1/3更新|全国で感染拡大。メキシコシティ・グアナファトが赤信号に|新型コロナ最新情報はこちら

【お悩み解決】メキシコで働いたらキャリアはどう繋がるの?職種から転職活動のスケジュールまで解説!

【メキシコシティも赤信号へ…】

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2021年1月2日現在、感染者は1,443,544人を超え、国内全土で感染が拡大しております。

州別の感染者数

▼メキシコでも再度感染拡大…。▼

今週の移行でついにメキシコシティとメキシコ州、グアナファト州が赤信号に。。詳しくは、下記の記事をご覧ください。

【新型コロナ】1月4日~17日の信号情報|メキシコシティ・グアナファト州他が赤信号に。州別感染者数もまとめ

皆さん、こんにちは!

近年メキシコには日系企業が多数進出しており、メキシコ就職に興味のある方も多いかと思います。

メキシコ就職したいのにあまり情報がないという方、実際就職してみてもその後のキャリアがどうなるか不安に感じている方、そんな方々のお悩みを解消したいと考えています。

そこで今回の記事では現地採用と駐在員の違いや職種などの基本情報から就職・転職活動のスケジュール、さらにキャリアパスまでを取り上げたいと思います。

ぜひメキシコ就職の具体的なイメージをお持ちいただけたらと思っております!!

本記事は、メヒナビとQuick Global Mexicoとのコラボ記事でお届けします!

こんな人におすすめ
  • メキシコ就職を考えている人

現地採用と駐在員の違いは?

海外就業を考えている方は、『現地採用』と『駐在員』という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。まずはそれぞれどんな特徴、違いがあるのか見ていきましょう!

現地採用

現地採用とは、海外の現地法人で採用されることを指します。

待遇は駐在員と比べると劣りますが、勤務地・任期・条件などの面で、自分好みの仕事を選ぶことができます。大手企業への就職も、応募者が少ないためチャンスは多いと言えるでしょう。

駐在員

駐在員は、日本本社で採用され、会社の指示で一定期間海外現地法人に出向する人のことを指します。

そのため、勤務国や使用言語を選ぶことはできません。

現地法人のシステム作りや改善、教育などを行い、任期が終了次第日本に戻ります。

多くの企業の場合、渡航や現地でかかる費用は会社が負担し、会社から赴任地での生活に対するサポートがあります。

現地採用と駐在員、自分にはどっちが合ってるの?

下のグラフに簡単にまとめてみました。

項目現地採用駐在員
雇用形態現地法人で採用日本本社で採用
給与メキシコ(ペソ)
現地法人から支払われる
日本(円)・メキシコ(ペソ)
日本・現地法人双方から支払われる
勤務地100%希望の勤務地(国)を選択可能日本での就業(数年〜十数年)を経て出向
※どこの国に行くかは状況・タイミング次第
語学スペイン語を活かした仕事に就職可能赴任地次第(英語メインということが多い)
その他大手の企業でも日本と比較すると選考が容易
自分の時間が確保しやすい
日本本社の手当・福利厚生の享受が可能
任期の縛りがある
時差の関係で日本との会議など時間外業務が多い

すぐにスペイン語を使って仕事をしてみたい!メキシコで働きたい!などの希望がある方は自分の希望が通りやすい現地採用を選択すると良いと思います。

反対に、特にそこに強いこだわりを持っておらず、いつか海外で働ければ良い、サポートが手厚い方が良いという方は駐在員を視野に入れて日本での就職を考えるのが良いのではないでしょうか。

今回はメキシコでの就職がテーマとなっているので、現地採用をメインに話を進めていきます!

メキシコ就職、どんな職種があるの?

メキシコ就職を考える次のステップとして、どんな職種があるのかを知る必要がありますね。

メキシコで多い求人をピックアップしましたので、自分の希望職種を見つける際の参考にしてみてください。

通訳・翻訳職

メキシコで一番求人数が多いのは通訳・翻訳職です。部署をまたいで仕事をすることもあるため、その業界での幅広い経験や知識を身につけることができます。スペイン語を学習されてきた方々は、語学を活かした仕事の第一ステップとして選択されることも多いです。

営業職

最近求人が増えている職種で、人とのコミュニケーションを得意にされている方におすすめです。日本語・英語・スペイン語を駆使して営業活動を行います。

日本人が営業窓口を務めている日系企業も多いため、日本語でやり取りができる営業が重宝されることもあるようです。

エンジニアなどの専門職

専門知識があり、スペイン語を話せる方の希少価値はとても高いです。理系学生など、専門を持ちながらスペイン語の学習もされている方は製造業が大半を占めるメキシコの日系企業で常にニーズがあります。以前は、駐在員が現地スタッフの教育やマネジメントを担っている企業も多くありましたが、最近では駐在員の代わりに現地採用者やメキシコ人スタッフに任せている企業も増えています。

専門スキルと語学力を併せ持った方は有利に就活を進めることができるでしょう。

メキシコ就職の選考スケジュールは?

