オアハカ在住者が本気でおすすめするコーヒー天国オアハカでのカフェ巡り!

スポンサードリンク



こんにちは、実はコーヒーより紅茶派の筆者です。
(なのでコーヒーについてはそれほど詳しくありません…)

友達とお喋りしたり、ちょっと勉強したりする時にカフェって便利ですよね。
美味しいドリンクやスイーツがお供なら、最高の時間を過ごせそう。
実はオアハカ、メキシコでも有数のコーヒーやチョコレートの産地として有名なんです!

今回はオアハカ市内で、ご予算20~50ペソで楽しめるカフェ大特集!
筆者のような紅茶派も満足できて、長居もOKなオシャレカフェをご紹介します!

メヒサボ
カフェで注文する時は、ノブシートさんの動画も参考にしてね!
特集ページはこちらから!

 

Cafe Brújula (カフェ・ブルフラ)

オアハカ市内に6店舗を構えるチェーン店。
コーヒーのみならず、お茶やスムージー、スイーツも比較的お手頃価格で頂けます。

自慢のコーヒーはオアハカ各地から集まった、オーガニックで日陰栽培のコーヒー豆を自家焙煎。

筆者がいつも注文していたのはTé negro fríoの砂糖抜き。
日本で飲むストレートティーと変わりないので、スッキリした味が恋しくなった時にどうぞ。

6軒ある店舗の中でも特にオススメなのは、Alcalá通りのソカロ付近のお店。
入口奥に中庭を囲むようにテーブルが設けられていて、爽やかな雰囲気の中滞在できます。

インテリアが素敵な中庭はこんな感じ。
引用:cityexpress

 

カウンター脇には、イベントのポスターが集まっているので要チェック!

長居しても怒られないので(最終閉店は22:00)、筆者は勉強用にこの店舗を使ってました。
もちろんwifiやコンセントも完備されています。

通りに面した入口を入って、すぐ左が注文スペースです。
先に奥の中庭にある席を確保してから、オーダーするとスマート。

 

長期滞在者には嬉しい、スタンプカード制度もあります。
1回の利用で1個スタンプが貯まり、10個貯まると好きなドリンクと交換が出来ます

お店情報

営業時間:月~土 AM7:00~PM10:00
日   AM8:30~PM9:00

アドレス:Calle de Alcalá 104,Centro Oaxaca
(今回オススメした店舗のアドレスです。他店の住所はHPからチェック!)

お店の公式ホームページはこちらから!

 

Cafe Blasón (カフェ・ブラソン)

オアハカ市内では2店舗を構える、コーヒーの専門店。
オアハカ産の『プルマ』と呼ばれる品種の他にも、メキシココーヒーの名産地・チアパスやベラクルス産のコーヒーも揃っています。
産地毎のパックやお店オリジナルのブレンドコーヒーもあるので、コーヒー好きへのお土産をここで購入するのはいかがでしょう。

このパッケージを見たことのある留学生もいるかも・・・?

こだわりのコーヒーは、特注品の大きめカップ(オアハカ産の赤い素焼きBarro rojoです)でサーブ。
また、色々なナッツやカヘタ(ヤギ乳で作ったキャラメル)のシロップを選べるフラッペの種類が豊富です。
お値段は40〜50ペソと少し張りますが、自分へのご褒美に飲みたい一品です。

クリームがたっぷり乗ったフラッペ。
(引用:igx.4sqi.net)

店先にディスプレイされているケーキの数々も絶品で、特にチーズケーキがオススメ。
オアハカのチーズケーキは、チーズの風味が濃くてズッシリ重めな食感が特徴です。

勉強用にピッタリなのは、García Vigil通りにある店舗。
通りに面した側にカウンター席、その奥にテーブル席・ソファー席があります。
各席でオーダーし、帰りにカウンター脇にあるレジでお金を支払うシステムです。

カウンターに並ぶ、コーヒーの数々は圧巻!
(引用:que hacer en oaxaca)

お店情報

営業時間:月~土 AM8:00~PM10:00 (日曜は休み)

アドレス:Calle de Manuel García Vigil 409,Centro Oaxaca
(今回紹介した店舗のアドレスです。他店のアドレスは公式HPをチェック!)

