【9/17更新】新型コロナ情報|メキシコシティとグアナファト州の信号まとめ

あなたの会社のメキシコ事業をバックアップ! PRODENSA(プロデンサ)ご紹介

9月のメキシコの新型コロナの状況

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年9月16日現在、感染者は680,931人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

▼9月の経済活動再開の指針は?▼

今週より「黄色」信号の州が増えました。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】9月14日~9月20日の信号情報|州ごとの感染者数、メキシコシティとグアナファト対応のまとめ

1) はじめに

初めまして、私はメキシコに関連する事業を行われている企業をサポートする、PRODENSA(プロデンサ)の川村と申します。宜しくお願い致します。

私は、2001年からメキシコに永住しております。メキシコ人と家庭を持ち、日系の自動車部品の会社でのべ12年働いたのち、現在はプロデンサで日系企業様向けに、サービスを紹介しています。

2) プロデンサについて

プロデンサは、メキシコが外国資本による、主に製造業を積極的に誘致、支援するようになった1985年に、北部の工業都市モンテレイで活動する実業家たちの発案で、創設されたメキシコ資本の企業です。

企業は、現在以下の3つの事業体から成っており、主な業務を記しますと

Prodensaの事業

① コンサルティング事業…メキシコ事業に関する、調査、相談、立ち上げ支援。

② ヒューマンリソース事業…人材採用サポート、労働市場調査、教育支援。

③ 工業不動産仲介事業…土地や建屋の購入、レンタル、売却等の支援。

 これまでは北米(米国、カナダ)の企業をサポートすることが多かったですが、2010年代以降、欧州、日本、韓国、中国等の企業が多くメキシコに進出するようになり、サポートしています。

グループ全体で700名ほどの従業員の中に、米国、中国、オランダ、日本出身の各スタッフも働いており、欧州や中東にも事業拠点のある、国際色豊かな企業です。

3) 日本企業がメキシコでのビジネスに必要なこと、アジアでの事業と違う点

メキシコの求人

メヒナビの多くの読者の方のうち、ビジネスに何等かの形でメキシコと繋がっている方の場合、お勤め先は日本以外に中国、韓国、タイ、インドネシア、マレーシア等、アジア諸国に製造拠点や、事務所を構えていることが多いかと思われます。

しかし太平洋を跨ぎ、米国と直接陸続きとなっているという地政学的特性、3世紀以上に亘るスペイン植民地時代を経験したことによる西洋と現地文化の融合、日本の5倍の面積を持つ地理的多様性などだけを取っても、日本企業が既にアジア圏諸国で経験したことのないであろう、ローカルな特性がメキシコには数多くあります。

加えて、私が思うに、アジア的な「勤勉さ」や「全体の利益の追求」と、西洋的な「オンとオフをはっきり分ける」や「個人の幸福の追求」、さらにメキシコ独自の事情などを組み合わせ、シナジーを与えるには、やはりそのノウハウを持って、メキシコ事業を行っていく必要があるのではないでしょうか。

4) プロデンサのサービス

プロデンサは、世界各国からメキシコにやってくる企業や、メキシコにモノやサービスを輸出したいという企業を、ワンストップでサポート出来る会社です。

                  例えば、こんな場合は弊社でお手伝いが出来ます。

① メキシコに日本等から輸出して、販売をするための代理店候補探し、マッチングサポート

② メキシコに製造拠点や販売拠点を置きたいので、土地、建屋、倉庫などを探したり、法人の設立を含めて管理業務、人材探しを行う

③ メキシコの市場について詳しく教えてほしいので、現地状況を調査してほしい。また、ポテンシャルカスタマーや、部品・資材の供給業者を調べてほしい

④ メキシコで事業を行ってみたが、他の業者に事業や不動産を売却したり、清算をしたいので、手伝って管理してほしい

他にも、色々なサービスに対応可能ですので、詳細は下記連絡先へ是非どうぞ

5) 問い合わせ先

                 日本企業お客様担当 川村(かわむら)

                 携帯電話 +52 449 155 5036

                 電子メール akabanestar@hotmail.com

宜しくお願い致します!!!

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です