【最新】8月第1週の新型コロナウイルスの状況。感染止まらず死者数は世界3番目へ。

【間違えやすい!】スペイン語の前置詞porとparaの違いを徹底解説!

8月第1週のメキシコの活動再開は⁈

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年8月2日現在、感染者は439,046人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

メキシコの感染者は世界7位、死亡者数は世界3番目になってしまいました。まだ収まる気配はありません。

▼8月第1週の経済活動再開の指針は?▼

今週より再びメキシコシティはオレンジ信号に。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】8月3日~8月9日はどうなる?感染者数やメキシコシティとグアナファト州の対応のまとめ

勉強を進めていくと前置詞のporとparaが似ていて区別しにくいと思います。

おそらく英語でどちらもforのような機能をしているからだと思います。

しかし、しっかり区別するすることができます!

実際筆者もスペイン語学習を開始して2年でやっと違いがわかりました。

この記事を読んでいただければ必ずスッキリすると思います!

今回の記事

①porとparaそれぞれの特徴

②porとparaの使い分けクイズ

③porとparaを使った表現

まずはそれぞれの意味・特徴をみていきましょう!

Por

原因・動機 (〜のために)

Gracias por venir.
来てくれてありがとうございます。

Por su familia él podría hacer cualquier cosa.
彼は自分の家族のためにならどんなこともできるだろう。

経路・漠然とした場所 (〜を通って、〜に沿って、〜のあたりに)

El ladrón entró por esta ventana.
泥棒はこの窓から侵入した。

Quiero viajar por Sudamérica.
南アメリカを旅行したい。

期間・漠然とした時間 (〜の間、〜頃に)

Necesito trabajar por 8 horas.
私は8時働く必要がある。

Volví de México por el 15 de julio.
私はメキシコから7月15日に帰ってきた。

方法・手段 (〜で、〜を通して)

Te mando un mensaje por WhatsApp.
君にWhatsAppメッセージを送るね。

Lo supe por un amigo.
それは友達を通して知った。

代理・代替 (〜の代わりに、〜と交換に)

Él vino por su esposa.
彼の妻の代わりに彼がきた。

Me gustaría cambiar esta camiseta por una más grande.
このTシャツをもっと大きいもの変えたいのですが。

代価 (〜で)

Compré esta casa por veinte millones de pesos.
私はこの家を2000万ペソ買った。

受け身表現の動作主 (〜によって)

El paquete le fue enviado a su tía por María.
その小包はマリアによって叔母さんに送られた。

Estar por +不定詞 (まだ〜していない、〜したいと思う)

これは上級者向けです。

La cama está por hacer.
ベッドをまだ整えていない

Para

目的 (〜のために)

Mi hermano mayor estudia para ser médico.
私の兄は医者になるために勉強している。

paraの前後で主語が変わる場合はpara que +接続法で表すこともできます。

Habla más lento para que podamos entenderte.
私たちが理解できるようにもっとゆっくり話して。

宛先 (〜宛の)

Este paquete es para ti.
この小包は君だよ。

適合・利益 (〜にとって)

El alcohol no es bueno para la salud.
アルコールは健康良くない。

期限 (〜までに)

Tengo que terminar la tarea para mañana.
私は明日までに課題を終わらせなければならない。

方向・行先 (〜の方へ向かって、〜行きの)

Vamos para el sur.
我々は南向かう。

判断基準・意見 (〜としては、〜にとっては)

Hace mucho calor para ser abril.
4月にしては暑すぎる。

Hablar español es difícil para mí.
にとってスペイン語を話すのは難しい。

譲歩 (〜なのに)

Para ser tan joven ya sabe muchas cosas.
あんなに若いのに多くのことを知っている。

Estar para +不定詞 
(〜するところである、〜する気分である、〜できる状況にある)

これは上級者向けです。

La reunión está para acabar.
会議はもうすぐ終わるところだ

PorとParaのまとめ

これまでの違いを整理していきましょう!

porpara
原因・動機目的
経路・おおよその場所方向・行先
期間・おおよその時間期限
方法・手段適合・利益
代わり宛先
代価判断基準・意見
受け身の動作主譲歩

PorとParaの使い分けクイズ

ここまで読んできたらもう違いはわかると思います!

