【10/3更新】新型コロナ情報|メキシコシティとグアナファト州の信号まとめ

【体験談】スペイン語留学にはメキシコが絶対おすすめな理由はこれだ!

9月のメキシコの新型コロナの状況

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2020年9月16日現在、感染者は680,931人に上り、国内全土で感染が拡大しております。

▼9月の経済活動再開の指針は?▼

今週より「黄色」信号の州が増えました。詳しくは、「メキシコのコロナウイルス感染者数と対策まとめ」の記事をご覧ください。

【新型コロナ】9月28日~10月4日の信号情報|州ごとの感染者数、メキシコシティとグアナファト対応のまとめ

皆さんこんにちは!

UNAM(メキシコ国立自治大学)に留学していたかいやです。

スペイン語を勉強していると、やっぱりどれくらい自分のスペイン語力が伸びているのか気になるもの。それにはやはり留学してしまうのも手だと思います!

しかし、スペイン語圏と言っても色々ありますよね…。

スペイン、メキシコ、キューバ、グアテマラ、コスタリカ、コロンビア、ペルー、アルゼンチン、チリ、ペルー…。これらの国は僕の大学から留学に行っている国々ですが、これよりもっと多くの国でスペイン語が話されていますし、その分留学の選択肢もたくさんあります。

しかし、メヒナビという手前、スペイン語留学にはメキシコをお勧めします!

今回は、スペイン語を学んでいるあなたたちがメキシコ留学を選ぶべき理由を留学経験者が解説します!

私がメキシコに魅了されて1年間の休学留学をした理由と実際の留学体験談

こんな人におすすめ

スペイン語を勉強している人

スペインかメキシコで留学を悩んでいる人⇒メキシコもいいですよ!!!

スペイン語留学にはメキシコがおすすめ!

安く留学できる

まず何と言ってもあげられるメリットの一つはコスパの良さでしょう。

筆者はスペインの留学施設に関してメキシコほど詳しくはないので、今回は留学くらべーるさんの記事を参考にさせて頂きました。

それによると、こんな感じ↓

目的別でみるスペイン留学の学費

留学の目的(期間)学費の目安
語学留学(1か月)5~15万円
大学留学(1年間)/公立15~30万円
大学留学(1年間)/私立70~200万円

スペインには、大学付属、公立、私立とさまざまな語学学校があります。

語学レッスンに加えて、フラメンコやマリンスポーツといったアクティビティを体験できるプログラムも豊富です。

語学学校の学費は1週間100~300ユーロ(約1.2~3.6万円)で、1週間あたりの授業数や期間によっても異なります。

また、スペインの公立大学の学費は取得する単位数によって変動します。

1年間の学費の平均はおよそ1,000~4,000ユーロ(約12~48万円)とのこと。

ちなみにスペインのマラガ大学にも1ヶ月留学したライターがいるので、そのことを書くと、学費10万円と食事付きのホームステイで10万円弱、それに週末旅行や保険など様々プラスされる感じでした。

外食一回するだけでもスペインはやはり少し高いので、少しずつ積み重なっていきそうです。

目的別でみるメキシコ留学の学費【体験談】

留学の目的(期間)学費の目安
語学留学(1か月)10万円
大学留学(1年間)/語学学校30万円
大学留学(1年間)/国立??万円

メキシコはスペイン語が公用語なので、多くの語学学校ではスペイン語を学ぶことができます。

語学学校の場合、学費の目安は1か月で6~20万円と、学校によって差があります。また、これは授業料のみの料金なので、宿泊施設を利用する場合などは別途費用がかかります。

こんな感じですが、筆者がメキシコで経験した限りでは、月に10,000ペソですべて生活できていました!

▼詳しくは下記の記事をご覧ください。

安いは嘘?実際のメキシコの物価を大公開|1ヵ月の生活費を留学生がまとめてみた

筆者はCEPEというメキシコ国立自治大学附属の語学学校に通っていたことがありましたが、CEPEのコースは2ヶ月で1コースとなっており、1コースが初回12000ペソ、2回目からは10450ペソなので月換算すると3万円いかないほど。

それに家賃込みの生活費で10000ペソいかないほどです。

つまり、2ヶ月ほどのショートステイなら飛行機代込みで30万円ほどで全ての生活ができます。

一方、国立の授業に関しては少し説明が難しく…。

日本国籍の人が留学生として留学する場合、登録に300ドル、授業1つに150ドルほどのお金がかかります。

履修する授業の科目数によって学費が変わってきます。

留学中に怖いのは、家賃ですよね。その点、メキシコはスペインに比べて圧倒的に安いです。大学の寮はメキシコではあまり一般的ではなく、多くの学生が大学から1時間圏内に家を借りたり、ホームステイをしています。なので、ほかの大学生と同じように生活ができます。

それに、ホームパーティも多いメキシコは友人の家に招かれれば友人の輪は広がりますよ!

メキシコ国立自治大学付近だと最低で4000ペソ、大学から北に歩いて30分で3500ペソくらいの家賃です。

留学に人気の都市グアナファトではメキシコシティよりも家賃は少し安く、2500〜3500ペソで大学に近い家でホームステイができます!

