【両替のすすめ】メキシコで海外キャッシングに挑戦してみよう!

みなさんこんにちは。

先日の記事で、日本円からメキシコペソに両替をする際は、海外キャッシングが一番安くなるという記事を書きました。そこで今回は海外キャッシングのメリットやデメリット、クレジットカード別の手数料についてなど解説をしていきたいと思います。

前回の記事についてはこちらから

まず初めにキャッシングについて知ろう

「キャッシング」という言葉を聞いて、よくないイメージを持つ方もいると思います。かくいう私もその一人です(笑)。

キャッシングは借入になるので借金と同じというイメージもあります。借入額をしっかり確認して、金利を予め知った状態で利用するように心がけましょう。

通常のクレジットカードの支払いと同じように、毎月の一括支払いにしていれば金利は最長1か月ほどで済みますので、その期間であれば通常の両替よりもはるかに良いレートで換金をすることができます。

キャッシングは、「現金を借りられるサービスの総称」のことで、「クレジットカード付帯のキャッシング」と「カードローン」があります。クレジットカード付帯サービスのキャッシングのことを指して「キャッシング」と呼んでおり、本記事ではカードローンについては触れておりませんので予めご理解ください。

クレジットカードにはショッピング利用枠とキャッシング利用枠がある

クレジットカードには買い物に使える「ショッピング利用枠」と、ATMなどから現金を借りられる「キャッシング利用枠」があります。キャッシング利用枠内であれば、クレジットカードを使って全国の銀行やコンビニ、郵便局のATMやなどで現金を借り入れたり、カード支払い口座に現金を振り込んだりすることができます。

海外キャッシングのメリット

両替と比較してお得な場合がある

これはまさにメキシコのパターンです。以前の記事では様々なパターンで比較してみた記事がありますので参考にしてみて下さい。

実は海外キャッシングは利用日の実勢レートで換算されるため、銀行や両替所などよりも、為替レートが良い場合が一般的です。

また、銀行や外貨両替専門店などの両替手数料よりも、キャッシングした場合のほうが、利息やATM手数料を含めても安く済むことがあります。

利息は日割り計算のため、早めに返済するとよりお得になります。

現地で大金を持ち歩かずに済む

通常、海外に渡航する際は事前に外貨両替専門店や銀行で現地通貨に両替するのが一般的ですが、慣れない地域に行くときは、あまり大金を持ち歩きたくないと考える人も多いでしょう。

盗難などのリスクに備えて、少なめに両替をしておくのもひとつの方法ですが、それだと滞在中にお金が足りなくなってしまう可能性が出てきます。

そんな時に海外キャッシングを利用すれば、ATMで必要な量だけ現地通貨を都度引き落としできるため、現地で大金を持ち歩かずに済みます。

そうすれば、治安が悪い場所を訪れても、現金の盗難に遭うリスクを軽減することができるでしょう。

また、海外キャッシング用のクレジットカードと現金を別々に分ければ、万が一盗難や紛失などのトラブルに見舞われた際も、持ち金が全て無くなってしまうリスクを回避できて安心です。

海外キャッシングのデメリット

ATMを利用するたびに手数料がかかる

便利でお得な海外キャッシングですが、ATMを利用するたびに手数料がかかってしまうというデメリットもあります。この場合、何度も引き出さずに済むようにしておきましょう。一日に利用する適切な現地通貨の量を想定して、計画的に利用すると良いと思います。

ATM(Cajeros automáticos)の使い方をご紹介!

メキシコでのキャッシングの方法

ではメキシコでどのようにATMを使えばいいのでしょうか?ここでは遂にATM(スペイン語ではcajero)の使い方を解説したいと思います

今回は、INBURSAという銀行でのキャッシングです。やり方はどの銀行も同じなのでご心配なく。

カードを挿入したらPIN(4桁の数字の暗証番号)を入力してください。INBURSAのATMはタッチ画面ですが、他の銀行はそうでないところもあります。その際は画面の横にボタンが付いていますのでそこを押してください。

その後は自分が行いたい手続きを始めます。キャッシングの場合は、一番上のDisposición de efectivo を選択してください。

クレジットカードでのキャッシングを行いますので、Tarjeta de credito を選択してください。

次は引き出したい金額の設定を行います。

ご覧の通り、引き出しの金額があらかじめ提示されてますが、一番右下の Otra cantidad を選択すると自分の好みの金額を下ろすことができます。

4000ペソを引き出します。自分で金額を設定する場合は、50ペソ単位での引き出しが可能です。

金額を打ち終えた後は Es correcto? と確認がされますので Sí を押してください。

最後に Desea imprimir su transacción? と、レシートが必要かどうかを聞かれますのでお好みのボタンを押してください。

【警告】この記事を読み終わったあなたへ

この記事を読んでいただきありがとうございました!

皆さん素敵なメキシコ生活を送ってくださいね!!!

と、いいたいところですが、メキシコでも偽札が出回っているのは皆さん知っていますか

ATMでお金をおろしたときなどは偽札はほとんどありませんが、お店で買い物をしておつりをもらう時、バーでのおつりなど、メキシコシティで生活していた時はよく直面しました。

以前メキシコでイベントがあったのですが、その時の入場料や出店でとても多くの偽札が使われていた、とのこと。その被害総額は2日で1万ペソも…。(メキシコの平均月収より上)

やはり、現在メキシコでは偽札が普及しているらしい、とのこと。

なんと、恐ろしいことに、「知らないうちに偽札を持っていた」ということもあります。知らないうちに偽札を使っていて犯罪に手を染めていた、なんてことも…。

日本ではまず出会うことがない偽札、どうしたら見分けられるのかを皆さんと情報共有できればと思います。

以下の記事も併せてごらんください。知らないうちに犯罪に手を染める前に

最後に

海外に長期間滞在する場合、お金の問題はどうしても残ります。

もちろん国際送金などの手段も取ることができますが、その準備などの負担を考えたらクレジットカードを用いたキャッシングが楽かなと思います。

お金が必要な時にその都度下すのもよし、1か月分まとめて卸すのもよし、自分のスタイルに合わせてお金の管理ができるのもとてもいいですよね。

観光で行く際もぜひキャッシングを使ってみてください。空港での両替、あれをやらないで済むと楽なもんですよ!

是非メヒナビの記事のシェアをお願いします!▼

メキシコで働きませんか?

スペイン語を生かしたい…。今いる環境から一歩踏み出したいと考えているあなた。是非メキシコで働きませんか?

メヒナビでは現地の求人情報をお伝えしております。お問い合わせ、紹介はすべて無料。

まずはお気軽にお問い合わせを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
渡邉海也
メキシコシティに留学をしていましたカイヤと申します。スペイン語、アグリビジネス、移民問題をUNAMで学び、空手をメキシコでも稽古をし国際交流、そしてPinbox S.A. de C.V. でインターンという三本立てで生活をしていました。メキシコ滞在を通して感じたことを皆様にシェアできたらと思います。よろしくお願いします!