【新型コロナ最新情報】7月第1週の経済活動再開に向けて。メキシコシティとグアナファトの対応まとめ

【緊急】熱帯暴風雨「タラ(Tara)」の接近に伴う注意喚起

7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年6月29日現在、感染者は220,657人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第1週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わり、経済活動がより活発化していきます。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】6月29~7月5日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

大使館より注意喚起の情報です。

近隣にお住まいの方はご注意ください。


2018年10月16日
【ポイント:太平洋上に熱帯暴風雨「タラ(Tara)」が発生し,ハリスコ州,コリマ州及びミチョアカン州太平洋沿岸に熱帯暴風雨警報・注意報が発出されました。周辺に居住・滞在されている方は,十分な注意をお願いします。】

●米国立ハリケーンセンターの発表によれば,太平洋上で発生した熱帯暴風雨「タラ(Tara)」は,10月16日午前10時(メキシコ市時間)現在,マンサニージョの南南西50キロの海上付近を北北西に向け2キロ/時で進行しております。最大風速約21メートル/秒,中心気圧1001hPaとなっていますが,今後更に勢力を強めると予想されています。
現在,以下の地域に警報が発出されています。

○熱帯暴風雨警報:  Manzanillo ~ Cabo Corrientes

○熱帯暴風注意報: East of Manzanillo ~ Punta San Telmo

熱帯暴風雨「タラ(Tara)」の進路周辺に居住,滞在されている方は,その動向に注意を払い,その接近・通過時には十分な注意をお願いします。

(問い合わせ先)
在メキシコ日本国大使館
住所:Paseo de la Reforma No. 243, Torre Mapfre Piso 9, Col. Cuauhtemoc, C.P. 06500 Mexico, Ciudad de Mexico.
Tel:+52(55)5211-0028
Fax:+52(55)5207-7030
メール:ryojibu@me.mofa.go.jp

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です