周りの日本人の話を聞いても、契約書にサインしたなどという話はあまり聞かないので、自分と合わなかったら引越しもスムーズに行えると思います!

長期の人はホームステイをしばらくした後に友達をシェアハウスを始める人もいました!住む場所の心配も大丈夫です!

安く留学をしたいならメキシコをお勧めします!

日本人になじみやすいスペイン語⁈

皆さんが普段日本で学ぶスペイン語は「スペイン」のスペイン語だと思います。

日本にいる限りはスペインのスペイン語になじみがあると思いますが、メキシコのスペイン語って聞いたことがありますか?

詳しく学術的なことを始めてしまうととても終わりそうにないので、ここでは感覚的に留めておきますが、メキシコ中部のスペイン語は日本人にとって一番理解しやすいスペイン語だと思います。

なぜなら、発音の多くが日本人のカタカナそのまま。もちろん話す方はそれでも通じますが、メキシコシティよりもケレタロ・グアナファトなど中部の方がリスニングは圧倒的にしやすいです。

また、メキシコ人は話すのも少しゆっくりめな気がします。

もし興味があればYoutubeで探してみてくださいね。

また、これらの違いを表すときには、seseoとceceoという言葉がよく使われます。

Seseo 

se·se·o[se.sé.o] 男 ce, ci, z を s [s] のように発音することです。

スペイン Andalucía 地方,las Islas Canarias,ラテンアメリカで一般的な発音.

Ceceo

ce·ce·o[θe.θé.o/se.sé.-] 男 (主にスペイン Andalucía 南部,特に Sevilla, Cádiz,ラテンアメリカの一部で)s を [θ] で発音すること.

つまり、sを発音するとき、SなのかCで発音するかの違いをseseoとceceoで分けて言うのです。そしてそれらを区別して発音するのがdistinciónとなります。

メキシコはSeseo、なので、日本人にとってカタカナと同じで、セセオとそのまま発音することができます。だからとても楽なのです!

アジア人差別が少ない&日本人はモテる⁈

スペインに留学していたひとからたまに聞くのは、「アジア人差別がある」ということ。。。

もちろんごくたまにのことですが、一回そのシチュエーションに出くわしてしまうとなかなか複雑な気持ちになるものですよね。

その分、メキシコではそのようなことはほとんどありません。

あっても、「Chino!!(中国人)」と言われてしまうこと。そこで、日本人だと教えてあげると、反応は一気に変わることも。

グアナファトをはじめとして現在日本企業が進出し、メキシコでは「日本ブーム」が巻き起こっています。

さらに、グアナファトなどは観光地でもあるので、現地の人は外国人に対する耐性がしっかりあって驚かれることもありません!むしろ観光業が盛んで外国人相手に商売しているので優しいです。

悲しいことに最近は日本人(アジア人)を見るとコロナ!と言われることは多々あり。悪気はなく言っているようですが、気持ちのいいものではありません。。

中にはメキシコ人が日本語を勉強をする施設のある学校もあり、そこで勉強している人たちとも仲良くなれます!共通点がある人と簡単に会えるのは魅力ですよね!

留学先は現地の人と交流できるところを選ぶべき!

個人的にはメキシコ人学生はとてもフレンドリーで、会って間もないのに飲みに誘ってくれたりします。かなり友達の作りやすい環境だと思います!

かつては日本のことに詳しかったのはアニメ好きの人達が多かったですが、メキシコ資本の和食系レストランなども全国展開していく中で日本食ブームもひろがり、Japón = cool という構造ができているようにも思えます。

つまり、日本人であることに誇りを持ちながらメキシコでの生活を存分に楽しむことができるのです。

そして、日本人女性はこれでもかというほどモテモテでした笑

彼らにとってアジア人の区別がつくのかは謎ですが、ここメキシコでは日本人女性=おしとやか、といったイメージがあるようで、とてもモテます!

男性はそこそこですが…。

男性はダンス(バイレ)が踊れるとめちゃくちゃモテます!!

たまたまかもしれませんが、スペインのマラガ大学の語学学校は大学とは別のキャンパスにあり、現地の学生と交流することはなかなか難しいと感じました。

一方で、メキシコのグアナファト大学は現地の学生と同じキャンパスなので、放課後に交流できたりします。

中庭でよく学生が集まっておしゃべりしている光景が見られます。

この辺も友達の作りやすさに影響しそうです!

さいごに

いかがでしたか?スペイン語留学の王道がスペインだと思っているあなた、そんなことないとわかっていただけましたか?

ぜひメキシコ留学を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

メキシコ留学をするみなさんのために、メヒナビは多くも情報を取り入れています。

・メキシコでの留学はどこがベスト?

・語学学校はどこがいいんだろう…値段は?

・ホームステイはどこで探すの?

といった情報をメヒナビでは多く取り入れてます。

是非ともご覧ください!

共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

渡邉海也
メキシコシティに留学をしていましたカイヤと申します。スペイン語、アグリビジネス、移民問題をUNAMで学び、空手をメキシコでも稽古をし国際交流、そしてPinbox S.A. de C.V. でインターンという三本立てで生活をしていました。メキシコ滞在を通して感じたことを皆様にシェアできたらと思います。よろしくお願いします!