お店の公式ホームページはこちらから!

 

 

Café los Cúiles (カフェ・ロス・クイレス)

サント・ドミンゴ教会から歩いてすぐ、M.Bravo通りにあるオシャレカフェ。
通りに面した入口を入って左に、お店のカウンターがあります。

フリーダ・カーロが真ん中に描かれた看板が目印。

こちらはコーヒーに加えて、朝8時~昼くらいまで提供されるブランチが絶品です!
どのプレートもボリュームがあり、フルーツサラダや搾りたてオレンジジュース、食後のコーヒーまで付いて70~80ペソほどで食べられます。

手前はEnfrijoladas(トルティーヤの豆ソースがけ)。
奥は野菜たっぷりのオムレツ。パンも付いてきます。

Entomatadas(トルティーヤをトマトソースで浸し、チーズやパセリをかけた料理)は長期在住者の評価も高く、ちょっと贅沢な朝ご飯を食たい時にはピッタリです!

またお茶の時間には、色々なハーブティーを試してみるのもオススメ。
メキシコでは定番のManzanilla(カモミール)を始め、Hierbabuenas(ミントの一種)やLimón(レモングラス)など珍しいお茶も揃っています。
「コーヒーはちょっと苦手なの…」という方にも、お茶の時間を楽しんでいただけるはず。

一方でコーヒー派の方は、Cafe Oaxaqueño(Cafe de Olla)にチャレンジしてみて下さい。
Cafe de Ollaとは、Piloncilloと呼ばれる円錐形の黒砂糖とシナモンを入れたコーヒーの事。
普通のコーヒーとはまた違った香りと味わいが楽しめます。

Cafe de Ollaはシナモンスティックが入った状態で提供されます。
飲んでいる間も、いい香りが続きます!

 

そして何よりこの店は、店内や中庭の装飾がオシャレ!
壁に描かれたアートの数々は、どれも写真を撮りたくなるレベルの物ばかりです。

壁に飾られたアート作品の数々。
床のタイルの柄も可愛い!

 

中庭にもテラス席が。
観光シーズンには、外国人の方の姿も多く見られます。

 

お店情報

営業時間:日~土 AM8:00~PM10:00

アドレス:Calle Labastida 115, Centro Oaxaca
(サント・ドミンゴ教会から2ブロック南へ、徒歩5分ほどのPlaza de Virgen内)

 

 

Boulenc

Porfirio Díaz通りにある、オアハカでも随一の洗練されたベーカリー。
オアハカの現役大学生も勧める、いわゆる「イケてる」お店です。

質のよいオーガニックのジャムや、お洒落なビンに入ったスムージーなども取り扱ってます。
さくさくのペイストリーやチョコやナッツがたっぷりのスコーンなど、オアハカの普通のパン屋ではお目にかかれないメニューに出会えるのもこの店の特徴です。

ベーカリーのショーケースには、クオリティの高いパンが並びます。
焼きたてでないものは、レジで温め直してもらえますよ!

ベーカリーとカフェでは店舗の入口が分かれていますが、店内は繋がっているのでカフェでベーカリーのパンを注文したり、カフェをパンのイートインスペースとして使ってもOK。

カフェスペースは、石のタイルがシックな雰囲気を醸しています。
夜にはロウソクが各テーブルに灯されて、インスタ映えすること間違いナシ。

入口もめちゃくちゃお洒落ですが、店内も素敵。
バンガロー風の2階席もあります。

こちらのお店はコーヒーよりもお食事がメインかも。
ベーカリーで提供しているバゲットを使ったサンドイッチや、パン生地を使ったピザが絶品です。
今時流行りの「Vegan」メニューも充実しているので、健康志向の方にもオススメ。

オアハカ再訪時にご飯を食べた際には、筆者はハムとオアハカ特産のチーズが入ったサンドイッチを、母は生ハムが乗ったオープンサンドをチョイス。
付け合せの赤玉ねぎのピクルスや、ルッコラのサラダの盛り付けも素敵です。

生ハムのオープンサンド。
ここはオアハカか…?と目を疑うお洒落さです。

 

お店情報

営業時間:月~木 AM8:30~PM8:30
金・土 AM8:30~PM11:00 (日曜は休み)

アドレス:Porfirio Díaz 207, Centro Oaxaca

お店のホームページはこちらから!

