【コロナ最新情報】7月第2週の経済活動再開に向けて。メキシコシティはオレンジ色、グアナファト州は赤色

駐在員の奥様に人気!CEPE POLANCO(セペ ポランコ)校を紹介!落ち着いた雰囲気でスペイン語を学ぼう!

7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年7月6日現在、感染者は261,750人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第2週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わった一方、グアナファト州は再び赤色に。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】7月6日~7月12日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

CEPEはPolancoにもあります。大人のメキシコ留学にいかが?

せっかくメキシコにいるならスペイン語を学びたいと思っている方は多いのではないでしょうか。
しかし、メキシコの語学学校の情報はあまり多くなくて学校選びには苦労すると思います。

私はメキシコシティの複数の語学学校で体験レッスンを受講し、実際に3校のスペイン語学校に通っていました。

そこで今回はインターン生としてメキシコで働く私が現在通っているCEPE POLANCO(セペ ポランコ)校を紹介します!
その他の2校についても別の記事で紹介したいと思っています。

今回紹介するCEPEのPolanco校。UNAMにあるCEPEが実はPolancoにもある。

セペ ポランコ校のここがいい!

充実のカリキュラムで安心して学べる

メキシコシティで一番多くの語学留学生が集まるのは、CEPE UNAM校です。

メキシコ最大の語学学校のCEPE(セペ)への留学は魅力がたくさん!セペの魅力を完全解説!

他の記事でも紹介されていますが、日本の交換留学生も多く在籍しているほか、多くの国から若い学生が集まっています。

というのも、UNAMはメキシコ国立自治大学というメキシコでもトップの公立大学で、その外国人向けの機関がCEPE UNAM校です。

そのため、一定のレベルに達すれば、大学の授業も聴講することが可能になります。
独自の教科書を使い、文法などを丁寧に教えてくれるので、留学生からの評判も高いです。

CEPE POLANCO校はUNAM校の分校にあたるので、同じカリキュラムでスペイン語を勉強することができます。

また、規模はUNAMのCEPEよりも小さいことがポイント。

ゆったりとした雰囲気でしっかりスペイン語を学ぶことができるのです。

授業のクオリティーが間違いなく高いのは安心ですね。

セペ ポランコ 教科書
セペ ポランコ校の教科書。UNAMと同じです

POLANCO校では基本的にレベルが7段階に分かれており、授業の申し込みに学校に行った日にクラス分けテストを受けます

また、コース最終週にもテストがあり、一定の点数以上を取ると次のレベルに進級することができます。

個人の都合に合わせた勉強プランを組める

UNAM校は多くの留学生を対象にしているため、毎日朝からびっちりと授業があります。

それに対してPOLANCO校ではニーズに合わせた3つの授業頻度の異なるプランがあり、プランごとに朝と夕方に分かれています。

3つのプラン

1.Intensivos(6週間)
月曜日~木曜日で17:00~19:30の夕方のプランになります。
※夏季限定で短期集中の5週間のプランがあります。
授業スケジュールはUNAM校とほぼ同じで月曜日~金曜日の9:30~12:30となります。

2.Trimestrales(8週間)
月曜日、水曜日、金曜日の週3回で10:00~12:30のプランです。

3.Semestrales(15週間)
火曜日、木曜日のみ10:00~12:30の午前中に授業があります。

このように複数のプランが用意されているので、個々人のニーズや勉強の仕方に合わせて授業を取ることが可能です。

それがPOLANCO校の1番の特徴になります。

ちなみに私はインターン生として働く時間と勉強する時間を両方しっかりと取りたいので、8週間のTrimestalesというプランを受講しています。
UNAM校では毎日の午前中の授業に加え、サルサダンスなどメキシコカルチャーにスポットを当てた授業が午後に用意されているようです。

とても興味がありましたが、私は時間の関係上POLANCO校を選択しました。

ポランコは落ち着いた雰囲気とメキシコシティの中心に近い立地

POLANCO校はメキシコシティのポランコ地区にあります。

ポランコ地区はメキシコシティの中でも近年再開発が行われた地域で、多くの商業施設や高級マンション、有名企業のオフィスが立ち並んでいます。

そのため、UNAM校では若い学生が多いですが、POLANCO校では働きながらスペイン語を学ぶ大人や主婦の方が多く通っていて、比較的落ち着いた雰囲気になっています。

特にポランコ地区に住んでいる駐在外国人の主婦は、午前中にお子さんが学校に行っている間にスペイン語を勉強できるということで人気になっています。

実際に通ってみて

私はレベル4のクラスに現在通っていますが、クラスの人数は7人。

だいだい1クラス8人ほどが平均の人数みたいですが、レベル1やレベル2などの初級の場合はより人数が多くなるようです。

国籍はアメリカ、ドイツ、ポルトガルなどばらけていますが、時期とレベルによっては日本人や韓国人などのアジア系の学生が多いとも聞きました。

施設自体は大きくはなく、教室は全部で10室くらいだと思います。

しかし、それぞれの教室にプロジェクターなどの備品がきちんと完備されていて、勉強しやすい環境が整っています。

私はスペイン語のボキャブラリーが少ないので、授業に慣れるまでに時間がかかりましたが、今ではクラスメイトとスペイン語で普通にコミュニケーションが取れるようになりました。

恥ずかしがらずに、分からないところは積極的に先生に質問することが大切だと思います!

学校情報詳細

  • 場所:Calle Hipólito Taine 246, Polanco, Polanco V Secc, 11560 Ciudad de México, CDMX
    (メトロ・ポランコ駅から徒歩5分、もしくはチャプルテペック駅からバスで10分)
  • 料金:1コース7900ペソ(初回の申し込みの場合)1コース7500ペソ(2回目以降)
    ※料金はUNAM校よりも安くなっています。
    ※カード払いのみ
    ※教科書650ペソ(現金のみ)

スケジュール:下記のリンクから年間スケジュールを確認してください。
http://www.cepepolanco.unam.mx/Calendario-2018.pdf

※時間帯も指定されているので気を付けてください。

クラスの申し込みはクラススタートの1営業日~2営業日前になっていることが多いです。

その際、パスポートとクレジットカードを忘れないようにしてください。

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です