あなたは知ってた?現地在住者がおすすめするプエルトバジャルタ観光に最高のビーチ5選!

スポンサードリンク



メキシコの隠れビーチを満喫しよう!

メキシコといったら大西洋側のビーチを思い浮かべる方が多いかもしれません。

しかしここプエルトバジャルタはロサンゼルスから直行便で三時間と、太平洋側に位置する日本からもアクセスしやすい隠れ穴場ビーチ観光地なんです。

昔は漁業で栄えたこともあり、新鮮なシーフードが簡単に堪能できながら、歴史あふれる街並みが中心部に広がり、美味しく食べながらの雰囲気を満喫できます。

そしてなんといっても、透き通るビーチが沿岸に伸びているため、全てを兼ねそろえる最高のバケーション観光地です。

今回は、そんなプエルトバジャルタでのオススメのビーチをたくさんある中から5つを選りすぐります

絶対これは行っとかなければという5つをローカル目線でご紹介いたします。

 

1.マリエスタ諸島(Islas Marietas)

 

このプエルトバジャルタの顔といっても良い島は、なんと許可された船でしかアクセスできない特別な島なのです。

島の真ん中には大きな穴が空ており、プラヤ・エスコンディーダ(playa escondida)という隠れビーチがあります。

太陽の光が水面に反射しキラキラと光輝くビーチに心を奪われてしまいます。

この隠れビーチは年月をかけ自然が作り出した世界遺産です。

そんな貴重な島にはロマンティックな名前があり、「恋人達の砂浜」と呼ばれています。

しかし一度は、観光客に人気過ぎて人が集まったことから、日焼け止めなどが流れ出してしまい、海水を汚れてしまい閉鎖された時期もありました。

 

特別な船でしかアクセスが許されていない島ですが、いくつかの観光会社が様々なツアーを用意しています。

大半のツアーが早朝に港を出発し、夕方に帰ってくる1日満喫できる日程を組んでいるので、マリエスタ諸島のために1日を用意しておく余裕のある日程を組むのをお勧めします。

ツアーによっては、マリエスタ諸島までは行くが、プラヤ・エスコンディーダまでは行かないツアーや、プラヤに行くには、ツアー基本料金とは別に追加料金や事前予約が必要なものがあるので、事前の確認をよくすることをお勧めします。

マリエスタ島ではホエールウォッチングができたり、シュノーケリングやカイヤックが楽しめます。

もちろん無人島なので、宿泊施設などもなく日帰りツアーですが、1日めいっぱい楽しめますよ。

メヒナビではメンバーもここを訪問しました!ぜひこの記事もあわせてご覧ください!

【穴場リゾート】プエルトバジャルタ奇跡のビーチ!そしてオールインクルーシブって実際どうなの?

2019年10月9日

 

名称:マリエスタ諸島(Islas Marietas)

 

2.コロミートスビーチ(Playa Colomitos)

世界一小さいビーチとも呼ばれるこのトロピカルな雰囲気を満喫できるビーチは中心部から少し離れた南部に位置します。

旧市街(ソナ・ロマンティカ)からボカ・デ・トマトラン行きのバスに乗車し、海岸沿いの景色を楽しむこと約1時間。終点のボカ・デ・トマトランに到着します。

ボカ・デ・トマトランにはビーチやレストラン、カフェが沢山あるので、ここで軽く腹ごしらえをするのもお勧めです。

さて、ここからコロミトスビーチへ行く方法は2つ。

1つ目は海岸沿いをハイキング。ボカ・デ・トマトランのビーチを横断するとコロミトス行きの看板がハイキングの出発地を教えてくれます。海岸沿いの岩場と熱帯雨林を約40分かけて歩くと、この小さなビーチに出会うことができます。

2つ目は水上タクシー。ボカ・デ・トマトランのビーチに船をつけているおじちゃんに話しかけ交渉しましょう。相場は往復約200ペソほど。

おじちゃんたち英語や堪能なので(たまに日本語を操る強者もいます)スペイン語ができなくても大丈夫!

