【9/17更新】新型コロナ情報|メキシコシティとグアナファト州の信号まとめ

メキシコのお土産に最適!プロが選ぶ日本未入荷のテキーラ5選

9月のメキシコの新型コロナの状況

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年9月16日現在、感染者は680,931人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

▼9月の経済活動再開の指針は?▼

今週より「黄色」信号の州が増えました。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】9月14日~9月20日の信号情報|州ごとの感染者数、メキシコシティとグアナファト対応のまとめ

メキシコ土産:レイトレーディングが選ぶ、おススメのテキーラ

はじめまして、メキシコで日本へのテキーラの輸出・テキーラクラスを開催しているレイトレーディングです。

今回は、日本に帰国される日本人の皆様が、メキシコの思い出として美味しいテキーラを是非お土産として買っていかれてほしいと思いまして、

日本では手に入れることができないおススメのテキーラをご紹介します。

今回は厳選のテキーラを5種類ご紹介します!

アエロメヒコの機内でも提供されるテキーラ「マエストロ・ドベル」

まずは、メキシコではどこでも見かけるクエルボ社のマエストロ・ドベルシリーズです。

世界で有名なクエルボ社の11代目が考案して作ったプレミアムブランドです。従来クエルボのテキーラはバジェス地方のアガベを使用し、ミネラル感と個性が強いテキーラが特徴ですが、マエストロ・ドベルはアルトス地方のアガベを使用し、甘味とクリーミ感が多く、初心者でも飲みやすいテキーラに作り上げました。

ブランコは生アガベの香りがいっぱいあって、中辛口ですが、新鮮フルーツのような甘味があって、初心者にもおすすめします。

レポサドはフレンチ樽とアメリカ樽で熟成されます。焼アガベの香りが多く、完熟した赤りんごのような香りが特徴となります。樽とアガベの味のバラスが整えて、二つの味とも楽しめるテキーラです。

アニェホもレポサドと同じ二つの樽で熟成され、乾物系のいい香りであふれています。ナッツ、ドライフルーツ、樽の香りとシナモンがほんのりします。辛さをほとんど感じず、滑らかで余韻が長いです。高級ウィスキーのようにじっくり味わえます。

この三種類はどれを取っても万人受けする、バランスの良いテキーラです。特にレポサドはアエロメヒコ航空のエコノミークラスで無料で提供されるテキーラでもあります。

30年以上愛され続けるアレッテ

次に、馬のロゴが印象的なこちらのボトルは、アレッテという酒屋さんであれば見かけるテキーラです。テキーラ御三家の一つ、オレンダイ家族から独立した蒸留所エル・ジャノが作った伝統的なテキーラです。

ブランド名の由来は1948年に開催されたロンドン世界大会の障害馬術でメキシコの「アレッテ」という馬が見事に優勝して、ダブルゴールドメタルを獲りました。アレッテは実は片目が見えないにもかかわらず試合に勝ち、当時のメキシコ人に勇気を与えました。そこで、アレッテを記念するためにこのテキーラを作りました。

30年以上にレシピが変わったことがなく、伝統の作り方を守り、テキーラ村のテキーラらしい力強いテキーラの味をしています。少々辛口と土の香りが特徴で、テキーラ愛好家の方々には人気が高いです。

グアナファト州の有名なテキーラ「コラレホ」&白ワイン樽で熟成させたテキーラ「エスポロン」

続きまして、写真左のテキーラはグアナファトのテキーラとして有名なコラレホ社が手がける99,000 horas エクストラ・アニェホです。アニェホはすでに日本に輸入されていますが、こちらのエクストラアニェホは今年3月発売されたばかりで、レオンのLa Favoritaという酒屋で見かけました。

ブランド名の意味合いはテキーラができるまでは99,000時間(約11年と110日)にかかるということを示してます。ウィスキーやブランデーなどの樽での熟成時間が長いことよりも、テキーラの原材料であるアガベが完熟までも年数が長い(最低6年、最長10年以上)こととできるまでの大変さが伝わってきます。まだ発売して間もないためので、見つけたらかなりラッキーです。

次に写真右のテキーラはこちらもスーパーでもよくみる エスポロンのレポサドです。通常、テキーラの熟成はアメリカの中古樽で行いますが、より味を豊かにするためにフレンチ樽で熟成することもあります。エスポロンのレポサドのダブル樽は通常の熟成以上にチャレンジをして、最初はアメリカ中古樽で熟成した後に、白ワインのシャルドネ樽で追熟させます。

テキーラと樽の味がしっかりしており、飲み込んだ後味は白ワインのようなマスカットの香りがほんのりします。テキーラ界で非常に珍しいテキーラで、ワイン好きな方にもオススメしやすいです。

コスパ最高、テキーラ「30ー30」

最後に、La Europea、Vinos America などの酒屋さんで見かけるこちらのテキーラ30-30です。

メキシコがフランスと戦争した革命戦争の時、メキシコ軍によく使われるライフル銃の規格、銃弾の口径0.30インチとその火薬の量30グレーンを示しています。アルトス地方の先祖たちもこの武器を持って、メキシコの勝利の貢献したことを記念するため、テキーラ30-30を作りました。

30-30の値段は手頃でしっかり美味しい、どれもクセがなく、コストパフォーマンスが高い高地アガベの甘味と35度の飲みやすさがあり、初心者にもお勧めしやすいテキーラ30-30 になります。

最後に~テキーラを楽しんで!~

以上ですが、他にもレイトレーディングではテキーラの楽しみ方や、各個人の好みに合わせたテキーラのアドバイスもしております。テキーラについて気になることがございましたら、sale.raytradig@gmail.com までお気軽にお問い合わせください!

※ご紹介したテキーラは2020年4月現在で、日本に正規輸入されていないテキーラです。

ぜひともメキシコの味を日本でも楽しんでください!

提供:レイトレーディング

共有はこちら!~Comparta!~

1 個のコメント

  • 頑張っていますね。
    お母さんからこのサイトを
    教えて頂きました。

    コロナ下の状況で出来る事って限られてきていますが、経験と知恵を活かしているのが良く解ります。

    身体に気をつけて引続き
    日々邁進してください。

    遠くよりですが
    応援しています。

    きっとばあちゃんも
    応援している事でしょう。

    吉成でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です