死ぬ前に訪れたい…まさに天国!最高すぎた6泊7日カンクン・キューバ旅行記!〜前編〜

スポンサードリンク



あけましておめでとうございます!

皆様年末年始はゆっくり過ごせましたでしょうか?

昨年の終わり頃このメヒナビに出会い、ブログを書き始めてまだ間もないですが、

今年もメキシコの情報をお届けできればと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、年末にカンクンとキューバへ旅行に行ってきました!

カンクンは10年前に訪れて以来2度目になるのですが、変わらぬカリブ海の綺麗さはやはり最高でした・・・!

今回はカンクン、キューバの魅力と実際に訪れたスポットなどを抜粋してご紹介できればと思います。

※駆け足の紹介になってしまうかもしれませんがご了承ください。

 

【完全解説】カンクンってどんなとこ?観光名所・治安等全てを写真でわかりやすく解説!

2018年7月16日

Dia 1 :カンクンに到着!ホテルゾーンへのタクシーが高いのでレンタカーを手配

夕方の便でアグアスカリエンテスから直行便でカンクンに向かいました。

VoralisというメキシコのLCC会社で飛行時間は約3時間弱ほど。

メヒサボ
メキシコの国内移動はLCCが安い!下手したら高速バスと変わらない値段…なんてこともあります。

中南米の格安移動ならLCC以外にあり得ない|メキシコのLCC3社をご紹介します!

2018年10月29日

 

カンクン到着後は空港でAVISというレンタカー会社で車を借りました。

カンクン国際空港からホテルゾーンまでは主にタクシーかバス、送迎シャトルを使用して移動するのが一般的ですが、タクシーが年末のハイシーズンということもあり、550ペソ(=約3,000円)ととても高かったのと、後にも紹介しますが、今回はカンクンを拠点にトゥルムやピンクレイクと行った観光スポットに足を伸ばして行く予定でしたので、滞在の4日間ずっと車を借りることにしました。

 

そして今回滞在したホテルのReflect Kristal Grand Cancun。

今回滞在したReflect Kristal Grand Cancun。カンクンのホテルゾーンの中では比較的リーズナブルかも?

リッツ・カールトンやハイアットジラーラといった高級外資系ホテルなどと比較するとコンパクトな造りですが、Coco Bongoなどのナイトクラブやショッピングモールが密集しているエリアに徒歩で行けるという好立地で、またホテルゾーン内のホテルにしては比較的リーズナブルでコスパが良かったと思います。

 

初日のディナーはCHUCITO PEREZというメキシカンレストランで軽めに取りました。

カンクン初日のディナーはCHUCITO PEREZでメキシカンを堪能!
カンクン初日のディナーはCHUCITO PEREZでメキシカンを堪能!

タコスとトルティージャ入りスープを注文。

 

Dia 2 :車でトゥルムへ!グランセノーテの透明度に感動

カンクンホテルゾーンから車で約2時間、まずはトゥルムにも程近いグランセノーテに行きました。

セノーテとは、地表にできる陥没穴に地下水が溜まってできた天然の泉で、カンクンがあるユカタン半島には、なんと推定7000ものセノーテがあるといわれています。

※実際に道を走っていると、ちょくちょくCenoteと書かれている看板を目にしました。

その中でもグランセノーテは一番メジャーで観光客が多いスポットです。

 

入場料は1人180ペソ。有料でロッカーやシュノーケルマスク、ライフベストなどをレンタルすることができるので、水着とタオルを用意していれば泳ぐことが可能です。

水の綺麗さを保つために、入る前に必ずシャワーを浴びるよう係員に言われます。

日焼け止めや女性は濃い化粧のまま入ることもNGですので気をつけましょう。

車でトゥルムへ!グランセノーテの透明度に感動! 車でトゥルムへ!グランセノーテの透明度に感動!

泉に潜った瞬間、水の透明度に思わず感動しました。(と同時に、水深が深いのでとてもビビりました。)

そして、人生初シュノーケリングに苦戦しながらも泳いでいると、夫がGoProで撮ってきたのはなんと亀!!

車でトゥルムへ!グランセノーテの透明度に感動!

こんなに間近で亀が泳いでいるのを見ることができるのも、メキシコの自然の素晴らしさを感じる瞬間です。

その後はトゥルムのホテルゾーンへ移動し、昼食を取りました。

トゥルムのホテルゾーンはカンクンとはまた異なる雰囲気で、とても洗練されていました。

おしゃれな雑貨屋やお土産屋も立ち並んでおり、女性ならきっと好きだと思います!

