【旅レポ】銀の街タスコ観光は日帰りでもすごい楽しい!

スポンサードリンク



銀で栄えたメキシカンドリーム・タスコってどんな街?

皆さんはタスコという街を知っていますか?

メキシコシティから車で3時間の距離にあるこの街は、白い建物、青い空が映える街。そしてかつて銀の生産地として発展しました!!!

そんなタスコへの日帰り旅行に行きましたが、結果として、楽しすぎました!

ですので今回はその旅行を皆さんに紹介したいと思います。

タスコの正式名称は、Taxco de Alarcónといいます

タスコはメキシコシティの170km南にあり、18世紀の建物が多く現存されている街の一つです。タスコはもともとスペイン人によって北米で最初の鉱山が作られた町なんです!

もともとスペイン人の侵略以前は先住民の住む集落だったこの地に、銀行脈を探す鉱山技師たちが住み着き、フランス人からやってきたボルドーが大銀行脈を発見したことからタスコのシルバーラッシュが始まったと言います。

時は銀の発掘で街は大変栄えました。現在は当時の面影が残った、コロニアル兆の古い街並みが美しく残っており、銀を使った観光業が主な産業となっています。

タスコのおすすめの楽しみ方

コロニアル建築と石畳、そして傾斜のある街並みがタスコの特徴。

道がとても狭いため、自転車はありません。車も白いタクシーが走っているくらいです。

のんびり歩きながら当時の雰囲気に思いを馳せてみましょう。

ソカロ周辺には、ホテルやレストラン、銀細工の店、ピンクの教会・サンタプリスカ教会が建っています。ソカロを中心に回り、そして少し離れたところにある市場ものぞいてみましょう。

タスコのタクシーはすべて白いビートルで、ボチョと呼ばれています。流しのタクシーでも安全にそして気軽に利用できますが、乗る前に行先と値段を確認しておきましょう!

タスコに向けて出発しよう!

8:00メキシコシティを出発!

さて、そんな魅力あるタスコへ日帰り旅行をしてみましょう!

タスコの日帰り旅行をお勧めする理由は2つ。

タスコをお勧めする理由!

メキシコシティからは片道3時間ほどだが、1日での移動が可能なため気軽に行ける!

街は小さく、ポイントを抑える旅でよいなら日帰りで十分楽しめる

 

引用画像:cdmxtravel

メキシコシティからタスコへはバスで向かいます。

出発するのはメキシコシティの南バスターミナル。南のバスターミナルはメトロのlinea2、青いラインの終点タスケ-ニャか、メトロのlinea3、UNAMに行くラインのM.A. Quevedo からトローリーバスから迎えます。

メキシコシティの南部に住んでいる学生も多いと思うので、便利かもしれません。

ここ南ターミナルからタスコに行くには使えるバス会社は二つ!

タスコに行くバス会社

1.Costa Line

2.Estrella de Oro

この二つどちらかのバス会社を利用しましょう。

どちらのバスも4列の日本と同じようなバスです。安全性に問題はありませんが、荷物を放置しすぎないように気を付けてね

また、これらのバス会社によって到着する場所が異なるので注意しください!

どちらのバス会社を使っても、ソカロであるボルダ広場まで歩いて10分~15分。ミニバスも利用できますよ!

 

11:00 タスコに到着!まずは市場でタスコの生活を感じる

さて、3時間バスに乗り続け、ようやくタスコに到着しました!

まずは、ボルダ広場まで歩きましょう…、いえいえ、その前にも魅力的な場所があるんです。

それはなんと、市場です!

ボルダ広場にはサンタプリスカ教会があり、その下付近には多くの市場が賑わっています。

メキシコ人の毎日の食卓に上がるような野菜や肉、果物を始め、洋服や靴といった生活用品、日用品が売っており、タスコの人々の生活を垣間見ることができます。

いかにも「メキシコ」っていう雰囲気を味わうことができます。実はなかなかメキシコシティに生活しているだけだと、土日の青空市場に行くくらいしか、こういったローカルな雰囲気って楽しめないと思うんです。

12:00 ソカロ到着!巨大な教会に圧倒…!

引用:acapulconews

街を歩いていくうちに遂にソカロに到着しました!

見てくださいこの大きさ!タスコの中心地はここだ!といわんばかりの堂々っぷり。

夜になるとここまできらびやかになるんです!!

ぜひともタスコの最後の一日はここでいかがでしょうか?

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です