【コロナ最新情報】7月第2週の経済活動再開に向けて。メキシコシティはオレンジ色、グアナファト州は赤色

【コロナで影響は?】入国が意外に厳しいメキシコで恐怖の入国拒否にならないために

メキシコ片道航空券の入国拒否
7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年7月6日現在、感染者は261,750人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第2週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わった一方、グアナファト州は再び赤色に。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】7月6日~7月12日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

新型コロナの影響でアメリカからの入国はできなくなった

新型コロナウイルスの影響を受け、3/20よりメキシコとアメリカの国境の移動を制限すると発表がされました。

【3月20日,メキシコ政府及び米国政府の発表によると,両国政府は新型コロナウイルス対策として,メキシコと米国間の国境において,個人的な観光やレクレーション等を目的とした不要不急の移動を制限することに合意しました。この制限は,国境を越えて就労する者や経済活動を目的とする者の往来,医薬品の購入や緊急時の出入国は対象外で,両国間の通商及び経済関係において必要と見なされる移動については,引き続き保障されるとのことです。この制限は,3月21日00:01(米時間帯EDT)から,30日間実施されます。】

これにより、アメリカ経由の入国はできなくなりましたのでご注意ください。

日本~メキシコの飛行機は減便となります。

【観光】アエロメヒコとANAが運航便を半減

アエロメヒコ航空は16日、メキシコシティ―成田便の運航を半減させると発表しました。

従来は毎日、直行便を運航していたが、同日から隔日での運航に切り替えるとのことです。

新型コロナウイルスの影響で、出張者を中心に、利用者数が減少しているためとみられています。

いまのところの発表では5月末までの運航計画が示されていますが、今後の状況に応じて、隔日運航の期間の延長やさらなる減便の可能性も出てくる見込み。

日本以外ではソウルへの運航も3月からすでに隔日運航に切り替えています。

アエロメヒコに続き、ANAも飛行機の削減を発表しました。

2020 年夏季ダイヤにおける国際線に ついて、一部期間(3 月 29 日~4 月 24 日)の運休・減便・開設延期等を決定いたしました。

本日(3 月 17 日)発表の国際線の運休・減便数は、2,630 便(対象路線:58)です。本日までに発表して いる国際線の運休・減便数は、合計 4,854 便(対象路線:58)です。
2020 年度事業計画における 3 月 29 日~4 月 24 日の国際線旅客便数は、4,653 便(対象路線:72)です。

飛行機を予約しても乗せてもらえない?入国拒否にならないために

それでは通常時はどうでしょうか?

通常時にも入国拒否になってしまう事もあるのです。

今学期からグアナファト大学に留学している横山です。

こちらに来てもう1カ月が経ち、だいぶ落ち着いてきました。

ただ、タイトルにもある通り、メキシコに来るまでの道のりは一筋縄ではいかなかったです。

今回は、メキシコに入国時の注意をご紹介します!

この記事は、片道でアメリカ経由でメキシコに行こうと考えてる人向けの記事です!

メキシコは180日以内のビザなし滞在可能です。

(私は半年間の留学なので、ビザを取らずにメキシコに来ています)

ただアメリカ経由でメキシコに入国する場合、片道航空券しか持ってないと入国拒否されます

入国拒否にあう航空券の買い方とは?

これから留学する人、経験者の方、留学する時の航空券ってどうしてますか?片道それとも往復でしょうか。

でも、学校がいつ終わるかってわからないですよね。

グアナファト大学も正規の学部生と、留学生とでは年間予定が少し異なっていて、いつ長期休みに入るのかメキシコに着くまで、わからなかったです。

また、学校が終わった後、せっかくだから他の国に旅行したいと思いませんか?

中南米に行くのもあり!北米も、どうせならヨーロッパに行って、その後帰国するのも良さそうです。

旅行が好きな私は、メキシコに留学する前はアメリカに、帰りはスペインに寄ってから日本に帰ろうと考えました。

また、日本からメキシコシティ、乗り継いでグアナファトに行くのではなく、グアナファト近くの空港に直接行った方が、乗り継ぎの回数が減り、負担が軽減されると考え、そのルートで行こうと決めました。

アメリカからグアナファトに乗り換えせずに直接行くには、ロサンゼルス、デトロイト、そしてダラスのいずれかを経由することになると思います。

私は、日本からの近さと観光地の多さで、ロサンゼルスを選びました。

すぐに、台湾の航空会社エバー航空でロサンゼルス行きの航空券を購入、ロサンゼルスからグアナファトまではメキシコの格安航空Volarisで航空券を購入しました。

メヒサボ
エバー航空は航空券が安くとても快適でした。

ロサンゼルスでの滞在費も合わせて9万円くらいでメキシコに行ける航空券でした。

意気揚々とロサンゼルスのAirbnbを予約し、メジャーリーグの観戦チケットも購入し、観光する気満々。準備万端と思いきや….

