最新新型コロナ情報:第4波はピークアウトに|2月21日~3月6日までの信号情報

メキシコ国内の新型コロナ感染状況レビュー

2020年、世界中で感染が拡大した新型コロナウイルス。メキシコもその筆頭。メキシコでの新型コロナウイルスはますます拡大しています。

2021年に入り、ワクチン接種がメキシコで急速に拡大を見せ、ついに6月にはメキシコシティを始めとした多くの都市が緑信号になりました。

しかし落ち着いたのも束の間、現在また感染者数が増えている事態となり、メキシコシティの信号も緑⇒黄色⇒オレンジ⇒赤となってしまいました。8月下旬からの移行はオレンジ信号⇒黄色⇒緑と信号の状況はよくなっております。

2022年明けた1月、再び感染者が世界中で増えておりますが、メキシコのその例に漏れず感染者が増えております。1月8日には、30,671人感染し、「第3の波」の最中である2021年8月18日を超えた数字を記録しました。

それでは新型コロナの感染者数を見てみましょう。

メキシコの新型コロナ感染者数

2月23日時点でのメキシコ国内の新型コロナ感染者数は5,455,237人です。

感染者:5,455,237人(昨日比36,980人)

死亡者数:316,941

メキシコ国内での新型コロナ感染は2020年2月末から始まり、一年が経過しましたが未だに増えていますが、感染者の増減に波があります。

グラフを見ればわかるように、2022年1月から2月にかけての感染者数の伸び幅は非常に大きくなっています。1月下旬には、1日あたりの新規感染者数が過去最高の10万人にも増えあがりました。

上記の感染者数を見てみると2月24日現在で5,455,237人(昨日比36,980人) となっており、1日当たりの感染者数については日によって差はあるものの減少傾向にあります。しかしいずれにせよ増加傾向は続いてく見込みです。

引き続き注視していく必要があります。

詳しくは、下記の一日当たりの感染者数の数字を見てましょう。

メキシコの一日あたりの新規感染者数は過去最悪に

上のグラフはメキシコ国内の新規感染者数です。

  • 第一波の新規感染者数のピークは7月~8月
  • 第二波の新規感染者ピークは11月~1月
  • 第三波の新規感染者ピークは7月~8月

と言われています。

今まで新規感染者数が6000人を超えていたのは2020年8月ごろまででしたが、10月から感染者は急に増えだし、1日に10,000人を超す日が出てくるようになりました。

そして問題は最近です。(オレンジ丸部分

オミクロン株の流行に始まり、メキシコでは第4波が始まるのではないかと懸念されています。第三波のピークは2021年8月18日でしたが、その数字を超え、1月8日には30,671人も新規感染者が出てしまいました。

そして1月21日は100,279人が感染し、感染者数は過去に類を見ないほど拡大しています。

世界では特にこの1カ月間で新規感染者が6100万人を超え、オミクロン株が現在のコロナ禍を主導していることが明らかになっています。

州別に見た、新型コロナ感染者数

州別の感染者数でみてみると、以下のようになっています。

メキシコシティが異様に多いことがわかる。

上は州別の感染者数の数字です。これを見ると、やはり首都、メキシコシティが異様に多いことが分かります。

2/8時点での、感染者数トップ5を見ていきましょう。

  • メキシコシティ 感染者数:1,272,745人
  • メキシコ州 感染者数:487,535人
  • ヌエボレオン州 感染者数:278,352人
  • グアナファト州 感染者数:256,881人
  • ハリスコ州 感染者数:212,765人

メキシコの新型コロナの信号情報について

メキシコでは2020年6月より信号制度が始まっています。

この指針は連邦政府による例示であり、最終的な措置は各州政府によるとのことで、各地域の状況に応じて決定される模様です。お住まいの地域の最新情報の収集・感染予防に努めるようにしてください。

2/7~2/20の信号情報について

@SSalud_mx

▼州別の信号状況はこちら▼

「赤色」(0州)

「オレンジ色」(0州)

「黄色」(16州アグアスカリエンテス州、チワワ州、メキシコ市、メキシコ州、コアウイラ州、コリマ州、イダルゴ州、ハリスコ州、モレロス州、ナヤリット州、ヌエボレオン州、オアハカ州、ケレタロ州、シナロア州、ソノラ州、タマウリパス州

「緑色」(16州)南バハカリフォルニア州、バハカリフォルニア州、カンペチェ州、チアパス州、ドゥランゴ州、グアナフアト州、ゲレロ州、ミチョアカン州、プエブラ州、キンタナ・ロー州、サンルイス・ポトシ州、タバスコ州、トラスカラ州、ベラクルス州、ユカタン州、サカテカス州

※在墨日本国大使館の配信メールより。

信号の判定基準は、感染の増減傾向、入院患者の増減傾向、病床利用率、新規感染確定率などを基に判断すると発表されています。

メキシコのオミクロン株の感染者数はラテンアメリカでトップに

メキシコ保健省のロペス・ガテル次官は12月3日、新型コロナウイルスの新変異株オミクロン(Variante Ómicron)による感染が国内で初めて確認されたと発表しました。

その後、メキシコでは 多数のオミクロンウイルス陽性者が確認されており、GISAID(Global Influenza Information Sharing Initiative)の数字によると、ラテンアメリカでomicron変異型の検出数が最も多い国はメキシコだといいます。

メキシコに続いては、ブラジルが373件、チリが327件と陽性が確認されています。

オミクロン株の感染者が多い州は、キンタナ・ロー州、ハリスコ州、プエブラ州、グアナフアト州、ソノラ州です。ナヤリット州では、先週木曜日にオミクロン株の最初のケースを検出したと発表した。そのため、大規模なイベントは中止と発表され、学校はオンラインでの授業に逆戻りになります。

1月20日の新型コロナウイルスの感染者は60,552人ですが、その中で20,552人がオミクロン株に感染しているとの報道もあり、情報錯そうする中ですがオミクロンが広がっているのは事実のようです。

まとめ

メキシコ国内ではまだ感染者が増えています。

連邦政府や州政府の発表も変わってくることもありますので、日々の情報収集に努めましょう。

是非メヒナビの記事のシェアをお願いします!▼

メキシコで働きませんか?

スペイン語を生かしたい…。今いる環境から一歩踏み出したいと考えているあなた。是非メキシコで働きませんか?

メヒナビでは現地の求人情報をお伝えしております。お問い合わせ、紹介はすべて無料。

まずはお気軽にお問い合わせを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
渡邉海也
メキシコシティに留学をしていましたカイヤと申します。スペイン語、アグリビジネス、移民問題をUNAMで学び、空手をメキシコでも稽古をし国際交流、そしてPinbox S.A. de C.V. でインターンという三本立てで生活をしていました。メキシコ滞在を通して感じたことを皆様にシェアできたらと思います。よろしくお願いします!