東方の三博士(Reyes Magos)とは?その歴史とメキシコのなが〜いクリスマス

4/3新型コロナウイルス感染状況

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年4月3日現在、感染者は1688人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【4/3最新情報】メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ

スポンサードリンク



1月6日は、実はメキシコの子どもたちにとってはとっても大切な日

メキシコには日本のサンタクロースとよく似た習慣があります。

プレゼントを持ってくるのは1/5の夜、そして子どもたちにプレゼントを届けるのはメルチョール、ガスパール、バルタサールとよばれるReyes Magos、東方の三博士(三賢者・三賢人)と呼ばれる人たち。

彼らは誰なのでしょうか?

そして、メキシコのクリスマス〜新年が長いのはどうして?

今回はメキシコのクリスマス、そして新年に迫ります。

東方の三博士(Reyes Magos)とは?

「Reyes magos freepik」の画像検索結果

東方の三博士(Reyes Magos)とは、新約聖書に登場し、イエス・キリストの生誕時にやってきて拝んだとされた人物のことです。三博士という呼称の代わりに、三賢人、三賢者とも呼ばれます。

なぜ三博士と呼ばれるのでしょうか?

新約聖書はギリシャ語で書かれています。原語では μάγοι マゴイと書かれており、この語をラテン語化した言葉がmagi 、英語のマジックの語源です。

日本語では、占星術の学者たち、などと他にも訳されています。スペイン語ではLos Reyes magos と呼ばれています。

東方の三博士が登場する「マタイの福音書」とは?

この書の目的は、イエスこそが「モーセと預言者たち」によって予言され、約束されたイスラエルの救世主(キリスト)であると示すことであり、イエスの誕生において旧約聖書の予言が成就していることを示すことであったといいます。

そして東方の三博士は、新約聖書のその「マタイによる福音書」2:1−13にて登場します。

東方で星を見た彼らはユダヤ王国のヘロデ大王に、

「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにいらっしゃいますか?」と尋ねると、祭司が現在のパレスチナであるベツヘルムに産まれると預言書に書かれていると言います。

そこで東方の三博士は星の後を追いかけ、その星は幼子がいる場所の上に止まりました。その幼子がイエス、母がマリアだったのです。

博士たちは家に入り、乳香、没薬、黄金を贈り物として捧げました。

彼らはイエスの誕生から13日目にイエスのもとを訪れています。それがちょうど1月6日というわけです。

その伝統を受け継ぎ、1月6日に子どもたちにプレゼントが渡されるのです。

なが〜〜いメキシコのクリスマスの秘密

Feliz Navidad!!

この言葉はみなさんご存知のようにクリスマスでよく使いますよね。

国民の8割以上がカトリック信者と言われるメキシコでは、スペインの伝統を受け継ぎ、クリスマスはとても大切な行事です。

そして、実はメキシコのクリスマスは、12/16~1/6 までととても長いのはご存知でしたか?

ここからはメキシコの長〜いクリスマスをご紹介します!

メキシコのなが〜いクリスマスについて

1216日〜24日:ポサダ

1224日:キリスト生誕前夜

1225日:キリスト生誕日

1231日〜11日:年越し、元旦

16日:東方の三博士の日

12月16日〜24日:ポサダ

Posada(ポサダ)とは、イエス・キリストの両親である、マリアとホセが、出産のための場所を見つけるための旅にでていた期間であるクリスマス前の9日間 (毎年12月16~24日まで)のこと。

ポサダでは、Piñata(ピニャータ)と呼ばれるお菓子が入ったくす玉を目隠しした状態で棒を使って割る遊びがあります。

くす玉が割れて、お菓子が降ってくると、みんなでそれをもらいます。しかし実際は争奪戦のようにこどもたちは一斉にお菓子をもらいに行きます。

また、ポサダの前には、聖母グアダルーペを祝う、グアダルーペの聖母(Nuestra Señora de Guadalupe)をまつる12月12日の「グアダルーペの祭日」があります。

グアダルーペ寺院の行き方!メキシコのカトリックの聖地は規模が巨大!