photo of people doing handshakes
Photo by fauxels on Pexels.com

いざ就職活動をしよう!と決意をしても、大まかな選考の流れが分からないと動き始められませんよね。ここでは選考のスケジュールについて説明します。

基本的には日本の就職活動と同じ流れです。

  1. 書類選考
  2. 1〜3回の面接(Skype面接が中心)
  3. 内定
  4. 内定承諾
  5. 入社手続き(ビザ申請)

という流れが一般的です。

選考は書類選考開始から1ヶ月程度で終えることが多いです。

時期によっては、責任者の出張等の影響で2〜3ヶ月かかることもあります。

次に就労ビザ取得の流れを説明します。

  1. 内定先企業による就労ビザ取得の申請(1〜3か月程度)
  2. 申請が受理されると、書面が発行され在外メキシコ大使館で面接に臨んでいただきます。
    ※日本での面接の場合は、当日に入国許可証(一時居住者用査証)がパスポートに付与されます。(この段階では「就労ビザ」ではなく、メキシコに入国できる許可が与えられた状態です。就労ビザの取得は渡航後に進めます。)
  3. メキシコ入国(入国許可証取得後180日以内)
  4. 入国後、30日以内に弁護士を通して就労ビザの申請を行います。

就労ビザは申請後、1か月前後で取得できます。

就労ビザはメキシコでは公的な身分証明書として使用できます。就労ビザが取得でき次第、銀行口座開設や運転免許証等の申請を行うことができます。

選考から渡航まで、最短でも2~3ヶ月、長ければ半年かかってくるケースもありそうです。従って、入社希望時期から逆算して就職活動を始めるタイミングを考えましょう。

余裕を持った就職・就職活動を心がけてみてください!

メキシコ就職後、どんなキャリアパスがあるの?

現地採用として入社した後、どのようなキャリアパスがあるのか気になりますよね。ここでは入社後のキャリアパスについて説明します!

現地採用者向けのキャリアパスには大まかに以下の3つがあります。

入社ポジションで専門スキルを高める

評価に合わせた昇給や毎年の物価上昇率に合わせた昇給はありますが、基本的に一つのポジションで経験を積み、専門性を高めていくことができます。

通訳職や駐在員サポート職に比較的多いキャリアパスと言えるでしょう。会社によっては昇格が無い場合もあるため、更なるスキルアップや待遇アップを求めて、同じポジションでの転職を希望する方が比較的多いのも特徴です。

また、昇格を目指す場合にはエンジニア、営業、経理等で入社した後に専門知識を深め、リーダーやマネージャーを目指す人も多くいらっしゃいます。こちらのポジションでも同様にキャリアアップを求めて同職種で転職を希望する方がおられます。

入社後に他職種も経験し幅広いスキルを身につける

例えば業界未経験の方が通訳として入社し、製品知識や業務の進め方等を覚えた後(業務を通して会社についての知識を深めた後)、『通訳兼総務』⇒『総務職』という流れで徐々に職種の幅を広げ、最終的には語学を活かしながら別のポジションで活躍される方もいらっしゃいます。

業務の習得状況やパフォーマンス次第で、裁量・業務内容共に新しい領域にチャレンジ可能です。

いつか日本帰国を検討している人にとっては、日本帰国後も通用するスキルを身に付けられる可能性があるため、柔軟なキャリアを築きやすい働き方なのではないでしょうか。

本社採用として働く

入社した会社の状況次第にもなりますが、パフォーマンスや評価、そして本人の希望次第で本社採用としてのキャリアを打診されることがあります。

待遇アップ等のメリットはありますが、そのままメキシコの駐在員として勤務できる場合、日本勤務になる場合、他国勤務を命じられる場合など様々なケースがあるため、本社採用を打診されたとしても、悩まれる人も多いようです。

いずれのキャリアパスも入社する会社の方針次第で実現しやすいかどうかが変わってきます。実際に転職活動を進める際には必ず希望する会社の方針を確認しておくと良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

実際にメキシコで働くことを検討している方の参考になれば幸いです!

下記記事から、Quick Global Mexicoを利用して、実際にメキシコ就業を実現した方のインタビューをご覧いただけますので、より詳しいメキシコ就職情報を知りたい方はぜひご覧ください!

また、メキシコで働く場合の給与について詳しくまとめた記事は以下となっております。

実際にメキシコ人はどれくらいの給料をもらって生活しているのでしょうか。そして日本人の給与の相場はいくらなのでしょうか?

現地での具体的な生活を想像したい方はぜひご覧ください。

【解説】メキシコの平均年収と日本人の給与相場はいくらなの?

▼クイックグローバルメキシコさんの求人情報はこちらから▼

【21年1月最新】メキシコ転職・求人6選|未経験歓迎も多数!問い合わせもこちらより

提供:Quick Global Mexico

あなたもメキシコで働いてみませんか?
メキシコでの就職、転職に関するご相談がございましたら、いつでもクイックグローバルメキシコにお問合せ下さい。

電話番号:(449) 153-1400
メールアドレス:quick@919mexico.com
スカイプ:QUICKGLOBALMEXICO

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です