【コロナ最新情報】7月第2週の経済活動再開に向けて。メキシコシティはオレンジ色、グアナファト州は赤色

メキシコの新聞をご紹介!メキシコに詳しくなりながらスペイン語力も上げよう!

7月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年7月6日現在、感染者は261,750人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

一日におよそ10%ずつ感染者が増えていましたが、5月に入り増加率は5%程度、6月は3%程と増加率は低下していますが新規感染者は増え続けております。

▼7月第2週の経済活動再開の指針は?▼

遂に、メキシコシティやケレタロ州が赤信号からオレンジ信号に変わった一方、グアナファト州は再び赤色に。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】7月6日~7月12日はどうなる?メキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

日本に住んでいる時はニュースを頻繁に見るけど、
いざメキシコで生活するとなかなか情報を集めることができていない人もいるかと思います。

また、これは私の感覚ではあるのですが、日本ではテレビがメディアとしてまだ力を持っている一方、メキシコではテレビの影響力は少し薄いのではないかと感じていました。
実際私のホームステイ先にはテレビがありませんでした。

それでは現地の情報をどのように集めるか。

ということで今回はネット上で読めるメキシコの新聞4種類を紹介していきたいと思います!

メキシコのニュースを知りたい方はもちろん、
少し難易度の高いスペイン語に触れることができるのでスペイン語学習に役立てたい方も必見です!

タコス

今回紹介する新聞はどれもwebサイトだけじゃなくて、
アプリやYouTubeのチャンネルもあるよ!

頻繁に読みたい人はアプリをダウンロードしてみて!

読むよりも聞いたり見たりする方がよい人はぜひYouTubeも活用してみてね!

リスニングの練習にもなるね!

El Universal

出典:eluniversal.com.mx

1916年創刊で、メキシコでは最も歴史があるとされている日刊新聞です。

また、メキシコで最も読まれている新聞の一つでもあります。

全国のあらゆるニュースを扱っています。

私が留学中に目を通していたのはこの新聞でした。

英語版もあるので、スペイン語が理解できない方でも記事を読めます!

Reforma

出典:reforma.com

こちらもEl Universal 同様、最も読まれている日刊新聞の一つです。

創刊が1993年と割と新しい新聞です。

El Financiero

出典:elfinanciero.com.mx

こちらは財政、経済、ビジネス、政治に特化した日刊新聞です。

最近はコロナウイルス関連の情報も多く含まれています。

下記のEl Economistaより読まれているようです。紙面を無料でPDFでダウンロードすることもできますので、ダウンロードして開いている時間に紙の新聞を読むこともできます。

El Economista

出典:idic.mx

こちらもEl Financiero同様、財政や経済に特化した日刊新聞です。

留学中・帰国後に私はEl Economistaを購読していましたが、経済新聞なのでもちろんですが、内容はとても難しかったです。。。

メキシコの月ごとの経済のデータや、最近ですと石油問題など詳細に採掘量まで書かれているのでメキシコ、そして世界の経済に詳しくなれます!

また、会員でなくても多くの記事を読むことができますので、少し気になる方はぜひ読んでみて下さい。

会員になると、紙面のページを読むことができるようになります。

その中で紙の新聞でもそのニュースをタップすると、そのインターネット版の記事や、関連の記事が表示され、一つの記事から多くの記事に関連させていろいろな情報を得ることができるのがメリットの一つです。

最後に

いかがだったでしょうか。

メキシコ全体のニュースを読むならEl UniversalかReforma,
経済系のニュースを読むならEl FinancieroかEl economista
を読んでみてください!

それぞれに大差はないとは思いますので、
まずは一記事読んでみるところから始めましょう!

メキシコの情勢に詳しくなり、同時にスペイン語力もつくこと間違いなしです!

 

参考文献

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です