6/9更新|新型コロナ情報はこちらから】ついにメキシコシティも「緑」信号に!!

【読書好き必見】スペイン語で読むメキシコ文学をご紹介!【スペイン語の勉強にも】

前回の続きです!

【読書家必見】 日本語で読めるおすすめメキシコ文学・小説をご紹介!

今回は二冊紹介します。

前回紹介した本との違いは、日本語訳版がまだ出ていないことです。

原書で読む良さもあるので、是非スペイン語で読んでみましょう!

1. “La tumba” – José Agustín (1964年)

この本はJosé Agustínの最初の本であり、
ラテンアメリカ文学の新しい時代(La literatura de la Onda)を切り開いたと言われています。

出典:wikipedia

当時の現代のスペイン語で語られているのが当時新しかったようです。

口語で書かれているので馴染みのない単語もありましたが、
メキシコでどのような話され方がされていたかが分かります。

16歳の主人公Gabrielの生活を中心に描かれます。
生意気な主人公で鼻につきますが、
友人関係、恋、葛藤などその年齢だからこその想いが描かれていたりして面白いです。

会話のなかで使われている文法に着目すると、
vosotrosを使っていたり、(メキシコではvosotrosは基本的に使われません)
先住民の発音を真似て話している場面もありました。
これらは翻訳版では表現することのできない原書ならではの良さだと思います。

メキシコのスペイン語の特徴を文法的に完全解説!

私は留学中のレポート題材にこの本を選び、日本の大学でも卒業研究としてこの本を選びました。

量もそれほど多くないですし、スラスラ読み進めることができる本だと思います!!

2. “Las muertas” – Jorge Ibargüengoitia (1977年)

この本になぜ出会ったかというと、
作者のJorge Ibargüengoitia は私が留学していたグアナファト出身だからです。
彼は小説、短編、劇など様々な物を手掛けていました。

出典:el país

現地の本屋でこの作者の有名な本を選んでもらったところ、この本を紹介してもらいました!

英語版も出ているようです!

この小説は、Las Poquianchisと呼ばれる人たちが売春宿を経営し、
そこで働けなくなった女性ら計91名を殺害していたという実際に起きた事件を基に書かれています。

恐ろしいですね、、、

読むのが怖いけど続きが気になる、そんな小説でした。

前回紹介させてもらった本とはまた違ったゾワゾワを味わえると思います!

本を読むならKindleがおすすめ!

Kindleですぐにスペイン語の本が読めます!

Kindle Unlimitedでなくてもamazonで一冊ずつ読みたい本を買えばKindleは利用することができます!

特に強調したいのは、今回紹介した原書はKindleですぐに安く購入できる点です!
スペイン語の本は中々手に入れにくいですよね。でもKindleならすぐに購入できてとてもおすすめです!

また、本を持ち歩くのが億劫だったり、家に本が溜まっていって困っている方は電子書籍を試してみるのも良いと思います。

実際に私もここ数年で電子書籍を使い始めたのですが、かなり快適なのでオススメです!

Kindle端末共通のメリット
  • 電池持ちが良い
  • 何冊も一台に保存できる
  • プルーライトがゼロなので就寝前でも安心
  • 光の反射がしないので太陽の下でも読める
  • 下のリンクからならKindle Unlimited三ヶ月分ついてくる
Kindle
  • 最安(8,980円)
  • ディスプレイ6インチ
  • 最軽量
  • 内蔵ライトなし
  • 解像度は低く、漫画などは読みにくいかも

🌟とにかくコストを抑えたい方、小説をメインで読む方にオススメ!

Kindle Paperwhite
  • バランスの取れたKindle
  • 価格は13,980円~
  • ディスプレイ6インチ
  • 内蔵ライト搭載
  • 解像度も高く、漫画なども読みやすい
  • 防水機能あるためお風呂でも読める
  • 名前の通り画面が紙の質感
  • ページをめくるときに少し残ったりしてしまう

🌟コスパ重視の方、絵や図がある本も読む方にオススメします!

Kindle Oasis
  • 最上位モデル
  • 最高値(29,980円〜)
  • 唯一のディスプレイ7インチ
  • 画面の色調整ができる(白から少し暖かい色まで)
  • ボタンでページ移動できるから片手で読める
  • 動作はかなりサクサク
  • 防水機能あり

🌟値段は高くてもとにかくストレスフリーでたくさん読書をしたい方にオススメ!

もちろんKindle端末でなくてもスマホ、タブレット、PC、Macなどから読むことができるので、そちらでも大丈夫だと思います!

本をたくさん読むならKindle Unlimitedがおすすめ!

本をたくさん読むならKindle Unlimitedをおすすめします!

スマホ、タブレット、PC、Macから200万冊以上読み放題です!
月額980円なので一月に本を二、三冊買うと考えたらかなりお得です!

私も最近kindleを使い始めたのですが、本もかさばらずにかなり快適です!

30日間無料体験もできるので、一度使ってみてください。
もちろん解約すれば無料なのでまず一回体験してみるのが良いと思います。

解約方法は
①マイページからKindle Unlimited会員登録をキャンセルをクリック
②メンバーシップを終了するをクリックして解約完了です。

これでいつのまにか無料期間が終わっていたために請求されるということもなく安心です。

【公式】Kindle Unlimited無料体験はこちら!

 

スペイン語で読むメキシコ文学のまとめ

いかがだったでしょうか。

新たにメキシコ文学を読んだらまた記事をあげたいと思います!

皆さんもお勧めがありましたらコメントお願いします!

メキシコ文学ランキングの記事もあるのでこちらもご覧ください!

【名作・人気】メキシコ文学・小説おすすめランキング!【日本語でもスペイン語でも】

【メキシコ文学名作】メキシコ人が分かる名著オクタビオ・パス『孤独の迷宮』をご紹介!

是非メヒナビの記事のシェアをお願いします!▼

メキシコで働きませんか?

スペイン語を生かしたい…。今いる環境から一歩踏み出したいと考えているあなた。是非メキシコで働きませんか?

メヒナビでは現地の求人情報をお伝えしております。お問い合わせ、紹介はすべて無料。

まずはお気軽にお問い合わせを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です