けて乗客を脅していた男の名前はラモン(35歳)。

「金や金品をよこせ」と脅し、バスの前列から金品を回収していました。しかし、彼にとって最大の誤算は……

バスに母親が乗っていた

ことでした。乗客の中に実の母親がいたのです。

そりゃ驚くでしょう。ラモンは突然硬直し、困惑したような様子になったとのこと。

ラモンの母親もバス強盗の犯人が自分の息子だと気づき、「こんな風に育てた覚えはないよ!」と脱いだ靴や拳で息子を激しく殴打。自分が履いていたスリッパを脱ぎスリッパで息子をシバキ始めました。

このサンダルで人を殴るシーンはメキシコ共通か?リメンバーミーでも同様のシーンがあった。

Disney•Pixar

 

恐怖に怯えていたバス車内は何が起きているのかわからず、しばらくして親子の鉢合わせだと理解し落ち着きを取り戻したといいます。一部の乗客はこのときの状況を撮影しておりメディアがそれを紹介しました。

それだけでは怒りは収まらず、

息子を叱った母親は自ら警察に通報し、息子は現行犯逮捕。母親はインタビューで「息子がした仕業処罰を受けて当然だ」と述べました。

息子はメキシコシティ北部の刑務所に移送される予定。

強盗未遂でもメキシコでは非常に厳しい刑が待っており、懲役は免れることは難しく下手すれば無期懲役になるそうです。

ネットの反応

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です