そして、この時期から、フルーツや黒砂糖を煮たメキシコのクリスマス伝統の温かい飲みもののPonche(ポンチェ)が振る舞われます。これらは寒い冬がやってくるとメキシコで大人気。みんな大好きなおふくろの味です。

12月24日: キリスト生誕前夜、12月25日:キリスト生誕日

家族とともに夕食をとり、ミサへいく人もいます。

友人とパーティをするというよりかは、家族で過ごす人の方が多いようです。また、大学生などになってくると、帰省しない人たちは友人宅などに集まりパーティを楽しみます。

また、この時期は既にバケーションなので旅行に行くなど過ごし方が変わってきているようです。

この時、子どもたちは日本のようにサンタクロースに手紙を書くのではなく、先ほど出てきたReyes de Magos (東方の三博士)に欲しいものをリクエストした手紙を書きます

自宅で家族と過ごす重要な日なので、美術館や商店、飲食店、公共機関なども休むことが多いです。 リゾート地などを除く都市や街の店は閉まってしまうことも多いので観光には注意したいですね。

ちなみに、クリスマスの花として知られるポインセチアはメキシコ原産。

クリスマスの花…実はメキシコ原産。ポインセチアの由来と花言葉にほっこり。

12月31日〜1月1日:年越し、元旦

Feliz Año nuevo!!

メキシコでは、大晦日や年越しも家族で過ごす人が多いです。

また、ここで紹介したいのは、スペインから受け継いだ面白い伝統がメキシコにも残っていること。

メキシコでは、新年を迎える鐘が鳴っている間に12粒のぶどうのを食べ、願い事をするという興味深い風習があります

この12といいう数字は、月の数に由来しています。

一粒一粒食べながら願い事や来年の抱負などを胸に刻みます。

この時はしゃべってはいけないのです!

ちなみに、日本では年末と三が日は年末年始休暇ですが、メキシコにはあまりそのような文化はありません。

メキシコでは1月1日は休みをとっている店やオフィスが多いですが、1月2日から通常業務を開始するところが多いです。

そのためメキシコにはお正月感はあまりないのです。

1月5日は、子どもたちへのプレゼントを調達に走る三賢者のために、スーパーや商店は深夜まで営業しています。あらかじめ買ってあるのを子どもに見つかってしまうのを避けて直前にプレゼントを調達するケースが多いようです。

1月6日:東方の三博士の日

Reyes Magos(東方の三賢者)の日は、イエスと三人の博士が出会った日を祝う日。

クリスマス期間が始まった頃に、子どもたちがクリスマスツリーにReyes Magos(東方の三博士)たちへ宛てた手紙をあらかじめ置いておくと、1月6日の朝にそのリクエスト通りのプレゼントがツリーの下に置かれています。

また、さらにこの1月6日にはプレゼントを受け取るほかに、Rosca de Reyes (ロスカ・デ・レジェス)と呼ばれる、大きな輪の形をしたパンを皆で切り分けて食べます。

ロスカ・デ・レジェスにはイエスキリストを模した小さい人形が入っています。

ひとりひとり自分の分を切り分けるのですが、その時に人形があたると2月2日のカンデラリアの日にタマーレスを振る舞うことになります。

人形があたる人はその年を幸運に迎えられると言われていますが、2月2日にその場にいる人全員にタマレスを奢らなければならないというのがなんともメキシコらしいですね。

なるべく人形にあたりたくないので、恐る恐る包丁を入れるというスリリングでワクワクするひと時を家族、友人、職場の同僚と一緒に楽しみます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

メキシコのクリスマスはスペインの影響を強く受けています。

また、その中でもメキシコ風に発展した文化もあり、比べてみるのもとても面白いのではないでしょうか?!

ぜひとも皆さんのクリスマスも教えてくださいね。

ではまた!

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

渡邉海也
メキシコシティに留学をしていましたカイヤと申します。スペイン語、アグリビジネス、移民問題をUNAMで学び、空手をメキシコでも稽古をし国際交流、そしてPinbox S.A. de C.V. でインターンという三本立てで生活をしていました。メキシコ滞在を通して感じたことを皆様にシェアできたらと思います。よろしくお願いします!