【コロナ最新情報】7月第2週の経済活動再開に向けて。メキシコシティはオレンジ色、グアナファト州は赤色

直説法現在の活用とTenerの詳しい使い方!【5分で分かるスペイン語文法②】

7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年7月6日現在、感染者は261,750人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第2週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わった一方、グアナファト州は再び赤色に。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】7月6日~7月12日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

今日のテーマ:直説法現在・動詞tener 

 今回も、前回に続いて2人がメキシコ旅行の計画を練っているようです。

 今回中心に見ていく文法事項は「直説法現在・動詞のtener」です。

 どちらもスペイン語を使う上で基本なので、しっかりみて行きましょうね!

基本例文

①Tengo un bolígrafo.(私はボールペンを持っている)

②¿Cuántos años tienes? Tengo dieciocho años.(君、何歳? 18歳だよ)

③Tengo sed. Tengo calor. Tengo hambre.(喉が渇いた、暑い、お腹が空いた)

Tenerの使い方

朝ごはんを食べてから結構時間が経ったなぁ。

お腹が空いてきちゃった。

そういう時、スペイン語でなんていうか知ってる?

知ってるよ!

 Tengo hambre. でしょ!

そうそう!

でも、「tengo」っていうのは何?「hambre」は?

「tengo」は「持つ」を意味するスペイン語「tener」の直説法現在、一人称の活用、「hambre」は「空腹」を意味する名詞。

tengo hambre. は直訳すると(私は)空腹を持っている=お腹が空いた、というイメージ。後で詳しく説明するけど、スペイン語は動詞を主語によって活用するから、ぶんにおいて主語をわざわざ言わないことが多いんだ。

知らなかった!

直説法現在というのは、動詞の形のこと?

スペイン語に活用がたくさんあるのは知ってるけど、全部覚えなきゃいけないのかな?

大変だなあ・・・

直説法現在・tenerって?

確かに習い始めの頃は沢山覚えなくちゃいけなくて大変だよね

でも、しっかり理解してから覚えれば、覚えるのも早いと思うよ!

直接法現在はあらゆる動詞の基本となる形。 

その字面通り基本的には現在のことを言いたい時に使います。しかし、他にも

  1. 未来の事柄や申し出
  2. 現在までの継続

も、表せます。たとえば、

そういえば、旅行の計画を立てなくちゃ。何時頃カンクンにつく?

ここでも、直説法現在が使えるよ。

¿A qué hora llegamos a Cancún?

というように、現在のことのみならず、未来にことも表せるんだ。

スペイン語を使う上で、直説法現在んがとっても大切、ということが分かって頂けたでしょうか。

それでは今回は直説法現在の、規則動詞をマスターしちゃいましょう!

ここで活用表を登場させるのですが、その前に。スペイン語の動詞の活用って何?というところを見ておきましょう。

スペイン語は、主語によって動詞が変化します。そのため、一つの動詞を覚えた!と言えるのはこの活用が言えるようになってから。。。

主語は、以下の通りです!

ラテンアメリカでは君達、を示すvosotrosを使用せず、ustedesを代わりに使用したり、地域によっては二人称vozというまた別のものがあり、活用も別にあったりします。

それでは早速、規則活用の活用表を見てみましょう!

最後の部分が「arで終わるもの・erで終わるもの・irで終わるもの」で分類でき、基本的にはこの規則に乗っとって活用します。(例外は不規則活用、と言います。これは何度も唱えて覚えるしかないです…!)

【規則活用動詞の例】

arで終わるもの

andar(歩く),ayudar(助ける),buscar(探す),esperar(待つ)

erで終わるもの

beber(飲む),correr(走る),leer(読む),vender(売る)

irで終わるもの

abrir(開く),escribir(書く),decidir(決める)

それでは、会話に出てきた動詞tenerを使ってみていきましょう。

残念ながらtenerは規則活用動詞ではないので、上の表に当てはめることができません泣

活用は以下の通りです!

■tener (直説法現在)の活用

TENER単数複数
1人称tengotemenos 
2人称 tienestenéis 
3人称tienetienen

ちなみに主語の説明の後に少し触れたのですが、上に挙げた表の活用はスペインでの活用で、中南米ではtenéisは使用しないなど、地域間で異なります。

スペイン語は一つの国だけでなく沢山の地域で話されている言葉なので、こんな違いがあるんですね。

tenerは色々な表現に使える本当に便利な動詞です。詳しく見て行きましょう。

ただ何かを「持っている」という時に使えるだけではなく、お腹がすいてた、喉が渇いた、暑い、寒い、といったことを表せちゃうとっても便利な動詞なんです!

①〜を持っている

② 歳を表せる

③感覚を表せる

など。他にもあるのですが、今回は基本的な上の3つについて、しっかり覚えていきましょう。マルティンが例文を挙げてくれるみたいです!

実際に使ってみよう!

Tengo un bolígrafo.

(私はボールペンを持っている)

¿Cuántos años tienes? Tengo dieciocho años.

(君、何歳? 18歳だよ)

Tengo sed. Tengo calor. Tengo hambre.

(喉が渇いた、暑い、お腹が空いた)

すぐに使えそうだね!

すっかり忘れてたんだけど、メキシコ旅行の計画を立てなきゃ!

ああ、そうだった!

でも先にご飯を食べよう!次回、しっかり予定を立てよう!

まとめ

今回は、動詞tenerと、動詞の直説法現在について学びましたね。

活用に関して、不規則なものも多く、どうやって覚えるんだ!!と、スペイン語を学習し始めた時は思うかもしれません。

私も個人的で暗記は大嫌いなので(笑)、やだなあ、と憂鬱な気持ちになっていたのですが、初めて出会う動詞の活用を調べて、とにかく使っていくと覚えられると思います!

Photo by Justine Camacho on Unsplash

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です