【新型コロナ最新情報】7月第1週の経済活動再開に向けて。メキシコシティとグアナファトの対応まとめ

【絶景】レオンにて国際バルーンフェスティバル2019が11月15日から開催!

7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年6月29日現在、感染者は220,657人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第1週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わり、経済活動がより活発化していきます。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】6月29~7月5日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

皆さんこんにちは!グアダラハラ留学中のリエです。

今回は「レオンといえばバルーンフェスタ!」と言われるほど有名な、年に1度レオンで行われる気球の祭典、

国際バルーンフェスティバル2019(Festival Internacional del Globo 2019)について紹介していきたいと思います!

国際バルーンフェスティバルってどんな祭典??

国際バルーンフェスティバルは、毎年11月にレオンのメトロポリタン公園で行われる気球の祭典で、25か国から200以上もの気球が午前6時から一斉に上空に放たれます。

早朝からフェスティバルが始まるため、前日の晩から公園内にテントを張ってキャンプを行うこともできます。

今年で18回目を迎えるこの祭典は、世界各地から50万人以上の観光客が来場すると予想されるほどの国際規模のフェスティバルとなっています。

また、当日は、音楽のコンサート・ワークショップ・文化作品の展示など、気球の飛行以外にも様々なイベントが開催されるので1日中楽しめること間違いなしです!

今年度の詳細

場所:Parque Ecologico Metropolitano de Leon

期間:2019年11月15日~18日 午前6時~午後9時

費用:1日1人あたり143ペソから(プランにより変わります)

どうやって参加するの??

入場チケットがあれば、フェスティバルに参加することができます。

事前にWebサイト上で購入するか、またはレオン市内にあるOXXO(コンビニエンスストア)で購入することをお勧めします!

メヒサボ
ツアーでの参加もできますか??

多くの旅行会社がチケット込みのツアーを組んでいるので、そこから参加するという方法もあります。インターネットやFacebookページからツアーを探すことができます。

特に、レオン市外から訪問する際は、会場まで道のりでかなりの交通渋滞が予想されるため、旅行会社のバスツアーで参加することをお勧めします!

まだ空きのあるツアーもあるので、気になる方は是非探してみてください!!

メヒサボ
気を付けたほうがいいことはありますか?

フェスティバルが始まる午前6時は、メキシコとはいえ、かなり冷え込むので防寒対策をしておいたほうがいいと思われます。また、会場が公園なので携帯電話のモバイルバッテリーを持っていくことをお勧めします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

世界各地からだけでなくメキシコ各地からも多くの人が訪れる国際バルーンフェスティバル。早朝の空に放たれた200以上もの気球に感動すること間違いなし!年に1度の祭典に行ってみませんか??

フェスティバルの詳細やコンサート情報など、公式ホームページも是非チェックしてみてください!!

写真引用:dondeir.com

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です