自分なりに答えを考えてから解説をチェックしてみてください!

これでもう迷わないですね!!!

①Compré unas flores por mi novia.

②Compré unas flores para mi novia.

これはどちらも「私は君のために花を買った。」と訳されます。

①por mi novia は「彼女が理由で」という意味になり、例えば誕生日だったり、花を欲しがっていたり、何かしら彼女に関する理由があって花をあげたことになります。

②para mi novia はシンプルに「彼女のために」という意味があります。彼女にあげるために花を買ったということになります。

①El camión va por Guanajuato.

②El camión va para Guanajuato.

①「そのバスはグアナファトを経由する。」
por は経路や漠然とした場所を指します。そのためこの場合はグアナファトは経由しますが、目的地ではありません。

②「そのバスはグアナファト行きだ。」
para は行先を指します。そのためこの場合はグアナファトが目的地となります。

①Iré a ver a mis padres por Navidad.

②Iré a ver a mis padres para Navidad.

①「クリスマスごろに両親に会いにいくだろう。」
por は期間・漠然とした時間を指します。そのためクリスマス前後を含みます。

②「クリスマスまでに両親に会いにいくだろう。」
para は期限を指します。そのためクリスマスより前に両親に会うことがわかります。

①Mi hermano trabajó por mí.

②Mi hermano trabajó para mí.

①「私の兄は私の代わりに働いた。」
por には代理の意味があります。

②「私の兄は私のために働いた。」
para は目的を指します。

これが分かれば上級者

①Estos documentos están por revisar.

②Estos documentos están para revisar.

①「これらの書類はまだ見直されていない。」
estar por はまだなされていない状態です。

②「これらの書類は見直されるところである。」
estar para は準備ができている状態です。

③Estoy por dormir.

④Estoy para dormir.

③「寝たいと思う」
estar por dormir で寝たいという気持ちを表しています。

④「寝るところである」
estar para dormir で寝る準備ができているという意味になります。

これで違いが理解できたと思います!!!

ついでに覚えよう!porとparaを使った表現

よく使われる表現をピックアップしました!

かなり数はありますが、リーディングでもよく出ますし、ライティングでも使えると表現力アップです!
ぜひ覚えましょう!

porを使った表現

por esoだから、それゆえ
por lo tantoしたがって、それゆえに
por consiguienteしたがって、それゆえ
por casualidadたまたま、思いがけなく
por si acaso万一のために
pasar … por alto〜を無視する
por lo menos少なくとも
por lo vistoみたところ
por ciertoところで、確かに
por pocoもう少しで〜するところだった、僅かの差で
por fin結局
por favorお願いします
por ejemplo例えば
por lo general普通は、いつもは
por lo prontoまずは、今のところは
por suerte幸いなことに、運よく
por desgracia不運にも、あいにく
por adelantado予め、前もって

paraを使った表現

para con〜に対して
para empezarまず始めに
para nada全然〜ない、無駄に
para siempre永遠に
para variarたまには、マンネリを避けて
no ser para tanto大したことではない
no ser para menos無理からぬことだ、全く同感だ
estar para el arrastre衰弱している、疲れ切っている
para ratoしばらくの間
para colmoおまけに、その上悪いことに
para cuando…〜するときまでに

他にライティングで使える接続詞が気になった方はこちら!

【スペイン語中上級者レッスン】ライティングを強化しよう!使える従属接続詞をピックアップ!

まとめ

いかがだったでしょうか。

porとparaの違いは明確になりましたか?

最後にもう一度整理して終わりにしましょう!

porpara
原因・動機目的
経路・おおよその場所方向・行先
期間・おおよその時間期限
方法・手段適合・利益
代わり宛先
代価判断基準・意見
受け身の動作主譲歩

怪しくなったらいつでもこのページに戻ってきてください!

⬇️文法で困っている方はぜひこちらも参照してみてください。⬇️

〜簡単に勉強したい方向け〜

〜ガッツリ勉強したい方向け〜

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です