 

 

MAYORDOMO (マヨルドモ)

言わずと知れた、オアハカ産チョコレートの有名店がこちら。
1956年創業の老舗で、その品質はヨーロッパ各国のお墨付きです!

オアハカ市内に数え切れない程の店舗を構えていて、特にMercado de 20 de Noviembreの裏には1ブロック全てがMAYORDOMOの店舗、という恐るべきチョコストリートがあります。

「がっつり甘いものが飲みたい!」という時にオススメなのが、冷たくてあまーいチョコミルク『CHOCOMIO』。
驚くべきはその激安価格で、何と15ペソ(約¥90)!!

このサイズで15ペソは驚きのプライス!
(引用:https://pbs.twimg.com/media/DC-wwdSV0AABRaF.jpg)

店舗には、水や牛乳に溶かして飲むタイプのチョコレートや、小分けになった板チョコなど日常的に楽しめる商品も揃っています。
特に板チョコタイプは、1つ1つ梱包されたチョコが250~300個程入った1KG入りのBolsa(大袋)もあるので、バラマキ土産にもピッタリ。

この店舗のチョコレートのベースは、カカオ・砂糖・シナモン・アーモンド。
お味はメキシコのチョコらしからぬビターであっさり、ほのかに香ばしい香りがします。
アーモンド以外のナッツを加えたものや、バニラの風味を加えたものなど、フレーバーも様々。

店内にチョコを作る機械も設置されており、試食もさせてもらえます。
日本人には好き嫌いのある味だと思うので、是非試食をしてから購入してくださいね。
地元の人は、砂糖の量やカカオの含有量まで指定してチョコを作ってもらうんだとか!

お店情報

営業時間:日~土 AM7:00~PM9:00

アドレス:Francisco Javier Mina 219, Centro Oaxaca
(Mercado de 20 de Noviembreの裏、市内に他数軒の店舗あり)

お店のホームページはこちらから!

 

番外編・アイスを食べるならここだ!

死者の日シーズンでも、昼間は半袖で過ごせてしまうほど暑かったオアハカ。
3~5月の昼間は更に太陽がジリジリと照りつけ、日本の猛暑日のように暑い!
そんな時は冷たいものが恋しくなる…。

もちろん、屋台のAgua(薄いフルーツジュース)やNieve(シャーベット)も美味しいけれど、初めてメキシコを訪れる方の中には、屋台飯や水ーツに不安を覚える方もいるでしょう。

そんな方でも安心して買える、アイススタンドをご紹介!

ソカロ直近のHelados y Nieves (エラードス・イ・ニエベス)

Zócaloの角にあるから、Alcalá通りへ向かって歩いてすぐの所にあるアイス屋さん。
店の前に大きなカップコーンのアイスの像があるのが目印です。

常時20種類ほどのフレーバーがあり、盛りの良いシングルカップはなんと20ペソ。
暑い時期には長蛇の列が出来る事も。

写真はイチゴとライムのシャーベット。
提供しているアイスは日替わりなので、長期滞在中に通ってみるのはいかが?

Michoacana (ミチョアカーナ)

メキシコ全土に店舗を構えるチェーン店、Michoacana。
もちろんオアハカ市内にも数軒あり、特にParque Llanoの脇にあるスタンドは大盛況。
カップやコーンに掬ってもらうアイスだけでなく、Paleta(パレタ)と呼ばれるアイスキャンディーの種類が豊富です。

ペパーミントグリーンと紫を基調とした店内。

 

最後に

オアハカのカフェ巡り特集、いかがでしたか?
今回紹介した店舗以外にもオアハカには素敵なカフェが沢山あるので、是非皆さんのお気に入りを探してみて下さいね!

メヒサボ
メキシコシティのオススメカフェはこの記事を参考にしてね!
ページはこちらから!

地元のオシャレOLが自信を持っておススメするメキシコシティのカフェ5選をご紹介!

2018年12月1日

 

 

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です