【コロナ最新情報】7月第2週の経済活動再開に向けて。メキシコシティはオレンジ色、グアナファト州は赤色

直説法未来形ってどんな使い方をするの?【5分で分かるスペイン語文法⑦】

7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年7月6日現在、感染者は261,750人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第2週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わった一方、グアナファト州は再び赤色に。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】7月6日~7月12日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

今日のテーマ:スペイン語の未来形の使い方

基本文
  • ¿Cuántas personas habrá en en la plaza?
  • Mañana te llevaré a Cholula
メキシコシティから車で2時間ほどに位置するプエブラのカラフルな街並み

メキシコシティの南西に位置するPueblaにやって来たErikaとMartin

▼▼▼▼▼

Por fin llegamos a la Puebla.

ついにプエブラに到着だ。

Está muy cerca de la Ciudad de México.

プエブラはメキシコシティから近いね。

Es verdad. Ahora estamos en el zócalo de Puebla y se ve la catedral.

そうだね。ここはプエブラの中央広場でカテドラルが見えるね。

Me sorprendo de que haya mucha gente por aquí. ¿Cuántas personas habrá en la plaza?

ここにはたくさんの人がいて驚いたよ。広場にはどれくらいの人がいるんだろう?

Me parece que hay más de 100 personas. Mañana te llevaré a Cholula.

100人以上はいるように思えるね。明日はチョルーラに連れて行ってあげるよ。

¡Muchas gracias!

ありがとう!

未来形とは

直説法未来の活用

単数複数
一人称-emos
二人称-ás(-éis)
三人称-án

未来形の活用はとてもシンプルです。当てはまる表の活用語尾を当てはめるだけです。
(メキシコや中南米ではvosotrosがほとんど使われないのでカッコで示しました。)

もちろん例外はあります。使用頻度の高い動詞を以下に示します。

haber(habr-), querer(querr-), saber(sabr-) → 動詞語尾の-ar,er,irが落ちてrがつく

poner(pondr-), tener(tendr-)        → 動詞語尾の-ar,er,irが落ちてdrがつく

decir(dir-)                → contradecirも同じ変化

hacer(har-)               → deshacerも同じ変化

Martinが話していたCholula。奥に見える教会の下はピラミッドで、なんと世界で最も大きいピラミッドです。

直説法未来の用法

1. 現在の事柄についての推測(現在+推測)

¿Cuántas personas habrá en la plaza?

広場にはどれくらいの人がいるんだろう?

今回の会話でエリカが使った未来形がこれに当てはまります。

発話時エリカとマルティンは広場にいたにも関わらず未来形を使っています。

ここで未来形を用いることでどれだけの人がいるかを尋ねるのではなく
どれだけの人がいるのだろうか、という推測をしています。

2. 未来の事柄についての推測や意志

Mañana te llevaré a Cholula.

明日はチョルーラに連れて行ってあげるよ。

llevarを未来形で用いることで未来の事柄(明日連れて行くこと)の意志を示しています。

まとめ

今回は直説法未来の2つの用法について学びました。

  1. 現在の事柄についての推測(現在+推測)
  2. 未来の事柄についての推測や意志

次回は過去未来・関係詞について学びましょう!

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です