【FERIA DE LEON 2022】もうすぐ開催!年に1度のイベント・レオンの FERIA に行ってみよう

1月14日~2月9日の間、レオンでは年に一度の超大型イベント

FERIA ESTATAL DE LEON 2022 が開催されます!

レオンにお住まいの方の中では、ライオン型のメリーゴーランドに乗った女の子が描かれた

ポスターや垂れ幕を街中で目にしている方も多いはず。

昨年はコロナパンデミックの影響もあり、夏に開催が延期されましたが、

本来なら毎年この時期に行われる年に一度の大イベントです。

今回は昨夏に行われたフェリアの様子を振り返りつつ、

お勧めのブースやグルメを紹介していきたいと思います!

FERIA ESTATAL DE LEON 2022ってどんなイベント?

FERIA(フェリア)とは、元々はスペインの各街で制定されている

キリスト教の聖人SANTO(サント)の日を祝うお祭りです。

どの街でも大体1週間程の間、宗教的行事に加え屋台やショー等を開いてお祝いされています。

メキシコでは宗教的お祝い要素は薄れ、各地の名産品を販売したり、地元のグルメ屋台が出たり、はたまたコンサートやショーが行われたりと、商業的な部分が強くなっています。

どこで開催されるの? 

レオン南部にある大型展示会場・POLIFORUMとサッカー(ESTADIO LEON)の近くにある、フェリア特設会場(FERIA ESTATAL DE LEON)で開催されます。

https://goo.gl/maps/BpSrGDVzj4tsKV9W7

アクセス手段は?近くに駐車場もある?

公共交通機関ならレオンの市バスOPTIBUSの停留所・POLIFORUMが最寄です。

会場周辺には大きな駐車場も完備してるので、マイカーでの来場も可能です。

※POLIFORUMの駐車場は25ペソ/時間で利用可能。

会場周辺には70~100ペソ/日の駐車場も点在しています。

入場料はいくら?

大人は12ペソ(約70円)、身長140㎝以下の子供は無料です。

月~水曜日の午後1時以降は、遊園地やショー鑑賞代を含む特別チケット70ペソも販売予定だとか。

コロナウイルス感染対策はどうなっているの?

入場者へのマスク着用義務化や入場時の体温測定・アルコールジェルを用いた手指の消毒、1.5M以上のソーシャルディスタンス確保などの措置が取られています。

またFACEBOOKの情報によると、来場者の中からランダムに人を選び、

簡易検査を受けさせる取り組みも行われるとの事。

現在の爆発的なコロナ感染拡大を受け、入場時のワクチン接種証明書の提示

FERIAの中止を求める声も上がっていますが、現時点では未確定です…。

野外遊園地にコンサートも!エンタメ要素が盛りだくさん

無料で楽しめるエンタメが沢山!

フェリアでのお楽しみといえば、まずは無料で楽しめるエンタメの数々

野外ブースでは、あちこちでバンド演奏様々なショーなどが行われています。

昨年のフェリアでは、土日にルチャリブレ(メキシコ版プロレス)の興行も無料で見られました!

タイムテーブルは入口付近で配布されているパンフレットや、

公式ホームページ・公式FACEBOOKをチェックしてみてください。

大人も童心に帰る!?移動遊園地も

広ーいフェリア会場の奥側 1/3 は移動遊園地になっています。

子供用のメリーゴーランドやゴーカートを始め、スリル満点のジェットコースターや、本格派お化け屋敷なども。(知り合いの話によると、大人でも泣き出す人がいるほど怖いそう…。)

スリリングなアトラクションが揃ってます!!


こちらはチャージ制のカードを購入し、各アトラクション毎でチャージしたお金から料金を支払
うシステムになっています。

乗り物系の他にも、ストラックアウトや射的などのゲームで景品を狙うのも楽しみの1つ。

ぬいぐるみやお菓子だけでなく、現金が商品になっているゲームもあったりします…。

プチ競馬のようなレースゲームには人だかりが!!

コンサートなどは事前予約が必要!

夜には会場内にある2つのドームでコンサートも行われています!

今年の目玉は何といってもメキシコで大人気のランチェラ歌手・ALEJANDRO FERNANDEZ

また今年は氷のイリュージョンショーサーカス・闘牛の興行もあるのだとか。
チケットは有料で、公式ホームページ等で事前購入可能です。

座席ランクや出演者等によって、金額が変わるので購入時には要チェックです。

今年のラインナップはこんな感じ。目玉は2/4-5のALEJANDRO FERNANDEZ!

