【9/17更新】新型コロナ情報|メキシコシティとグアナファト州の信号まとめ

【英語OK】コスパ最強のオアハカ現地ツアー紹介part2

9月のメキシコの新型コロナの状況

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年9月16日現在、感染者は680,931人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

▼9月の経済活動再開の指針は?▼

今週より「黄色」信号の州が増えました。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】9月14日~9月20日の信号情報|州ごとの感染者数、メキシコシティとグアナファト対応のまとめ

現地ツアーを利用してオアハカを満喫しよう!

こんにちは!メヒナビ編集部のななです。

今回はオアハカの観光名所イエルべ・エル・アグアを中心に様々な場所を回るコスパ最強、英語OKの現地ツアーについて紹介したいと思います。

前回の記事でツアーの申し込み方法などを詳しく説明しているので、申し込み方法などはこちらの記事を参考にしてください↓

【英語OK!】オアハカ現地ツアーが最高だった!!!|ツアーの申し込み方から見どころまで徹底解説!

ツアーの所要時間、値段

ツアーの時間は10:00~19:00(約9時間)、値段は1人あたり200ペソ(約1200円)です。

前回の記事でも書きましたが、一日でかなり多くの観光名所を回るので、交通費だけでも元がとれるくらいかなりお得なツアーになっています!!!

メヒサボ
私はセマナサンタにツアーに参加したので道が混んでいたこともありオアハカの中心地に予定よりも遅れて20時ごろに到着しました。

ツアーの見どころ紹介(イエルべ・エル・アグア編)

前回の記事ではモンテ・アルバンを中心に回るTour5を紹介したのですが、今回の記事ではイエルべ・エル・アグアを中心に回るTour4をご紹介したいと思います!

石でできた迫力満点の滝、イエルベ・エル・アグア

最初にツアーで回ったのは、まるで滝が石化したような景観をもつイエルべ・エル・アグアです。

イエルべ・エル・アグアとはスペイン語では”Hierve el agua”と書き、「沸騰した水」という意味です。

この滝はミネラル濃度の高い水が流れ落ち、岩を溶かしつつ長い年月をかけて石化したことでまるで滝が石化したような不思議な景観を作りあげています。

なんでもこの種類の滝は世界に3つしかないんだとか。。。

片道約2キロのコースが設けられていて、そこを下ると下からイエルべ・エル・アグアを仰ぎ見てその迫力をより感じることができます!

下りの道は足場が悪いところもあるのでスニーカーが必要です

迫力満点のイエルべ・エル・アグア。上から少しずつ水が流れ落ちてきています。

滝の上はプールのようになっていて水着をもっていけばプールに入ることもできますよ!

プールから見る景色もとても素敵です。
メヒサボ
ツアーだとあまり時間がないのであらかじめ水着を中に着ていくことをお勧めします!

緻密なモザイク模様を持つ遺跡、ミトラ

次に向かったのはモザイク模様で有名な遺跡、ミトラです。

遺跡全体に緻密なモザイク模様が施されています。

ミトラはサポテコ族がモンテ・アルバンを放棄したあと宗教の中心地として栄えた遺跡だそうです。

この遺跡の特徴はなんといっても緻密なモザイク模様!まだコンピューターもなかった時代にこんなにも緻密な模様を遺跡に施す技術があったことに驚きですよね!

遺跡の地下にあるお墓にも入ることができます。

地下にあるお墓は暗くて冒険気分が味わえます。

メスカル工房を見学、試飲を楽しもう!

続いて向かったのはメスカル工房です。

オアハカはメスカルという蒸留酒の産地としても有名です(メスカルのなかで特定の産地で生産されたものを特にテキーラと言います。)

このツアーではメスカルの工房で製造工程の見学とメスカルの試飲をすることができました。

原料のリュウゼツランを発酵させてメスカルができます。

製造工程の見学では、原材料のリュウゼツランの味見をしてみたり、発酵途中のメスカルを試飲することもできました。

発酵途中のメスカルが飲めるのは工房ならでは!

そしてもちろん見学が終わったあとには、様々な種類のメスカルを試飲して購入することができました。

写真はハマイカ(ハイビスカス)味のメスカル。甘くて飲みやすいです。

パッケージもかわいいのでお土産にもおススメです!!

織物工房でオアハカの伝統と文化に触れる

メスカル工房の後は、オアハカの織物工房の見学にいきました。

この工房では糸の染色から布を織るところまで全部手作業で行われています。

それぞれの色を出すためにどのような染料を使っているのかを実物を見せながら説明してくれます。染料もすべて自然由来のものを使っているそうです!

その後は実際に織物を織るところを実践で見せてくれます。

糸の色を細かく変えながら昔ながらの方法で織り上げていました。
メヒサボ
工房の方は最初の説明の際にサポテコ族の方でサポテコ語を少し聞かせてくれました。先住民文化に触れることのできる貴重な体験になると思います!

高さ40m越えの巨木エルトゥーレ

ツアーの最後は高さ42m、幹回りは60m近くにもなるというアメリカ大陸最大の木トゥーレの木を観に行きました。

写真には収まりきらないほどの大木です。

深い森の中にあると思いきや、市街地の広場のすぐ横にあり、教会に隣接しています。

その木の迫力に圧倒されることはもちろん、隣の教会や広場もとても良い雰囲気でした。

まとめ

前回の記事でも書きましたが、オアハカのツアーは本当にコスパが良く、充実しています!

自力ではなかなか行きづらい場所にも連れて行ってくれて、英語でガイドもしてくれるのでぜひオアハカに足を運んだ際には利用してみてください!

前回のオアハカのツアーの記事をまだご覧になっていない人は、ツアーの申し込み方法はどが詳しくかいてあるのでぜひこちらも参考にしてみてください♪

【英語OK!】オアハカ現地ツアーが最高だった!!!|ツアーの申し込み方から見どころまで徹底解説!

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です