留学終了!「一年間のメキシコ留学」を振り返って私が得たもの

スポンサードリンク



メキシコ留学を通して私が感じたこと

こんにちは。昨年2017年8月から今年2018年の7月末まで1年間メキシコに留学していました、まそん (máscara-sonrisa)です。

今回は、私の一年間のメキシコ留学について、体験談&感想を述べていきます。

形としては、ほぼ語学留学

CEPEもある、UNAMのメインキャンパス、Ciudad Universitaria(大学都市)の様子。

私は「日墨戦略的グローバルパートナーシップ研修計画(以下、「日墨研修」)」というプログラムの「スペイン語・メキシコ文化コース」の研修生としてメキシコに来てました。実際には、メキシコシティのUNAMにある語学学校CEPEにて8ヶ月間スペイン語クラスを受講し、その後UNAMの学部の授業を1ヶ月ほど聴講していました。

読んでわかる通り、メキシコにて(ほぼ)語学留学をしていたわけですが、8ヶ月間語学コースを受けることでスペイン語文法やメキシコ・スペイン語の言い回し等をしっかり身につけることが出来たかな、と思います。

渡墨前のスペイン語は独学で身に付けたものだったので、どうしても話す・書くの技能が弱点になりがちだったのですが、CEPEの授業と日々のスペイン語会話&メキシコでのメールやメッセージのやり取りによって、上記2技能も含め、渡墨前よりも実践的なスペイン語能力が身に付いたように感じています。

(勿論、「ああ、自分のスペイン語はまだまだだな。」と痛感する時がしばしばあるので、これからも勉強し続けなければ、とは思っています。)

また、CEPEでは平日の午前にスペイン語の授業を受講し、午後には選択の授業を取っていました。午後の授業では、メキシコの文化や芸術に関する授業を取ることが多かったです。

自分の興味関心のために模索する日々

語学留学だったので、学部で授業を受講するのに比べて「最低限やるべきこと(宿題や調べ物等)」にかける労力が少ない分、自分の好きな活動に充てられる時間が多かったです。

その為、主に以下の2つのことに興味を抱き、時間があれば・隙があれば情報収集をしたり、イベントに駆けつけたりしていました。

チアパス州の州都、Tuxtla Gutiérrezのレストラン・Las Pichanchasでの民族舞踊ショーの様子。写真は、Las Chiapanecasという曲の時のもの。

1つは、メキシコ民族舞踊です。

先述したCEPEの午後の選択授業でDanza Tradicionalの授業を受講したのをきっかけに、メキシコ民族舞踊の魅力にどハマりしました。それ以後、メキシコシティ内外で開かれているワークショップを受講しに行ったり、様々な地域の民族舞踊の公演を観に行ったり、Danza UNAMという機関が開講している週一の民族舞踊クラスに参加したりしていました。

今もなおメキシコ民族舞踊が大好きで、魅了され続けているので、日本に行った後も、情報収集と振付を学ぶことは続けていきたいと思っています。

2018年5月にメキシコシティで開催された、7a Expo de los Pueblos Indígenasの様子。

民族舞踊の他に、「メキシコ国内にて先住民文化に関する活動を行なっている団体」についても興味を抱いていました。

メキシコ渡航前より、メキシコ国内の先住民の人々によって築かれた多様な文化について興味を持っていて、また色々な国・地域の先(原)住民文化の保護、もしくは先住民文化を活かそうとする活動を行う団体にも関心があった為、メキシコ国内のそのような団体についても知りたいと思っていました。

具体的に行っていたことは、先住民文化に関する催しの情報を積極的に得るようにし、実際に催しに足を運ぶというものです。催しに行くことで様々なグループの存在及び活動を知ることができ、催しに行かねければ知らなかったであろう、色々な情報を得ることが出来たように思います。

留学中に経験したことのアウトプット

日墨研修の目的として、「日墨両国の関係強化に貢献出来るような人材の育成」(詳しくは日墨研修の募集要項をご覧ください。)が掲げられているように、日墨生はこの研修参加をした上で、何かしらの日墨間の関係強化に繋がるようなこと(アウトプット)をしなければなりません。

「大学院修士課程への進学とその後の研究をもって、日墨間の関係強化に貢献したい。」と当初は考えていたのですが、留学中に考えが変わり大学院進学はしないことになり、その代わりにブログでメキシコの情報発信をしていくことにしました。

日本語で書かれたメキシコに関する情報は、他地域に比べるとまだまだ少ないのが現状です。(扱われている情報ネタが幾つかの物事に集中していて、「日本語で書かれたメキシコ情報として、紹介して行きたいこと・まだまだ掘り下げられてないことが沢山あるなぁ。」としばしば思います。)そのため、日本語で書いたメキシコ情報をブログにて紹介することも、この研修目的に適っていると思い、少しずつ行っています。

メヒナビへの寄稿も、このアウトプットの一つ。

個人のブログ「Vida México!」「旅考人/踊り人・まそん(máscara-sonrisa)の野帳 ~Travel, Think, Dance and Discover~」(*ブログ引っ越しました。)でも多少は記事を書いたのですが、振り返ってみると留学中はあまり更新できず、その一方でブログで扱いたいことは日に日に増えていったため(メモ書き段階や途中書き段階で止まっている草稿が溜まりに溜まっています。。。)、これからガツガツ書いていきたいと思ってます。

留学後のこと

学部4年の後期を残して留学していたので、まずは、帰国後卒業論文を書いてさっさと学部を卒業したいと考えています。就活は学部卒業後に行うつもりです。

メキシコに戻って来たい気持ちもすごくあるのですが(出来ることならメキシコにずっと残っていたいくらいでした。)、学部卒業後どのようにしてメキシコへ帰ってくるかについては、現地就職、日本の企業に就職してメキシコに赴任、その他のメキシコで生活していく術を身につける、等々の方法を視野に入れつつ、色々模索中です。

———-

以上、まそん(máscara-sonrisa)の一年間のメキシコ留学の振り返りでした。

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まそん(máscara-sonrisa)

日墨戦略的グローバルパートナーシップ研修計画 第45期に参加していた(いわゆる日墨生だった)、まそん (máscara-sonrisa)です。現在は日本で生活をしながらメキシコ関連のテーマでブログ記事を書いたり(個人ブログ、メヒナビ他)、メキシコ民族舞踊の披露等を行なっています。年中無休でメキシコが恋しいです。