メキシコシティでDELEを受験しよう!|申し込み方法から徹底解説!!

スポンサードリンク



 

皆さんこんにちは!メヒナビ編集部のななです。

メキシコに留学にきた方なら一度はスペイン語の検定試験について考えたことがあると思います!

スペイン語検定試験で今一番ポピュラーなのはやはりDELEではないでしょうか。そこで今回はメキシコシティでのDELEの申し込み方法から結果の見方まで実際にDELEを受験した私の実体験も元に紹介していきたいと思います!

 

メキシコシティでのDELEの試験会場

 

メキシコシティでDELEを受験できるところは2か所あります。

 

International House Mexico City

1か所目は私が受験したInternational House Mexico Cityです。(以下IHと省略します)

ここはコンデサにある語学学校で、みたところメキシコ人向けの英語の授業を中心にしている学校のようでした。

大きくはないですが、英語の授業を行っているところなので英語が通じると思います。

Itoa Idiomas SC

2か所目はItoa Idiomas SCです。

ここは外国人向けのスペイン語学校なのですが、かなり規模が小さく学校というよりは個人経営の塾という感じたそうです。

 

 

メヒサボ
私はIHで受験してあまり環境が良いとは言えませんでしたが、ItoaはさらにDELEの受験に関しては環境があまりととのっていないそうなのでIHをお勧めします。

 

 

DELEの申し込み方法(IHの場合)

自分の受けるレベルの日程、値段を確認

DELEの試験日は年7回受験日がありますが、それぞれの受験日によって受験できるレベルが異なります。自分の受けたいレベルがいつ受験日か確認してから申し込み準備を進めましょう。

 

IHの場合受験料は以下の通りです。(1MNX=約6円)

A1(Adultos y Escolar) $2,680 MN
A2 $2,807 MN
B1 $3,318 MN
B2 y A2/B1 Escolar $3,828 MN
C1 $4,210 MN
C2 $4,594 MN

(出典:https://www.ihmexico.com/es/examenes-internacionales/examenes-dele/fechas-y-precios/

 

 

ここからはIHの場合の受験の申し込み方法について説明します。

出典:https://www.ihmexico.com/ih-sedes/ih-condesa/

IHのホームページにはオンラインで申し込みができるとも書いてありますが、最終的には支払いをしに行かなければならないので私は最初から直接申し込みにIHまで行きました。

 

1.申し込みフォーマットを記入する

IHのホームページ、またはセルバンテスのホームページから申し込み用紙をダウンロードして記入します。スペイン語版で分からなければ、セルバンテスのホームページには日本語版のフォーマットもあるので参考にしながら書いてみてください。

IH HP:https://www.ihmexico.com/wp-content/uploads/2019/01/formulario_inscripcion_dele_2019_0.pdf

セルバンテスHP:https://examenes.cervantes.es/es/dele/inscribirse

メヒサボ
IHで申込書を書くこともできますが、事前に書いていくことをお勧めします。

 

2.IHに行き申込書提出、試験料支払い

フォーマットを記入したらIHに行き、申込書の提出と支払いをします。

受付に直接行き、DELEの申し込みに来ましたと言うと手続きを進めてくれます。

申し込みの際には身分証明書が必要なのでパスポートを持って行ってください。(コピーでも可)

メヒサボ
私はメキシコの在留カードを持っていきましたが、在留カードではダメだと言われ後日メールでパスポートの写真を送ったので、パスポートを最初から持って行ったほうが良いです。

 

申込書を受理してもらったら、試験料の支払いをします。

支払いはカードでもできました。(VISAかマスターカードが確実です)

 

支払いがすんだら、後日IHから試験についてのメールがくると言われ申し込み完了です。

 

 

3.メールで受験票を受け取る

試験の1か月前くらいになるとIHからDELEの受験票が届きます。メールを受け取ったら必ず受験票に誤りがないか確認し、確認したら必ずIHに確認した旨を返信してください。

受験票は当日必要になるのでダウンロードして印刷してください。

 

 

IHで試験を受ける

 

試験当日は受験票と本人確認用のパスポートを忘れずに持って行きましょう。

試験は読解、リスニング、筆記の試験をまず先に行い、お昼休憩をはさんでから午後に会話の試験が行われます。

かなり長丁場になるのでしっかりと準備をしていってください。

 

メヒサボ
会話の試験は申し込みが早ければ早いほど最初の方にうけることができますよ!

 

他の教室はどうか分からないのですが、私が試験を受けたときは机が海外の大学によくあるような椅子と一体化したもので、回答用紙を置いたら机がいっぱいになってしまいリスニングの時などはとくにやりづらかったです。

テーブル付き椅子 に対する画像結果
このタイプの机でかなりやりづらかったです、、、

 

またリスニングも個別で受けるのではなく、ラジカセを使って一斉に流すタイプでした。道路が近くてトラックの音でよく聞こえないこともありましたが巻き戻したりはしてくれないので集中して聞きましょう(苦笑)

 

 

試験が終わったら、、、

最後の会話の試験が終わった後は各自解散になります。

結果は後日セルバンテスから直接メールが来てホームページで見ることができます。

試験の際に配られた紙には試験の結果は3~4か月後に見れると書いてありましたが、実際には試験を受けてから1か月半ほどでメールが来ました。

 

 

最後に

スペイン語の能力はスペイン語圏にいるときが一番高いです!

日本に帰る前にぜひDELEを受けてみてください!メキシコならではの少し雑な印象は受けましたが、しっかりと準備をすれば、メキシコでも問題なくDELEを受けることができます。

今後DELEを受けようと思っている人はぜひこの記事を参考にしてくれたら幸いです。

¡Buena suerte!

 

 

 

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です