【サンルイスポトシ】日本の四季をテーマにしたデジタルアート展 “JAPAN SENSE” がスゴイ!

サンルイスポトシ市内のミュージアム、Museo Laberinto(ムセオ・ラべリント)にて開催中の企画展“JAPAN SENSE”へ行ってきました。メキシコシティで開催された第一回目に続き、現在はサンルイスポトシにて第二回目が期間限定で開催されています。日本の四季をテーマにしたデジタルアートを特別にデザインされた空間で楽しむことができます。

“JAPAN SENSE”とは

JAPAN SENSE: The Immersive Experience は、2021年秋より開催されている期間限定のデジタルアート企画展です。第一回目は2021年秋~2022年春にメキシコシティで開催され、第二回目の開催地としてサンルイスポトシに上陸し、2022年5月末から4か月間の期間限定で開催されています。まだ正式な発表はされていませんが、今後別の都市でも開催されるかもしれませんね。

特別にデザインされた空間で日本の四季である春・夏・秋・冬をテーマに作られたデジタルアートを体感することができ、「日本を知りたい」方にも「日本が恋しい」方にもおすすめのイベントです。メキシコ在住日本人のみならず、メキシコ人にも人気です。

企画展入り口はこんな感じ
イベント名JAPAN SENSE: The Immersive Experience
開催期間2022年5月末から4か月間
時間月~金 9:00〜17:00
土   11:00〜21:00
日   11:00〜17:00
※時間指定の完全入れ替え制
住所Blvd. Antonio Rocha Cordero S/N
Col. Tierra Blanca
San Luis Potosí, S. L. P.
México
料金チケット…150~200ペソ/人
グループ割チケット(4 x 3) …450~510ペソ 3人分の料金で4人入場可能
※日時により値段が異なる
チケット
購入方法
オンラインチケット販売ウェブサイト Boletia にて購入可
備考年齢制限なし、お子様連れ可
マスク着用必須

内容と楽しみ方

日時指定および人数制限ありの完全入れ替え制で、一回の体験につき所要時間40~45分となります。購入したチケットの10分前に入り口で待機し入場します。

下記4つのコンセプトから、「日本の四季」を体感できる空間になっています。

  • デジタルプロジェクション
  • 音と雰囲気
  • インテラクティヴエリア
  • ビジュアルアーティストによって作られた3D映像とテクノロジー

映像

入場すると、映像が四方八方に映し出される日本をイメージした空間に案内されます。早速、日本の四季を映像、音、光を駆使して表現したデジタルアートが楽しめます。日本の四季折々の自然、風景、伝統が織り交ぜられています。説明は基本スペイン語になりますが、時折日本語の美しいフレーズもささやかれます。

空間の中央はガラス張りの床になっており、クッションに寝そべりながらデジタルアートを体感できます。空間内には鳥居や日本的な橋をイメージしたオブジェもあり、映像を背景に橋を渡りながらフォトジェニックな写真を撮ることもできます。

年齢制限などはなく、小さなお子様連れのご家族も楽しむこともできますよ。

フラッシュ撮影は禁止ですが、フラッシュなしの写真およびビデオ撮影はOKでした。

「日本の四季」を体感できる特別な空間

リラックスしながら「日本の四季」を体感

日本らしい映像の数々

橋は実際に渡ることができます

四季それぞれの風物詩が登場

体験型エリア

また、映像終了後にも楽しめるZona Interactivo(ソナ・インテラクティボ)という体験型エリアが2か所ありました。春の風物詩である「桜」と夏の風物詩である「風鈴」をモチーフにしたエリアがあり、それぞれの風物詩の説明と、実際に歩いたり触ったりして映像、光、音が反応するような体験ができます。

桜をモチーフにした体験エリア

風鈴をモチーフにした体験エリア

書道の展示

空間内に「日本の四季」をテーマにした書道の展示もありました。

「日本の四季」をテーマにした書道の展示

Museo Laberintoについて

今回、JAPAN SENSE開催場所であるMuseo Laberintoについてもご紹介致します。

サンルイスポトシ市内にあるMuseo Laberinto de las Ciencias y las Artesは、子どもから大人まで楽しめる、学びながら科学、アート、テクノロジーのインテラクティヴな体験することができるミュージアムです。メキシコで二番目に大きいParque Tangamanga I (タンガマンガ公園)の裏手に位置します。期間限定の企画展やイベント等も行っており、公式Facebookページにて最新情報をチェックできます。

中庭にあるサボテンの迷路(ラべリント)

詳細情報まとめ

開催期間2022年5月末から4か月間
時間月~金 9:00〜17:00
土   11:00〜21:00
日   11:00〜17:00
※時間指定の完全入れ替え制
住所Blvd. Antonio Rocha Cordero S/N
Col. Tierra Blanca
San Luis Potosí, S. L. P.
México
料金チケット…150~200ペソ/人
グループ割チケット(4 x 3) …450~510ペソ 3人分の料金で4人入場可能
※日時により値段が異なる
チケット
購入方法
オンラインチケット販売ウェブサイト Boletia にて購入可
備考年齢制限なし、お子様連れ可
マスク着用必須

①チケット購入方法

下記Boletiaというウェブサイトにで事前購入することができます。日時指定制。

購入後、Eメールにて電子チケットが送付されてくるので、当日電子チケットの画面を入り口で見せて入場できます。

②アクセス

車でのご来場が便利です。駐車場は予約不要、無料。

地図

今回イベントに訪れた際、来場者のほとんどがメキシコ人でした。メキシコには日本へ興味を持っている方が多いなぁと改めて感じました。

最後に

いかがでしたでしょうか?メキシコでも日本の四季を感じられるイベント、とっても貴重ですよね!是非訪れてみてください!

サンルイスポトシの情報、意外と少ないですよね。メヒナビではサンルイスポトシの情報もこれからどんどん追加していきますのでお楽しみに!

サンルイスポトシの記事はこんなものを書いております

是非メヒナビの記事のシェアをお願いします!▼

メキシコで働きませんか?

スペイン語を生かしたい…。今いる環境から一歩踏み出したいと考えているあなた。是非メキシコで働きませんか?

メヒナビでは現地の求人情報をお伝えしております。お問い合わせ、紹介はすべて無料。

まずはお気軽にお問い合わせを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。