現役メキシコ在住インターン生が語る、留学ではなく海外インターンをする理由とは⁈

スポンサードリンク



自己紹介
初めまして!現在、大学を休学してメキシコでインターンを行なっている木内義喜と申します。

主観ではありますが、この記事では、僕のメキシコでのインターンで実際に行なっている仕事内容や、仕事を通して得た経験などをお伝えし、少しでも海外のインターンに興味を持っていただけたらと思っています。

 

留学でインターンを選んだ理由

大学ではラテンアメリカ研究会という中南米のスペイン語やポルトガル語といった語学や音楽など文化を学ぶ部活に所属し、元々、中南米には興味を持っており、4年次には中南米に留学へ行こうと考えていました。

いざ、四年次になると、中南米の中でも、日本人への受け入れも良く、今後さらに経済発展していく国であるメキシコに興味を持ち、メキシシコに留学することに決めました。

留学と聞くと、多くの人は、語学学校や大学へ通う生活をすると思います。しかし、僕自身、留学では人と違った経験をしたいと考え、海外でインターンをしようと決めていました。

メキシコでのインターン先を探す中、今まで関心があったデザインの仕事ができる点、スペイン語を使用する機会をいただける点の以上2点から、今インターンをさせて頂いている、PinBox groupでインターンをすることに決めました。

 

 

 

自分のデザインが形になった時の達成感は大きい!

僕がこの会社で頂いている仕事は主にデザインと営業の2つです。

デザインでは、会社が運営するグルメサイト、UmaMiのロゴを用いたステッカーの作成やTシャツのデザイン、チラシ作成などのデザイン関係を手掛けています。

実際に仕事としてデザインを行うのは初めてであり、最初は慣れないことも多く、時間をかけてしまっていたのですが、慣れてくると、仕事も早くなり、多くのデザインを作成することもできました。また、インターンをする前と後で、デザインに対しての考えも大きく変わりました。

デザインとは、自分の作りたいものをデザインをするのではなく、いかに相手のイメージを理解し、それを形に出来るかどうかが非常に重要であると学びました。自分の作りたいものを作るだけではただのアートになってしまいます。なので、デザインはどちらかといえば芸術よりも課題解決に近い考え方です。

また、自分のデザインが形となった時には非常に大きな感動を得ることもできました。慣れるまでに時間がかかる仕事ではありますが、デザインは非常に達成感のある仕事だと思います。

作成したステッカー。自分で企画・デザイン・作成まで行った。

 

[su_heading size=”25″ margin=”60″]メキシコ人が話す本場のスペイン語に驚愕![/su_heading]

営業では主にUmaMiの宣伝のために、様々なお店にチラシの設置をお願いしに回っています。

メキシコ人が実際に話すスペイン語は授業や教科書で習うスペイン語とは話すスピードも使われる表現もまるで違い、最初は非常に戸惑いました。このままでは仕事にならないと思い、次の日からスペイン語を猛勉強。努力の甲斐があり、今では日常会話くらいならば話せるようになり、スペイン語の会話も楽しめるようになりました。

このように、強制的に学ばなければいけない場面に身を投じることで、普通に学ぶ以上の成長ができます。これは海外でインターンをすることの魅力の1つだと捉えています。

 

 

自分次第でよくも悪くもできるのが海外インターン

今紹介した2つの仕事は両方とも、僕がPinBoxでインターンを初めて、はじめて行った仕事です。

どちらの仕事も初めての経験であり、最初は非常に苦戦することも多かったのですが、自分自身が成長できる機会と捉えて努力することで、自ら積極的に学んでいく姿勢を身につけることも出来ました。PinBox Groupでは、このように個人のやる気次第で様々な仕事を任せて頂けます。

勿論、その分、一つの仕事にかかる責任や裁量権も大きく、苦しい時もありますが、全てが貴重な経験であり、やりがいも大きいです。少し、インターンの宣伝にはなってしまいましたが(笑)、僕が考える海外インターンの魅力は自分が考えている以上の成長ができるという点です。

 

上述しましたが、実際に現地の人と日本語以外の言語でコミュニケーションをとることで、強制的に(?)実践的なスペイン語を学べる機会を得られる点はその人の積極性が試される場面でもあり、これは日本でインターンをしていては中々できない経験だと思います。勿論、手を抜こうと思えば、いくらでも手を抜けますが、そこで踏ん張って努力を続けることで、自分が思う以上の成長ができるはずです。(かくいう自分自身もまだまだ成長途中ですが笑)

 

なので、僕は、留学中に「自分が考えている以上に成長したい」「強制的に成長できる場に身を置きたい」と考えている人に海外インターンを強くおすすめします。

いかがでしたか?

今回紹介したのはインターンの一部ではありますが、海外インターンの様子が少しでもお分りいただけましたら幸いです。

苦しいこともありますが、その分、やりがいや達成感も大きく、何より、日本では絶対に味わえない経験なので、少しでも興味がある方はぜひ挑戦してみてください!!

 

メヒサボ
木内さんはインターンだからこそ他ではできない経験をたくさん積み、その結果予想を超えた成長をしているとのこと。う~ん、かっこいい!

 

木内さんのインターン先はこちら

メキシコベンチャーでのインターンシップ限定募集!※終了しました

2018年6月20日

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Pinbox編集班

メキシコシティのジョイントベンチャー。日本食検索サイトUmaMiの運営、イベント開催と日本文化を広げる活動は多岐に渡り、会社のミッションは「世界の日本をデザインする」。そんなパワフルなベンチャー企業から、「働く者」としての視点からメキシコを皆様にお伝えしていきます。