【コロナ最新情報】7月第2週の経済活動再開に向けて。メキシコシティはオレンジ色、グアナファト州は赤色

スペイン語の熟語・慣用句(Modismos)15選!!

7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年7月6日現在、感染者は261,750人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第2週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わった一方、グアナファト州は再び赤色に。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】7月6日~7月12日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

スペイン語学習の中で慣用句はつまずきやすい箇所かなと思います。

独特な言い回しで意味が理解できないこともしばしば、、、

特にDELEのB2、C1で大事なポイントになってくると思います。

そこで今回はよく聞く、基本的なスペイン語の熟語・慣用句を紹介します!

古いのもいくつかあるかもしれませんが、ご容赦ください、、、

知らないものはぜひ覚えてネイティブの友達に披露してみてください!

1. Irse por las ramas

意味:「遠回しに言う、重要でない部分にフォーカスする」

直訳すると「木の枝を通って出ていく」です。
木の幹が話の本筋だとすると、枝の方に行くということは本筋から離れていると考えられますよね。

“Él siempre se va por las ramas y tardamos mucho en terminar la reunión.”
(いつも彼は本筋から離れるからいつも会議に時間かかるんだよ。)

2. Tomar el pelo a alguien

意味:「〈人を〉からかう」

直訳すると「(人の)髪の毛を掴む」になります。
髪の毛を掴んだり引っ張ったりしている光景から、からかっているイメージを掴めるかと思います。

“Mi hermana siempre me toma el pelo”
(私の妹はいつも私をからかいます。)

3. Bailar con la más fea

意味:「貧乏くじを引く、損な役回りをする」

直訳すると「一番醜い子と踊る」です。
結構ひどい慣用句ですよね、、、
でも意味と結びつきやすいですよね。

“Me tocó bailar con la más fea y no pude tomar alcohol porque tenía que llevar a todos a casa.”
(損な役回りだったんだよ。全員家まで送って行かなきゃいけなかったから、お酒飲めなかったんだ。)

4. Ser uña y carne

意味:「切っても切れない仲である、非常に親しい」

直訳では「爪と肉だ」です。
確かに爪と肉はくっついていて離れないですよね。
(爪と肉が離れるの想像すると痛そう、、、)

“Ellos van juntos a todos los sitios. Son uña y carne.”
(彼らはどこへでも一緒に行く。彼らは非常に親しい。)

5. Ser la oveja negra

意味:「厄介者である、はみ出しものである」

直訳では「黒い羊だ」です。
白い羊の中に黒い羊がいると目立ってしまうということと、
かつて黒い羊毛は市場で価値がなかったということから来ているそうです。

最近ではネガティブな意味がなくなり、良い意味で集団の中で異質な存在にも使えると言っている人もいます。

“Ella es la oveja negra en mi grupo de amigos, es la única a la que le gusta literatura clásica.”
(彼女ははみ出しものだ。私たちのグループで唯一古典文学が好きだから。)

欅坂46の曲にもあるので「厄介者」という意味を想像しやすいかなと思います。
聴いたことがない方はぜひ!

6. Hacer (levantar) castillos en el aire

意味:「甘い考えを抱く」

直訳すると「宙に浮いた城を建てる」になり、
完全に天空の城ラピュタ状態ですね。

理想ではあるけど普通はありえないことから「甘い考えを抱く」という意味は想像できますね。

“Tu opinión es irreal. Deja de hacer castillos en el aire.”
(君の意見は非現実的だよ。甘い考えを抱くのはやめなよ。)

7. Estar en la luna

意味:「上の空である、ぼんやりしている」

直訳すると「月にいる」になるので意味は想像しやすいかなと思います。

“¿Qué tenemos que hacer para la siguiente clase? Estuve en la luna durante la clase.”
(次の授業までに何しなきゃいけないんだっけ?授業中ぼんやりしてたからさ)

他にもpedir la luna 「無い物ねだりをする」など、
lunaを使った慣用句はいくつかあるのでぜひ調べてみてください!

8. Meter la pata

意味:「失態を演じる、余計な口出しをする、無礼な行動をする」

直訳すると「(動物の)足を突っ込む」になります。
動物が罠に足を突っ込むことからきているのでしょうかね。

“Metiste la pata. No deberías decirlo.”
(失敗したね。それを言うべきじゃなかった。)

9. Hablar por los codos

意味:「絶え間なく喋る、喋りまくる」

直訳すると「肘がしゃべる」になります。
なんでこれが喋りまくるのかは不明ですが、、、

“Antes él era tímido pero ahora habla por los codos.”
(以前はシャイだったのに今はずっと喋っている。)

体の部位は慣用句になりやすいのが特徴ですね!

10. Tirar la toalla

意味:「投げ出す、放棄する」

直訳すると「タオルを投げる」ですが、
日本語的には「匙を投げる」がフィットしそうですね!

“Solo tengo tres horas para el examen y no he hecho nada. Creo que voy a tirar la toalla.”
(試験まであと三時間しかないのに何もしてない。投げ出そうかな。)

11. Me lo contó (dijo) un pajarito

意味:「(噂の出所を伏せて)誰かさんから聞いたよ」

直訳すると「小鳥がそれを私に言った」となります。

“Quién te dijo eso?” – “Me lo contó un pajarito.”
(誰が君にそれを言ったの?ー誰かさんから聞いたよ)

12. Echar (Tirar) la casa por la ventana

意味:「散財する、大枚をはたく」

直訳は「窓から家を投げる」です。
どういうこっちゃって話なんですけど、、、

“Ellos tiraron la casa por la ventana en su boda.”
(彼らは結婚式で散財した。)

13. Dar una mano

意味:「手を貸す、協力する」

直訳すると「手を与える」なので
単語から想像しやすいと思います。

“¿Me darías una mano con el ensayo? “
(レポート手伝ってくれませんか?)

14. Ser pan comido

意味:「至極簡単なことだ、朝飯前だ」

これは日本語の「朝飯前」とリンクしやすくて覚えやすいと思います!

“Ahora leer libros en español es pan comido”
(今はスペイン語の本を読むのは簡単なことだ。)

15. Estar hecho polvo

意味:「くたくたになった、台無しになった」

直訳は「塵になった」です。
塵になるくらい疲れたということでしょうか。

“Llevo 2 días sin dormir y estoy hecho polvo.”
(私は二日間寝ていなくてくたくただ。)

おわりに

いかがだったでしょうか。

本とかで見るものもあるのでもしかしたら表現が古いものもあるかもしれませんが、、、

まだまだ数え切れないくらいあるので今後も紹介していきたいと思います!

参考文献

www.ejemplos.co/15-ejemplos-de-modismos

lenguajeyotrasluces.com/2015/04/28/modismos-y-frases-hechas-dele-b2/

aprendehablando.com/los-modismos-en-espanol/

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です