【コロナ最新情報】7月第2週の経済活動再開に向けて。メキシコシティはオレンジ色、グアナファト州は赤色

チワワ鉄道で行くクリール(Creel)を観光!おすすめスポット・見どころと行き方

7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年7月6日現在、感染者は261,750人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第2週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わった一方、グアナファト州は再び赤色に。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】7月6日~7月12日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

 前回は、メキシコ北部を走るチワワ太平洋鉄道の魅力と、チケットの買い方、乗り方について紹介しました。(記事はこちらから

【秘境】チワワ太平洋鉄道の魅力とチケットの買い方・乗り方

 今回はその後編として、チワワ太平洋鉄道沿線にある秘境Creel(クリール)をご案内します。

クリールってどんな場所?クリール観光について

Chepe

 メキシコ北部、チワワ州の山岳部にある地域。

 規模は小さく、町よりも“村”という印象です。人口は5000人ほど、その殆どは観光業で生計をたてています。そして山岳部観光の拠点として知られています。

 中心部にはログハウス調のホテルや土産物店がありますが、これといった名所はなく、1時間もあれば全体が把握できてしまう程。

ですが、この小さな村には多くの観光客がチワワ太平洋鉄道を利用して訪れます。
一体なぜわざわざここに来るのでしょうか?

それは村周辺に、

メキシコのイメージをくつがえす様な自然がたくさんあるから

です!

多くの観光客は、現地のホテルや旅行代理店で、周辺の自然をみてまわるツアーに参加します。
今回は私がクリール観光で見てきた場所を紹介していきます。

クリール観光

おもしろい形の岩がたくさん!

まずは個性的な形をした岩を見にいきます。

こちらは象の形

クリール観光 岩

カエルの形をした岩がいくつも。お土産を売るおばさんもいます。

クリール観光 岩

キノコに見えます。今は上部が落ちないようセメントで固められているそうです…笑

クリール観光 岩

村からは1時間ほど、“修道士の谷”へ。自然にできたこの大きな岩の柱が修道士に見えるということで名付けられたそうです。

クリール観光 岩

クリールで先住民のタラウマラ族の暮らしをのぞく

creel

 メキシコ北部には“タラウマラ族”という人々が住んでいます。人口はおよそ7万人。タラウマラ語を話し、今日ではスペイン語も使われます。

 彼らの特徴としてよく知られているのが、サンダルを履いて長く走ることができる、ということ!
現地では”走る民族”を意味する言葉“ララムリ”と呼ばれています。

ララムリはとても走るのが早い!そんなララムリの記事をご覧ください!

▼ララムリの記事 はこちらから

ララムリと呼ばれるタラウマラ族が愛用するワラッチの語源は「ワラジ」だった?!|日本とメキシコのふか~い関係

ララムリ タラウマラ族 家 サンダル

観光客は彼らが走る場面は見られませんが、家を見学することができます

木や石でできた小屋、洞窟や断崖の下に作ったシェルターの様な場所に住んでいます。

ララムリ タラウマラ族 家 サンダル

ここに家を建てることで、効率的に火の熱を利用することが出来ます。

岩の一部が灰ですすけていたら、彼らが住んでいる可能性が高いです。

ララムリ タラウマラ族 家 サンダル

最近は都市部に移り住むタラウマラ族も増えていますが、こうして昔ながらの生活を続ける人も多く、観光客からのチップや民芸品を売って生活しているそうです。

ララムリ タラウマラ族 家 サンダル
家の内部。岩がせり出しています。

クリールから1時間、クサラレ滝とアラレコ湖がおすすめ!

サラレ滝(Cusárare)

こちらはクサラレ滝。村からは1時間ほど。
上からだけでなく下に降りることもできます。高さは約30m、雨期には水量がさらに増えるそうです。

クサラレ滝

アラレコ湖(Arareko)

アラレコ湖は、2つのダムによってできています。針葉樹と岩に囲まれた美しい風景は、一見の価値ありです。

アラレコ湖

大峡谷バランカデルコブレはグランドキャニオンの4倍!

 Creelからバスで1時間、チワワ太平洋鉄道のディビサデロ駅の前に広がるのは、大峡谷バランカデルコブレ(通称コッパーキャニオン)です。

 ここは、タラウマラ山脈の6つの峡谷からできています。全体の規模は、あのグランドキャニオンの4倍!大きさに圧倒されます…

峡谷の奥地へ行くためのロープウェイ(250ペソ:約1500円)や、迫力満点のジップライン(1000ペソ:約6000円)もあります。

柵がないので、崖のすぐ近くまで行くことができます。散策時はお気を付けて…

【番外編】 メキシコで2番目に巨大なバサセアチ滝を見に行こう!

クリールからは車で片道4時間の場所に、メキシコで2番目に大きい滝があります。
(ちなみに1番目は秘境すぎて情報がありませんでした…ですがこの近くにあるそうです)

それがこのバサセアチ滝。まずは滝を正面から見ることが出来る展望台へ。

落差はなんと270m!華厳滝の約3倍です、規模が違う…あまりの大きさに圧倒されます。

つぎはここから車で30分、滝を上から見にいきます。遊歩道をしばらく歩いて行くと…

滝の落ち口に。高すぎて下が見えません。そして周囲の自然もすごい!

ちなみに数年前に、滝に続く川をジャンプした人が滝におちてしまい行方不明のままだそう、くれぐれも注意してください…

クリールの行き方

 クリールに行く方法は2つ。チワワ太平洋鉄道、もしくはバスしかありません。

チワワ太平洋鉄道

海沿いの街ロスモチスから、チワワ州の州都チワワを結ぶ鉄道。
運行日が決まっているのであらかじめ確認しておく必要があります。

 バス

チワワからはバスが定期的に出ており、所要時間は約4時間。
ロスモチスからのバスは8時間かかります。

その他

レンタカー

クリールには借りられるところがないので、チワワなどの大都市でレンタルする必要があります。

クリール周辺の観光地を自分で巡ることが出来るので便利ですが、標識があまりなくGoogleMapに載っていない場所もあります。観光に行く際は、村中心部にある観光協会で地図をもらってから出発しましょう。

飛行機

クリール中心部から車で約30分の場所に空港があります。
しかしあまり使われておらず、最寄りのチワワ止まりの便がほとんどです。
値段も高く、便数も少ないためチワワ太平洋鉄道やバスの利用をオススメします。

まとめ

 いかがでしたか?“砂漠”“サボテン”“ビーチ”といったメキシコのイメージは変わったでしょうか。
 メキシコの国土は日本の約5倍自然も気候も場所によって様々です。まだ知られていないところもたくさんあります。

 今回紹介した場所は、チワワ太平洋鉄道の沿線に位置しています。鉄道好きも、そうでない人も、メキシコにお越しの際は、北部の大自然をお忘れなく!

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です