【就職インタビューNo.02】教えて!メキシコで働く先輩| 新卒入社でバリバリ総合職として働くBさん

スポンサードリンク



みなさんこんにちは!

メキシコで働いている日本人たちは、どのような仕事をして、どのような毎日を過ごしているのでしょうか??

そこで今回は、Quick Global Mexicoさんとコラボさせて頂き、皆さんにメキシコでどのように働いているのかお知らせできればと思います!

メキシコで働く先輩たちに、お仕事内容やメキシコ人と働く実状、お休みの日の過ごし方まで、メキシコでのリアルな実状についてインタビューを敢行しました!

「教えて!メキシコで働く先輩」インタビューシリーズ!

第2回目は、新卒入社で総合職として勤務しているBさんです。

現在募集中の、メヒナビ厳選・メキシコの求人もご確認ください。

【メキシコ求人最新情報】2019年9月のPICK UP求人はこちら!

2019年3月28日

 

新卒入社で総合職として勤務しているBさん

グアナファト州最大の都市レオンで、新卒で総合職として入社し現在勤務約1年半となるBさん。メキシコに留学経験もあるBさんに、仕事内容、プライベートをお聞きしました。

ちなみにレオンはこんなとこ!

【必見】レオンの観光スポットおすすめまとめ特集!

2019年4月14日

【レオン×日本食】日本食が恋しいあなたに一挙大公開!~日系スーパーからレストラン、抹茶カフェまで!~

2019年9月8日

 

メキシコでの業務内容について

メキシコの求人情報

お仕事内容を教えてください。

日本人拠点長のサポート業務や営業、通訳、購買、また見積もり作成など何でも行います。

時期にもよりますが、基本的にはオフイスでの内勤が多く、通訳と購買関係が全体の9割くらいを占めます。

営業は、新規顧客にアポイントを取って訪問します。仕事上全く付き合いのない会社へ、ゼロから営業活動を行うのは、なかなか難しい仕事です。

また、顧客へ納品済みの機械に不具合が発生した際、サポートを行うために客先に出向くことがあります。

 

勤務時間は?

8時から17時まで、内1時間のお昼休憩があるので実質8時間勤務です。

基本的に内勤の日に残業はありませんが、稀に顧客の工場が稼働していない休日に、機械の点検の為に出勤することがあります。

 

今のお仕事でやりがいを感じること、大変なことは?

翻訳や電話対応など様々なことを並行して行う必要があるため、滞りなく業務を行えるようなタイムスケジュール管理が重要です。

日本では新卒入社でこれほど多岐にわたる仕事を任されることはあまりないのではないでしょうか。

今の環境は少数精鋭で、第一線で働くことが求められていますので、大変ではありますが、そこにやりがいを感じています。

 

メキシコ・メキシコ人について

 

メキシコに来たきっかけは?

大学でスペイン語を専攻しており、学生時代に留学生として初めてメキシコに来ました

もともとスペイン語を勉強し始めたのはメキシコに興味があったからです。10年ほど前に、メキシコの世界遺産を紹介する本を読み、セノーテやチェチェン・イッツァなどの写真を見て、面白そうな国だと思いました。

 

メキシコで働いてよかったことは?

少数精鋭の会社の一員となり、第一線で活躍させてもらえることと、毎日の業務をスペイン語で行えることです。

また、メキシコは海外ですが、日本企業が多く顧客に日本人も多いので、メキシコにいながら日本の社会人としての働き方を学ぶことができます。

 

メキシコ人と一緒に働く上でのアドバイスは?

1年半程の経験ですからアドバイスというとおこがましいですが、相手が日本人ではなく、メキシコ人だと理解することが大切だと思います。

日本人だったらこうだろう、という固定観念がメキシコの方には通用しません。

ひとつの会社で働く以上、国籍は関係なく、メキシコに来ている側は日本人であり、ここが彼らの国だと忘れないことが必要だと思います。

メキシコの方は、日本人に負けないくらいプライドが高く、こちらが強気に発言すると相手も強気でくるので物事がうまく運びません。

日本人の中には頭ごなしに叱ってしまう方もいますが、そうするとわだかまりが残り、メキシコ人側も仕事に来るのが嫌になってしまうなど、後々悪い影響がでるのではないかと感じます。

私はまだ部下がいる立場ではないので、メキシコ人を叱責することはありません。しかし、叱責されたメキシコ人を気遣って声をかける様にしているので、私を慕ってくれる同僚が多いと感じます。

 

メキシコの印象は?

初めてメキシコに来たのは3年前の留学で、場所はグアダラハラでした。

意外とサボテンがないな、メキシコ人は元気で親しみやすいな、と感じました。

留学前に日本で知り合ったメキシコ人たちは、金銭的に裕福な方が多く、おそらくメキシコ内でも一部の特別な人たちだったので、上品で真面目な人たちと感じていましたが、実際メキシコに来ると、メキシコ人に対して堅苦しいイメージはなくなり、対人関係の敷居が下がりました。

メキシコ人は親しみやすく、約束が守れない人が多いです。

メキシコの友達が話す冗談に、「メキシコ人が言う今やる、は今じゃない」というものがあるように、メキシコは時間にも鷹揚です。

その為、私自身も渋滞で待ち合わせに遅れそうな時など、日本ほど焦ることなく、気持ちを楽に過ごせます。

 

メキシコで危険な目に遭ったことは?

幸い何かのトラブルに巻き込まれたことはありません。

理由を考えてみましたが、日本人だけで固まらないことを意識しているので、目立ちづらいのかもしれません。

治安とは関係のないことですが、運転をしている際、大きなカーブで隣の大型トラックが私の方に幅寄せをしてきたことがあり、その際は押しつぶされるのではと思い、怖ったです。

メキシコ人の運転は日本人に比べて荒いので、注意が必要です。

 

メキシコで日本人はどういう風に見られていますか?

