渡航前の準備

メキシコ基本情報

  • 国名:メキシコ合衆国
  • 国歌:Mexicanos, al grito de guerra
  • 面積:196万4375㎢
  • 人口:約1億2,701万人
  • 首都:メキシコシティ CDMX
  • 宗教:大部分がカトリック。チアパス州などの地方では昔の宗教とカトリックが混合されていることもある。
  • 言語:スペイン語。カンクンなどの国際的観光地では英語も使えるがその他の地域では英語はほとんど通じないので要注意。
  • 時差:メキシコには3つの時間帯が存在する。メキシコシティ、カンクンなどの中部標準時帯(CST)-15時間。北部で使われている山岳標準時帯(MST)-16時間。ティファナ周辺で使われている太平洋標準時帯(PST)-17時間。4月~10月まではサマータイムが適用され、+1時間となる。

 

メキシコの通貨

メキシコの通貨単位はペソ(peso)が用いられ、表記は$が採用されています。また、ペソの補助単位としてセンターボ(centavo)存在し、$1=100centavo。

M$1=5.59円(2019年9月18日現在)。

メキシコ紙幣:$20, $50, $100, $200, $500, $1000

メキシコ貨幣:10c, 20c, 50c, $1, $2, $5, $10, $20

メキシコの現在のレートはこちらから

【両替について】

日本円からメキシコペソへの両替は少し換金率が悪くなっています。

ドル経由の両替、もしくはクレジットカードを用いて現地のATMでのキャッシングをお勧めします。また、両替は、大手バンクでは口座がないと​両替ができないので、casa de cambio で行ってください。

 

メキシコの気候

メキシコの気候の大きな特徴は、四季がなく乾季と雨季に区分されることです。

一般的に、5月~10月が雨季、11月~4月が乾季と言われています。

雨季の間は昼間は晴れていても夕方や夜から雷雨に遭うのが一般的で、傘を日常的に持ち歩くことをお勧めします。

乾季の間はほとんど雨が降りません。

そのため、排気ガスなどによって引き起こされる大気汚染がメキシコシティでは大きな問題になっています。

日本の光化学スモックと同じ認識で1日中外で運動することは控え、のどのケアを十分に行ってください。

 

メキシコの治安

メキシコシティでの生活をするにあたって一番気になるのはやはり治安です。

メキシコシティの治安は地域によって大きく異なります。ここでは大きく分けて治安を説明します。

 

  • メキシコシティ北部:Indios Verdes には夕方から近寄らない。
  • セントロ・ソカロ周辺:比較的安全。スリに注意。
  • ローマ・コンデサ周辺:比較的安全。スリに注意。
  • ポランコ:他地域よりも安全だが、最近治安悪化中。
  • コヨアカン:比較的安全。中心地(キヨスク)以外は夜の移動は注意。
  • 大学周辺:比較的安全。夜の移動は避けること。
  • 大学以南:夕方以降の移動は避けること。
  • メキシコシティ東部:​スリに注意。夜の移動は避ける。

 

メキシコにおいて大切なのは、貴重品を体に身に着けないことです(時計、携帯、財布)。

メトロやメトロブスではスリが発生するので注意をしてください。

メキシコの治安はここからチェック

国際郵便に関して

日本ーメキシコ間の国際郵便に関する情報です。

メキシコ滞在中に日本から何か送ってもらったり、帰国時に増えた荷物を郵便で送ったり、国際郵便を使うことがあるかもしれません。

荷物の重量によってはスーツケースを増やしたり超過料金を払うほうが安いこともありますし、国によって送ってはいけないものが定められています。

国際郵便の利用方法や料金をしっかりと確認して問題のないようにしておきましょう。

【EMS徹底解説】日本からの荷物・手紙をメキシコで受け取ろう!|メキシコの郵便について教えます
日本郵便の国際便についてはこちらから

渡航の準備に関する記事はこちらから