行ったら必ず試してほしい!名物グルメ2選

GORDITAS DE TARASCAS (ゴルディータ・デ・タラスカス)

ボリュームたっぷりの一品からご紹介!

GORDITA(ゴルディータ)とは、トウモロコシ生地(マサ)を丸めて揚げたものを半分に切って、

色々な具材を詰めたメキシコでは定番のスナック。

ですが GORDITAS DE TARASCAS(ゴルディータ・デ・タラスカス)は普通とは一味違います。
なんといっても特徴はそのボリューム感!

豚の皮付肉の煮込(chicarron prensado)やチーズを中に詰めてから丸めて揚げているので、

1 つが拳骨ほどの大きさなのです…。なので1つ食べれば大満足!
提供時には上の写真のように半分に切って、玉葱やパクチー、サルサ(ソース)を載せてくれます。

特に有名なのが下の写真の屋台です!土日の夜には行列ができることも。

黒い垂れ幕にニコちゃんマークが目印です!

PAN DE SOYA (パン・デ・ソヤ)

フェリア会場やその周辺ではやたらとパンの屋台が出るのです…。(しかも大体同じラインナップ)

どの屋台も垂れ幕の色使いがド派手です…。

そんな中、レオンっ子が「フェリアといえばコレ!」と毎年買うのを楽しみにしているのがPAN DE SOYA(パン・デ・ソヤ)
元々はドゥランゴ州の名物で、生地の中に大豆粉が練りこまれていることから

「大豆パン」の名前がついています。味は大豆感が全くないので、豆が苦手な方でも大丈夫!
甘酸っぱいジャムが練りこまれたパンに、クッキー生地が乗ってとても美味しいです。

見た目は素朴だけど、味は格別!


フェリアの出口付近にお店があるので、お土産代わりに買って帰るお客さんでいつでも大行列。
1 個が超巨大サイズなので、ご近所さんや会社の方と分けて食べるのがお勧めです。

朝11時半の時点で、焼き上がりを待つ人だかりが…!夜には更に長い行列が。

地産地消!グアナファトの名産品が揃うショッピングエリアも

掘り出し物もあるかも!? グアナファト州の名産品ブース

イベント会場に隣接する展示会場 POLIFORUM では、地元の名産物や

洋服、雑貨類、本などが販売されるショッピングブースが設けられています。

革製品や靴の生産が盛んなレオンならではのお店も。

私は革のポシェットを買いました!お値段150ペソ(約900円)


日本人に人気のセルビン焼きや、メキシコの名酒・テキーラを販売するブースもあり、

日本に一時帰国する前のお土産探しにもピッタリです。

世界各地の名産品に出会えるブースも

昨年は入口付近に世界各地のグルメや伝統芸能を紹介するブースもあり、

モロッコ式のコーヒーを入れる実演販売や、フラメンコの実演が行われていました。

日本ブースではお好み焼きの販売や、和食に関するビデオを流していた事も。

中南米諸国だけでなく、ウクライナやシリアなどマイナーな国の出店も。

いよいよ14日からスタート!感染対策は万全に!

今年は乾季の時期の開催となるので、悪天候に悩まされることもないはず。

(夏開催時は夕方から大雨が降って、野外ブースが水浸しになったことも…。)


皆さんもコロナウイルス感染対策は万全にして、

思い思いのプランでフェリアを楽しんでみてくださいね!

公式サイトが推奨する3つの感染対策は必ず守りましょう!
(マスクの着用・手指の消毒・施設内での食べ歩き禁止)

おまけ写真・2022年のフェリアに(ちょっとだけ)行ってきた!

人混みを避けるために、朝一(11時半くらい)で行って、1時間ほど滞在してからすぐ帰ってきました。

昨年と比べるとショッピングエリアが広くなり、飲食エリアもテーブル間のスペースにゆとりが。

一方で野外のバンドステージ数が減ったりと、人を一か所に集めない工夫がされていました。

今年のポスターモチーフがかたどられた都市名モニュメントがお出迎え。
今年は出入口のところにもアトラクションが!
お昼ごろから徐々に混んでくるので、朝一番の来場が無難かと。
MEXINAVI編集部

フェリア会場からレオンの中心部はすぐ近く!帰り際に観光もできちゃいます。

日系企業が多く進出しているからか、レベルの高い日本料理店もたくさん!

是非メヒナビの記事のシェアをお願いします!▼

メキシコで働きませんか?

スペイン語を生かしたい…。今いる環境から一歩踏み出したいと考えているあなた。是非メキシコで働きませんか?

メヒナビでは現地の求人情報をお伝えしております。お問い合わせ、紹介はすべて無料。

まずはお気軽にお問い合わせを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。