メキシコシティの水族館はすごかった。大満足!Acuario Inbursaに行ってみよう!

スポンサードリンク



内陸のメキシコシティにも水族館あります!

こんにちは!内陸にあるメキシコシティ、魚を見る機会、食べる機会ってそうはありませんよね。しかしそんなメキシコシティにも1つだけ水族館があるんです!

先日、メキシコシティ唯一の水族館、インブルサ美術館に行ってきましたのでその模様をリポートしたいと思います!

ACUARIO INBURSAの概要

その水族館の名前は、ACUARIO INBURSAと言います。

2014年6月にオープンしたこの水族館、ポランコ地区にあり、soumaya美術館やplaza carso の近くにあるんです。最寄り駅はメトロのLinea7のPolanco駅かSan Joaquin駅から徒歩もしくはぺセロ、もしくはコンボという乗り合いのバスが走っていますのでそれでも来館できます。

実はこの水族館、ラテンアメリカ最大級の水族館で、中には300種の海洋生物が展示されています。

入場券は事前に買うこともできますし、当日買うこともできます。大人は195ペソです。(オープン当初は125ペソでしたが現在も順調に値上がり中)

メヒサボ
チケットをオンラインで購入した人は必ず入場証を印刷してから来館してくださいね!

水族館の中身大公開!

まず水族館に入るとエレベーターで地下3階まで降り、そこからスタートし、地上に上がっていく構造で、大水槽やトンネルを通して多くの魚を見ることができます。まずおりたら大きな水槽が!

入館して一番最初に見る魚はサメ!インパクト大きい!

水族館に入って一番最初に見る水槽の中にはサメも!!多くの魚が展示されてました。

日本の水族館とは少し異なり、カラーのライトがあてられて少し幻想的。

トンネル型の水槽もあります。少し座るようなスペースも用意されていていいるのか、座っているメキシコ人が多くいました。

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です