カンクンほど観光客も多くなくゴミゴミしていないのでおすすめです。

こじんまりしてるが洗練されたトゥルムのホテルゾーン。 こじんまりしてるが洗練されたトゥルムのホテルゾーン。

ちなみにハイシーズンにつき高すぎて今回宿泊を断念した、Azulikというホテル。

・・・おしゃれすぎて脱帽します。インスタ映えの極み。

メキシコ滞在中に是非泊まってみたいホテルです。

 

その後カンクンに戻り、アルゼンチンステーキハウスのCambaracheで夕食を取りました。

カンクンディナー2日目!アルゼンチンステーキハウスの「Cambarache」 カンクンディナー2日目!アルゼンチンステーキハウスの「Cambarache」 カンクンディナー2日目!アルゼンチンステーキハウスの「Cambarache」

ステーキが肉厚でとても美味しかったです!

しかも店内もおしゃれ!クリスマス当日というのもあり、多くの客で賑わっていました。

La Islaという大型ショッピングモールの中にあるので、お買い物のついでに行けるのも良いと思います。

 

この日はスーパーアクティブだったのでまだ続きます。

この後訪れたのはカンクン最大のナイトクラブCoco Bongo!

カンクン最大のナイトクラブCoco Bongo!

開場(22時半)直後のエントランス付近。多くの観光客で行列ができていました。

 

チケットはネットで事前購入するか、またはホテルゾーンの至る所でも販売しておりその場で買うことができます。

チケット価格
レギュラー料金(飲み放題付)→70USドル/人

入場+3ドリンク→55USドル/人

※他にも料金プランはあると思いますが、私がCoco Bongoのチケット販売所で案内されたプランは上記となります。

カンクン最大のナイトクラブCoco Bongo!
カンクン最大のナイトクラブCoco Bongo!

有名ハリウッド映画やアーティストのPVをパロった演出。再現度は高いです!

 

アクロバティックなパフォーマンスも多くショーが中心となっているので、老若男女問わず楽しむことができます。

キャバレーに近いのでクラブ初心者の方にもオススメ。個人的にはもう少しアングラな雰囲気が欲しかったですが。

 

 

Dia 3 :念願のピンクレイクへ!野生のフラミンゴ拝めました

前日フル活動した身体を奮い起こし、3日目はピンクレイク(Pink Lagoon)へ。

カンクンからは車で休憩なしで3時間強かかりました・・・。ツアーやバスなどで行ったらもっとかかると思いますが。

夫よありがとうございます頭上がりません。

ピンクレイクへの観光は丸一日確保した方が良いです。

 

車で行く際は途中有料道路があり、普通車片道300ペソ程度かかります。

またバスで自力で行く際は、カンクンと1時間時差が発生しますので、時間を間違えて帰りのバスを逃してしまった・・・ということがないように気をつけましょう!本数も少ないらしいです。

そして到着したピンクレイクの景色がこちら!

念願のピンクレイクへ!野生のフラミンゴ拝めました。 念願のピンクレイクへ!野生のフラミンゴ拝めました。

天気予報があまり良くなかったので濁っていたらどうしようと心配していましたが、天気もなんとかもってくれ、またメキシコの自然が作り出した光景に感動することができました。

 

ちなみにこのピンクレイク、個人所有の塩田の敷地内ということと関係があるかわかりませんが、入り口付近にいるガイドを付けないと中に入ることができません。

ガイドは一人当たり50ペソ(約300円)なので、良心的な値段でしたが、まだ観光地化して間もない場所ですので、今後金額は変わっていくかもしれません。

 

またガイドから、「ここから5kmくらい先にモアピンクでモアフラミンゴな場所があるよ!」と言われたので半信半疑で車で向かってみました。

地図上だと本当にユカタン半島の端っこで、車通りも少ない・・・大丈夫?と心配になりながらも到着。

 

念願のピンクレイクへ!野生のフラミンゴ拝めました。

 

全然モアピンクじゃない!!笑

でもとても近い距離で野生フラミンゴの集団を見ることができました。(30m以内には近づけたと思います。)

これにはガイドに感謝です。

ピンクレイクへ行くのに一苦労で、その日の夜はホテルゾーンで適当に見つけたレストランで食事をしたので紹介は割愛します・・・。ごめんなさい。汗

 

4日目以降は後半へ!

3日目までの駆け足の紹介でもなかなかのボリュームになったので、4日目以降は次回の記事で紹介できればと思います。

次回は念願だったキューバ編です!こちらも読んでいただけると嬉しいです!

 

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です