出国1カ月前に、同じグアナファト大学に留学する友達に、アメリカ経由でメキシコは片道航空券で入国できないことを知らされます‼︎

アメリカ大使館・領事館のESTAに関する公式サイトによると…

*ESTA=電子渡航認証システム。これが渡航前に取得しないと出国さえさせてくれません。しかし、これがあることでアメリカにビザなしで入国することが可能です。

“You are the holder of a return or onward ticket.

You are entering the U.S. as a non-immigrant, for no more than 90 days for either business or recreational purposes.”

これによると、往復の航空券を持ち、かつアメリカでの就労目的がなく90日以内の滞在ならばビザなしで滞在することが可能であると書かれています。。

痛い痛いペナルティ

もし仮に、アメリカ経由で入国した後、メキシコに90日以上滞在してしまったら、アメリカに不法滞在(オーバーステイ)したということになります。

そのため、次回以降アメリカに入国、経由する場合に自国の大使館・領事館でビザの申請が必要となり、ビザ免除プログラム(VWP)を利用できなくなります。

最悪の場合、アメリカに何年間か入国できなくなることがあるため、注意しなければなりません。

[必見!]入国拒否回避の仕方

帰りの航空券を買っていなかった私は、このままではメキシコに留学できなくなり、アメリカにも今後行けなくなってしまうかもと焦り、入国拒否回避法を調べました。

➀往復の航空券を購入する

これが一番良いかもしれません。往復の航空券を持っていれば、アメリカ経由でのメキシコ入国、滞在が可能です。

結局は帰国するので往復を買っても損にはなりませんよね。

オープンチケットを選べば少し高くはなりますが、帰国する日を後で変更することが可能です

加えて、航空券は往復で買った方が片道で買うより安くなります!

②全額返金できる航空券を購入し、メキシコに入国できたらキャンセルする。

帰国する日を決められない人、片道航空券だけ買ってしまい途方に暮れている人(私でした笑)にオススメです。

全額返金なので損することはないです。

ただ、キャンセル無料な航空券は普通の航空券より値段が高いので、学生の私には手が届かなかったです。

③第三国に出国する航空券を購入して、1度出国する。

私はこれを選びました。第一国がアメリカ、第二国がカナダ、メキシコとカリブ海諸国(キューバなど)です。第三国はそれらの国を除く国になります。

上記のESTAの要項を参考にして、第三国でメキシコから近く安く行けて、さらに魅力的な観光地がある国を探しました。

そこで、メキシコのお隣の国グアテマラに行くことに決めました。

私は来月9月の下旬にグアテマラにい行ってきます!

[実体験]アメリカ、メキシコ出入国の経緯

7月の下旬に成田空港から台湾を経由してロサンゼルスに入国する予定でした。

まず最初の関門は、航空会社のチェックインでした。

この時、アメリカに何日間滞在するか、メキシコに行く理由、アメリカからメキシコに渡航する際の航空会社、グアテマラへの行き方について、20分くらい質問されました…

航空会社としては、アメリカについた後、乗客が入国拒否にあった場合にアメリカの入国管理局から怒られることがあるとのことなので、みっちり質問されました。

メヒサボ
台湾からロサンゼルスまでは12時間かかり疲れました

着陸して、入国審査に向かうまで終始ドキドキしてました。自動入国審査端末にパスポートを通します。

ESTAはもちろん取得済みでしたので、ここはさらっと通ります。

最大の難関である入国審査。アメリカ人の管理官にパスポートを渡し、質問されました。

「何しに来たの?」→「観光です」、「何日間いるの?」→「3日間です」ぽんっ

スタンプ押されて、終わりました!えっこれで終わり?ってくらいすぐに終わりました。

ロサンゼルスの空港はたいてい入国で何時間も待たされると聞いていたのですが、私が行った日は20分くらいで入国できました!

最大の難関と思われたアメリカ入国を難なく通過し、ウキウキ気分で観光してきました。

メヒサボ
ロサンゼルスの郊外アナハイムにあるエンゼルススタジアムです

アメリカではロサンゼルス・エンジェルス所属の大谷翔平選手も生で見ることができました。

そして、ロサンゼルス空港からグアナファト国際空港に出発します。

アメリカの出国、メキシコの入国ともに簡単でした。特に何も聞かれることなく、さらっと入国できました。

おわりに

終わってメキシコに入国してしまえば拍子抜けでした

ただ、日本出国から入国まで終始ドキドキするのであまりおすすめできません。

アメリカやメキシコの入国管理側としては、片道で来る人が不法滞在をする可能性が高いと考えてるのでしょうか?そう考えれば、片道航空券で来る人を入国させたいと思いませんよね…

最後に、メキシコはビザなしで180日以内の滞在が可能なので、ぜひ気軽に訪れていただけると嬉しいです。

でも、できれば片道ではなく往復航空券を買って来ることをお勧めします。

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です