水上タクシーで風に葺かれること約10分程で、コロミトスビーチへ到着します。行きはハイキング、帰りは水上タクシーと両者を満喫するのが私のお勧めです。

 

コロミストビーチは、ゴツゴツした岩が周りに広がっていて、その岩場から水面にジャンプできたり、シュノーケリングをして南国の魚を探してみたり、思う存分遊べちゃうアクティブィ溢れるオススメな場所です。

さらには、後ろ側に行くといくつかのサイズの違う滝が隠れているんです。こちらは少しマイナーで、道を見つけるのが難しいかもしれませんが、トライしてみるのも面白いかもしれません!

 

名称:コロミートスビーチ(Playa colomitos)

住所:Boca de Tomatlan | 11 miles / 17 km from Puerto Vallarta’s main square, Cabo Corrientes, Mexico

 

3.ヘメラスビーチ( Playa las Gemelas)

こちらは、2つ目のコロミートスビーチに比べると、ローカル感が強い場所かもしれません。

コロミートスビーチに行くのと同じボカ・デ・トマトラン行きのバスで約30分程行くとホテル街の斜面の下に真っ青な水面と白い砂浜が見えてきます。

ホテルの利用者かローカルが多いので、他のビーチに比べると整備されていて綺麗なところも魅力です。

シュノーケリングで深いところに行くと、簡単に下まで見えるので、特に天気の良い日は最高です。

一緒にビールやランチを持っていくと、ヤシの木があるので、その下の日陰でのんびりしながらゆったりとした時間が楽しめますよ!!

 

名称:ヘメレスビーチ(Playa las Gemelas)

住所:Cihuatlán – Puerto Vallarta, Aguacate, Jal., Mexico

 

 

4.サユリタ(Sayurita)

プエルトバジャルタから北に走らせ一時間程度。カラフルで楽しげな雰囲気を放つ小さな町が見えてきます。

ここがサーフの地、ヒッピーの地として世界中の若者を魅了するサユリタです。1日中サーフを楽しむビーチボーイ/ガールや自由な人生を貫徹するヒッピー達と魅力的な人々と出会えるはずです!

さらに、このエリアが位置する州はテーキラの原材料であるアガベの生産地です。

メキシコに来たからには、本物のテキーラで乾杯しなきゃ勿体無い。

せっかくここにいる間には、テキーラのカクテルで乾杯しちゃいましょう!

いつも飲むテキーラとは違うテイストが楽しめるはず。真夏の南国の暑さも吹き飛ぶフレッシュドリンクを探してみてはどうでしょうか?

 

名称:サユリタ(Sayulita)

住所:40 km ほどプエルトバジャルタ中心街から北へ

 

5.プラヤ・ロス・ムエルトス( Playa los muertos)

プエルトバジャルタのアイコンでもあるこのビーチには、ぜひ足を運ぶことをお勧めします。

中心部にあるので、朝や夕方の数時間や、短期滞在の方や、遠くに行くには時間がない方にもお勧めです。

太平洋に沈む真っ赤な夕日を拝みに散歩にでかけたり、夜に海ガメを探しに出かけたりと、バジャルタならではのビーチでの時間を過ごせる場所です。

ビーチには、メキシコ伝統音楽のマリアッチを弾いてくれる音楽隊がいて、一声かけるとメキシコ音楽を奏でてくれます。

エビや魚の串焼きやマンゴーなどの南国フルーツを売る商人達も多くいます。

マルガリータやテキーラのオリジナルカクテルを飲み、食事を楽しみ、メキシコ伝統音楽を聴きながら、メキシコを存分に味わう最高のひとときを過ごせるとっておきの場所です。

 

名称:プラヤ・ロス・ムエルトス(Playa los muertos)

住所:El Centro (Off Calle Olas Atlas), Puerto Vallarta 48380, Mexico

 

最後に

いかがだったでしょうか?

まだまだ日本ではあまり知られていない観光地ですが、特にアメリカ、カナダからくる観光客で溢れ、中心部から近いビーチには常に人が溢れています。

もちろん、雰囲気味わいにバッチリですが、せっかく来たならば、ローカル目線で落ち着いたメキシコのビーチを堪能しませんか。プエルト・バジャルタに足を運んだ際には皆さんぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です