メキシコ・グアナファトでマラソンはいかが?留学生がエントリーから当日の様子までご紹介!

メキシコ,マラソン,グアナファト

スポンサードリンク



¡Viva México!

どうもグアナファト大学に留学している横山です。

みなさんメキシコで最も盛り上がるお祭りである9月15日のドロレスの叫びの日はどのようにお過ごしになったでしょうか?

ソカロ広場に行って「VIVA MÉXICO」って叫んだり、お家で伝統料理であるChile en Nogadaを食べたりするのもいいですよね。

都市別にご紹介!メキシコ中がお祭り騒ぎになる日「メキシコの独立記念日」の楽しみ方

2018年9月16日

私はその日にグアナファトで行われたマラソンに参加してきました。

この記事ではマラソンの参加方法から、当日の流れまで、私が実際に走ってみたリアルな情報をお届けしています。

メキシコでマラソンに興味がある人、今後参加を検討している人はぜひ参考にしてください。

世界遺産の街で走る!グアナファトで行われるマラソンとは?

グアナファトで9月15日に行われたマラソンの大会名は、” Por esos locos que corren”= 訳すと「走る狂った人たちのための(マラソン)」です。

メヒサボ
なんとも変わった名前の大会ですね笑

 

10kmと5kmの2種類がありマラソンをこれから始めようと思っている方やビギナー(私です!)に走りやすい大会となっております。

私はFacebookにあるオフィシャルサイトでマラソンが行われることを知り、10kmにエントリーしました。

エントリーの仕方

マラソンへのエントリー方法は2種類あります。

一つはグアナファトのPresidencia Municipal Guanajuatoの前にエントリーできる場所が大会前の期間中設置させているのでその場で料金を払って登録する方法。

もう一つはインターネットからエントリーする方法です。

エントリー料金は280ペソ(≒1600円)でした。

私はオンラインでクレジットカード決済でエントリーしました。

こちらのサイト↓からグアナファトに限らずメキシコ各地で行われるマラソンやロードレース大会に申し込むことができます。

ちなみに、7月31日までにエントリーすると大会記念のオリジナルTシャツの後ろに名前を載せてもらうことができます↓

ぜひ申し込みはお早めにどうぞ!

マラソン当日までの流れ

エントリーが済んだらやるべきことはただ練習あるのみです。

グアナファトは標高2000m超える高地ですので、本番ぶっつけで走ったりしたら大変なことになります。

また、石畳の道ですので、しっかり練習しておかないと足、特に膝が痛くなります。

私も大会の1ヶ月前から練習を開始しました。

練習を始めた当初は、日本で走った時に比べて息が上がりやすくなったり、胸が苦しくなったりしました。

なので、十分準備してから本番に臨みましょう!

大会前日の14日にオリジナルTシャツと靴下やゼッケンとピンは10時から17時まで Solón Valenciana del Hotel Real de Minas, Guanajuato で受け取ることができます。

私はこのことを知らなくて、当日受け取りました汗

それでもしっかり、大会当日の受け取り可能なので大丈夫でしたが、会場に少し早く行って受け取る必要があるので、前日取りに行くことをオススメします。

さぁいざ!大会当日の流れ

マラソン大会はグアナファトのPresa de la ollaで朝8時にスタートです。

そのため前日は早めに寝て、当日は早起きして大会会場まで向かう必要があります。

私は朝の5時30分に起きて、朝ごはんをしっかり食べ、7時に家を出て、Presa de la Olla まで30分ほど歩いて向かいました。

日曜日で早朝ということもあって市内を走るバスはまだ運行していませんでした。

ゼッケンとTシャツ、靴下を受け取ります。

メヒサボ
ゼッケンピンはもらえるので安心してください

注意!:当日は荷物を預ける場所がないです。なので、他の参加者は車に荷物を置いていました。

私は応援しに来てくれた友人に頼みました。

予定時刻どおり8時にスタートし、あとは頑張って走るのみ!

途中の2.5kmと5km、7.5k地点で給水スポットがあり、1kmごとに距離が書かれたサインボードを持った人がいるので、目安になって頑張れますね。

もちろん、救護班も巡回しているので、体調が悪くなった場合は助けを求めることもできます。

私の10kmの結果は54分で、目標としていた55分を切ることができ、とても満足でした。

結果はマラソン終了後の約3時間後に以下のサイトから見ることができました。

ゴール後は記念のメダル飲み物とお菓子がもらえます。

メキシコで最も盛り上がるこのドロレスの叫びの日に、少し変わった体験はいかがでしょうか?

メキシコで最も盛り上がる〜メキシコシティマラソン〜

毎年8月下旬に標高2250mのメキシコシティで行われるメキシコ最大のマラソンイベントです。

4月の初旬からエントリーが開始され、ハーフマラソンと42.195kmのマラソンに参加することができます。

登録費は650ペソ(≒3500円)でオンライン、もしくはMartíの店舗から申し込むことが可能です。

メキシコ自治国立大学(通称UNAM)からスタートし、チャプルテペク城や独立記念塔といったメキシコシティの名所を周り、ソカロ広場がゴールになります。(2019年8月開催のルート)

私が参加したグアナファトのマラソンと同じく記念のTシャツとメダルがもらえます。

メキシコシティマラソンのオフィシャルFacebookアカウントから随時情報が更新されているので、気になる方はチェックしてみてください。↓

ぜひ、メキシコで行われる世界規模のマラソンに参加してみてはいかがでしょうか?

メキシコでマラソンに挑戦してみよう!

メキシコでマラソンいかがでしょうか?

標高が高いからこそ挑戦心を掻き立てられるものがあると思います。

今回紹介したグアナファトのマラソンやメキシコシティマラソンに限らず毎月各地でマラソンが開催されています。

ぜひ、メキシコに滞在する機会がある方は、マラソンに挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク



メキシコ,マラソン,グアナファト

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です