概して日本人はおとなしくて、真面目で賢いと思われているのではないでしょうか。

メキシコ人から、日本人は本音で話してくれないという不満を聞くことがあります。

例えば日本人を食事に誘っても、毎回の様に「今日は忙しいから」と断られるというメキシコ人の知り合いがいます。メキシコ人は、遠回しに断られるより、本音で嫌だと言ってほしいとのことです。

遠慮の文化を理解してもらうのは難しいと思います。

 

メキシコのオススメは?

観光スポットとしては、私はメジャーな観光地は人も多くあまり好きではありません。

個人的にはサンルイスポトシが気に入っています。

サンルイスポトシといえば滝が有名ですが、私は街自体が好きです。

特に何があるというのではないのですが、近代的街並みが綺麗です。

またコスタンソというチョコレートメーカー発祥の街で、サンルイスポトシでしか買えないチョコレートがあり、行くたびに購入します。

他にはプエルト・バジャルタですね。以前少し住んでいたこともあり、有名なセントロのビーチではなく、崖を越えたところにある地元の方しか知らない穴場ビーチがお気に入りです。

オススメのメキシコ料理は、トルタス・アオガダスです。これはグアダラハラ名物で、トルタと呼ばれるメキシカン・サンドイッチをトマトソースに浸して食べる料理です。

アオガダス(ahogadas)は「溺れた」いう意味で、グアダラハラ近郊でしか味わえない一品です。メキシコ料理は日本人の口に合い、何を食べても美味しいです。

 

仕事以外、プライベートは?

仕事外でメキシコ人との交流はありますか?

留学中に知り合った友達と会うことがあります。

今住んでいるのはグアナフアト州ですが、大学はグアダラハラというメキシコ第2の都市で、国内の色々な場所から生徒が来ていました。

現在も彼らと交流があり、旅行先に知り合いがいることも多く、楽しく観光ができます。大学にはメキシコシティからの学生が多かったのですが、シナロワ州やチアパス州など遠方からの学生もいました。

休みの日は何をしていますか?

一人暮らしなので、1週間分の買い出しに出かけます。

近隣の州に観光に出かけたりもしますが、週末の2日の休みで気軽に行ける先があまりなく、外出も減ってきました。

現在住んでいる街にも知り合いのメキシコ人がいますので、たまに一緒にご飯を食べに行きます。

職場の同僚とは平日に飲みに行くことはほとんどありませんが、金曜日は次の日が休みなので、一緒に出かけることもあります。

その他

現在スペイン語の学習はしていますか?

日常的な業務をスペイン語で行なっているので、それ以外の勉強は特別していませんが、仕事で使う技術的な専門用語などは日々意識的に覚えるようにしています。

 

仕事もスペイン語、休日もスペイン語と、スペイン語だけの生活にストレスを感じませんか?

そうですね、日常的な会話のスペイン語は、無意識に話しているので全く苦には感じません。

通訳をする場合は、スペイン語で考えていると日本語が出てこない、など、2言語を同時に使用することに時々疲れを感じます。

正直なところ、私自身が日本社会で働いた経験がないこともあり、スペイン語を使ってメキシコ人と話すより、日本人の上司やお客さんと日本語で話す方が気を遣います。正しい敬語で話すことに慣れていないので疲れるのだと思います。

 

クイックグローバルメキシコを使ってよかったことは?

求人件数が圧倒的に多いことです。

メキシコで就職を考えた際、他の求人サイトも閲覧しましたが、数が少なかったです。

求職者にとって、多くの選択肢があるのは有難いことです。また就職後も「その後、いかがですか」と定期的なサポートをしてもらい、困ったことがあれば相談しやすい関係性を築いてもらっています。

 

引き続きメキシコで暮らそうと思われますか?

物価も安く食べ物も美味しいので暮らしやすいのですが、私は東京出身で、娯楽も豊富で交通の便がいいところで暮らしていたので、そういう面で比較するとメキシコは少し物足りなく感じます。

ただ生活自体はとても楽しいので、今のところ長期的にメキシコに滞在したいと考えています。

 

まとめ

少数精鋭の会社の一員として最前線で働き、大変ながらも仕事にやりがいを感じておられることが、お話からも伺えました。

メキシコの文化を理解し、日本人・メキシコ人双方の視点で物事を考えることのできるBさん。

Bさんのようなメキシコ人の同僚とのコミュニケーションの取り方は、人間関係を円滑にし、仕事の効率も上がるのではないかと感じました。Bさんのお仕事に対する姿勢を通して、メキシコだけでなく、海外で働く上で重要なことを教えていただいたような気がします。

メキシコで働くことは、自分自身の成長にも繋がりそうですね。メキシコで働くという経験は、ご自身への投資となるのではないでしょうか。


あなたもメキシコで働いてみませんか?
メキシコでの就職、転職に関するご相談がございましたら、いつでもクイックグローバルメキシコにお問合せ下さい。

電話番号:(449) 153-1400
メールアドレス:quick@919mexico.com
スカイプ:QUICKGLOBALMEXICO

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

渡邉海也

メキシコシティに留学をしていましたカイヤと申します。スペイン語、アグリビジネス、移民問題をUNAMで学び、空手をメキシコでも稽古をし国際交流、そしてPinbox S.A. de C.V. でインターンという三本立てで生活をしていました。メキシコ滞在を通して感じたことを皆様にシェアできたらと思います。よろしくお願いします!