1/23更新|詳しくはこちらから▶】アグアスカリエンテス州は赤信号&CDMXも黄色信号に。感染に要注意!

【生活情報】Y’s Publishingがメキシコ便利帳のVol.6をリリース

アグアスカリエンテス州は赤|CDMXは黄色
オミクロン株も拡大中、感染に注意!

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2022年1月21日現在、感染者は4,595,589人を超え、国内全土で感染が拡大しております。

▼州別の信号状況はこちら▼

▼州別の信号状況はこちら▼

「赤色」(1州)アグアスカリエンテス州

「オレンジ色」(9州)バハカリフォルニア州、南バハカリフォルニア州、チワワ州、コアウイラ州、ドゥランゴ州、ヌエボレオン州、キンタナ・ロー州、ソノラ州、サカテカス州

「黄色」(10州メキシコ市、メキシコ州、グアナフアト州、ハリスコ州、モレロス州、ケレタロ州、サンルイス・ポトシ州、シナロア州、タマウリパス州、ユカタン州

「緑色」(12州)カンペチェ州、チアパス州、コリマ州、ゲレロ州、イダルゴ州、ミチョアカン州、ナヤリット州、オアハカ州、プエブラ州、タバスコ州、トラスカラ州、ベラクルス州

メキシコの詳しい新型コロナの状況について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

この度、Y’s Publishingがメキシコ便利帳のVol.6をリリースしました。

2017年に創刊号が発行されて以来、今年で6巻目となるメキシコ便利帳シリーズは観光から現地情報、ビザ関連や法律まですべてを網羅したメキシコ辞典としてメキシコ在住者の間で愛されています。

今年の特集は、

  • 巻頭のビーチリゾートの旅特集(ロスカボス、ラパス、カンクン)
  • ビジネスのインタビュー記事(蛇の目、大塚製薬)
  • レストランページの復活

が目玉となっており、毎年好評のビジネスマップも付録でついています。

購入方法はオンラインと店舗にて。メキシコで店頭で購入される方はメキシコ商工会議所、または日系のスーパーにてお買い求めください。メキシコでインターネットでお買い求めの方はamzonからのみ購入することができます。

メキシコで郵送での購入をご希望の場合は、カマラ(メキシコ商工会議所)の以下のご担当者にお問い合わせください。

カマラお問い合わせ先:kawashima@japon.org.mx(川島様)

また、メキシコ便利帳は日本でも購入をすることができます。日本では、amazonや楽天ブックスなどのインターネット通販を経由して購入することができます。それ以外の国にお住まいの方は Y’s Publishing の阿部様迄ご連絡をお願いします。

Y’s Publishing お問い合わせ先:habe@us-benricho.com

メキシコ便利帳のここがすごい!

メキシコの情報をほぼすべて網羅している。

メキシコ便利帳のすごいところは、「便利帳」を通り越して「辞典」になっていること。

メキシコに初めて住む人もこれさえあればすぐにメキシコ通になれます。

メキシコ便利帳の執筆には観光から法律関係まで多くのプロがかかわっており、各分野に精通した方が最新の情報をまとめ上げています。

どなたが担当したかも分かり、非常にクリアであることも一つの特徴。

何かわからないことがあるとき、まずは便利帳を見てみると大抵解決します。例えばメキシコの移民法や、車の保険などニッチな内容も詳しく掲載されており、一時滞在者だけでなく永住する方にも役立つ情報が多くまとめられています。

レストラン情報が濃い

二つ目の便利帳のすごいところはレストラン情報が非常に濃いこと。

メキシコ便利帳は都市別にレストラン情報が載っており、その中で予算・ジャンルごとに多くのレストランが紹介されています。

内容を見てみると、ガイドブックに載っていない名店、在住者がよく訪れているレストランが掲載されており、必ず参考になる情報です。会社での接待やランチ会、大切な日に訪れるレストランなど特別な日に使える情報から、日々の外食でも安くおいしいものが食べたいときなどに非常に役に立ちます。

今年からそんなレストランページが復活していますので、是非ご覧ください。

何かトラブルがあってもスペイン語で対応できる!単語帳も健在

メキシコで生活する上で困ってしまうポイントは英語がそこまで通じないということ。

近年は若者を中心に英語が話せる人口も増えていますが、地域や年齢によっては全く通じません。

メキシコ便利帳では、挨拶や注文の仕方など基本的な単語・会話から病院で使える症状までジャンル別に紹介。

「なんていうんだっけ…?」というときに役立ちます。

帰国後も安心!帰国子女の入試制度も紹介

こちらは駐在員の家族に大変ありがたい情報。

メキシコでの任期が終了すれば日本に帰国することになりますが、帰国時のサポートについても情報載っております。

例えばお子様の学校。帰国後は日本の学校に転入するのか、受験の際に帰国子女制度に利用するときの方法についても情報が載っております。

学校からのサポートに加え、情報源が一つ増えることは大きなメリットにもなり、重宝されている情報の一つです。

さいごに

いかがでしたか?

メキシコ生活に必携のY’s Publishingさんによるメキシコ便利帳、是非お買い求めください。


出版社:

是非メヒナビの記事のシェアをお願いします!▼

メキシコで働きませんか?

スペイン語を生かしたい…。今いる環境から一歩踏み出したいと考えているあなた。是非メキシコで働きませんか?

メヒナビでは現地の求人情報をお伝えしております。お問い合わせ、紹介はすべて無料。

まずはお気軽にお問い合わせを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です