3/14更新|新型コロナ情報】感染は落ち着いたか?ワクチン接種開始。イギリス・ブラジル変異株にも注意

【知ってる?】メキシコではなんで電線に靴がぶら下がっているの?Shoefitiとは?

感染は落ち着いてきたか?ワクチンの接種が開始

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2021年3月12日現在、感染者は2,1577,771人を超え、国内全土で感染が拡大しております。

感染者数の推移

▼感染は一時より落ち着いたか…?▼

メキシコシティ・その他都市にてワクチンが接種開始になりました。感染者数も一時期よりは落ち着いているようです。

詳しくは、下記の記事をご覧ください。

【新型コロナ最新情報】3月15日~28日|各地でワクチン接種開始へ。ブラジル変異株にも要注意。

メキシコで生活していて疑問に思うことって多いと思います。

今回は私がメキシコ生活の中で感じた疑問を一つ紹介したいと思います。

メキシコでの疑問

なんで電線に靴がぶら下がっているの??

メキシコの街を歩いていて、今日天気いいな、なんて空を見上げてみると、靴が電線にかけられている光景を目にしたことはありませんか?

特にコロニアルな地域で人口の少ない街に見られるようです。
グアナファトでも何回か見た記憶があります。

もちろん、メキシコだけでなく世界各国で見られるので、様々な言い伝えや憶測があります。

どんな意味があるのか、その起源に迫っていきたいと思います!

Shoefiti / Shoe Tossing

靴をかけてある一種のアートのことを ShoefitiShoe Tossing と呼びます。

Shoe + Graffiti の造語だと言われています。

このようなものをGraffitiと呼びます。

Graffitiはヒップホップ文化から生まれたもので、1960年代からアートとして認識されてきたようです。

Banksyなどは Graffiti をあまり知らない人も聞いたことがあるの人なのではないでしょうか。
Graffitiは法に触れる行為であることもあるので素性は明かされていません。

Shoefiti は Graffiti 程アートの中でも派手さはないですし、アートなのかもよく分かりませんが、、、
アメリカ発祥と言われていますが、アメリカ大陸全体にすぐに広まっていったようです。

そもそも電線に靴をかけて大丈夫なのでしょうか。
電線てそんなに丈夫なんでしょうか。

こういった落書きが多いところは治安が悪いと言われているように、Shoefitiもそうなのでしょうか。

麻薬カルテルと関係が?!

靴がかけられているところは麻薬を売っている場所のサインだと言われています。

調べたり友達に聞いたりする中で多かったのがこれです。
アメリカから広まったという説もあります。

しかし、現在はその言い伝えが広まってしまい、周知の事実なので堂々と麻薬を売っていることはないのです。そのため今もかけられている靴は長年放置されているもののようです。

ギャングの縄張り

ギャングの縄張りに靴が吊るされていて、この地区は危険な場所だというサインでもあるようです。
ギャングは日本だと暴力団みたいなものです。

この靴は犠牲者のもので、見せしめのような形でかけられていたとも言われています。

なので以前はこのような地域に立ち入ってはいけませんでした。

元々はアメリカの文化とも言われ、メキシコからアメリカに移民が渡り、メキシコに帰ってきた際にその文化を持ち帰ってきているとも言われています。

別れを惜しむ

1950年代ごろから身内が亡くなったときにその人のお気に入りの靴をかける習慣があるところもあるようです。
故人の魂が天に近づき、あの世までの長い道のりをその靴で歩んでいくという風に信じられているそうです。

ちなみに“Ya colgó los tenis”と言うフレーズがメキシコにはあります。
これは「亡くなる」と言う意味です。

例えば、“La abuelita de mi amiga ya colgó los tenis.”は「私の友達のおばあちゃんは亡くなった。」と言う意味になります。

このフレーズがメキシコでしか伝わらないと言うことは、もしかしたら身内が亡くなったときに靴を電線にかけるのが起源なのかもしれませんね。

メキシコでよく聞くスペイン語のフレーズ20選!あなたはどれだけ知ってる?

メキシコ人に馴染める!メキシコ特有のスペイン語のフレーズ【第二弾】

また、卒業、結婚、引越しなど様々な理由でその土地に別れを告げるために靴をかける人もいるようです。
この辺りはハッピーなお知らせという感じですね。

ただの悪戯

色々意味があると述べてきましたが、子供たちがただの悪戯で投げることがあるみたいです。

あとは酔っぱらった若者が靴を投げたりもするみたいです。

まぁこれならもう特に言うことがないですね。
ただ電線だと一度投げたらもうとることが出来ないことがほとんどな気がしますね、、、
安易に投げてはダメです!

いろんな憶測がある中で、このように特に物騒な意味ではないものであって欲しいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

麻薬密売やギャングなど物騒な話から、結婚や悪戯など少しほっこりする話まで様々言い伝えがありましたね。

ただ結局よく分かっていないというのが今のところの答えのようです。

周りのメキシコ人との話の種にしてみてください!

DELE用に全レベルの参考書・文法書・単語帳をまとめた記事があるのでぜひこちらからご覧ください!!

【DELEスペイン語検定対策!】おすすめ参考書・文法書・単語帳はどれ?

メキシコについて詳しくなるための本も紹介しています。ぜひご覧ください!

【おすすめ】メキシコ関連本10冊!【観光・生活・文化・社会・文学・料理について詳しくなろう】 | 

メキシコ文学ランキングの記事もあるのでこちらもご覧ください!

【名作・人気】メキシコ文学・小説おすすめランキング!【日本語でもスペイン語でも】

他にもメキシコで気になることがあったらぜひコメントを残していってください!

参考文献

https://www.milenio.com/virales/tenis-colgados-en-los-cables-que-significan

https://liginc.co.jp/284781

https://dews365.com/newpost/183473.html

https://www.melodijolola.com/entre-amigas/que-significa-la-frase-colgo-los-tenis-que-dicen-los-mexicanos

是非メヒナビの記事のシェアをお願いします!▼

メキシコで働きませんか?

スペイン語を生かしたい…。今いる環境から一歩踏み出したいと考えているあなた。是非メキシコで働きませんか?

メヒナビでは現地の求人情報をお伝えしております。お問い合わせ、紹介はすべて無料。

まずはお気軽にお問い合わせを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です