10/4更新|今週の新型コロナ情報はこちらから】再び感染拡大。メキシコシティは「黄色」信号に。

【メキシコのスペイン語】スペインのスペイン語と違う単語15選!

メキシコ就職・転職セミナー開催!

メキシコ最大手のクイックグローバルメキシコの代表がメキシコ就職セミナーを実施します。

対象は、メキシコで働きたいと思っている人!

今すぐでも構いません。2~3年後にはメキシコに行きたいと思っている方もガシガシ参加お待ちしています!

▼詳細は下記記事より!▼

感染落ち着いたか?メキシコシティは黄色信号に

メキシコの新型コロナウイルスの最新情報を掲載しております。2021年10月4日現在、感染者は3,678,920を超え、国内全土で感染が拡大しております。

▼州別の信号状況はこちら▼

▼州別の信号状況はこちら▼

「赤色」(0州)

「オレンジ色」(1州)バハカリフォルニア州

「黄色」(22州アグアスカリエンテス州、カンペチェ州、コリマ州、コアウイラ州、メキシコ市、メキシコ州、グアナフアト州、イダルゴ州、ハリスコ州、ミチョアカン州、モレロス州、ナヤリット州、ヌエボレオン州、プエブラ州、ケレタロ州、サンルイス・ポトシ州、ソノラ州、タバスコ州、タマウリパス州、トラスカラ州、ベラクルス州、ユカタン州

「緑色」(9州)南バハカリフォルニア州、チアパス州、チワワ州、ドゥランゴ州、ゲレロ州、オアハカ州、キンタナ・ロー州、シナロア州、サカテカス州

メキシコの詳しい新型コロナの状況について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

皆さん、こんにちは。

メヒナビではメキシコ特有のスペイン語のフレーズをこれまでに2回ご紹介してきました。

メキシコでしか使われないスペイン語は理解できたと思います。

しかし教科書のスペイン語と違うものも知らないと困りますよね、、、

メキシコで自分のスペイン語が通じない!ってなってしまいますし。

そこで今回は、スペインのスペイン語とメキシコのスペイン語で単語が異なるものをいくつかピックアップしていきたいと思います!

とうもろこし

スペイン:maíz
メキシコ:elote

とうもろこしはメキシコでよく食べられています。

露店などでeloteというと、チーズやチリパウダー、マヨネーズなどをかけて食べる料理を指します。

元々eloteはナワトル語からきているという説もあり、メキシコでよく使われているのも納得ですね!

ジャガイモ

スペイン:patata
メキシコ:papa

papaは教皇という意味もありますが、メキシコではジャガイモを指します。

ジャガイモもメキシコではよく食べられていて、家の近くの露店でフライドポテトが売られていたのを覚えています。

フライドポテトはpapas a la francesa、ポテトチップスはpapas fritasと呼ばれます!

ジュース

スペイン:zumo
メキシコ:jugo

メキシコではジュースのことをjugoと言います。
スペインでjugoというと、肉汁などもことも指してしまうようです。

メキシコでは「jugo de 〜」は「〜のジュース」になるので、
オレンジジュースはjugo de naranja、リンゴジュースはjugo de manzanaとなります。

炭酸水

スペイン:agua con gas
メキシコ:agua mineral

メキシコでは、レストランなどで水を頼むと”¿Natural o mineral?”と聞かれることが多いです。
炭酸水はかなりメジャーのようですね。

最初はミネラルウォーターか聞かれているのかと思いましたが、違います。
メキシコではagua naturalが水、agua mineralが炭酸水を指します。
少しわかりにくいですよね。

スペインではagua sin gasが水、agua con gasが炭酸水です。

トマト

スペイン:tomate
メキシコ:jitomate

メキシコでtomateというと緑色のトマトを指し、jitomateは赤色のトマトを指します。
あんまり緑色のトマトに馴染みがないので味などはわかりませんが、、、

jitomateもナワトル語由来の単語のようです。

パソコン

スペイン:ordenador
メキシコ:computadora

アメリカと近いということもあり、英語のcomputerに近い形で使われていますね!

運転する

スペイン:conducir
メキシコ:manejar

conducirでも通じるかもしれませんが、manejarが主流です。

プール

スペイン:piscina
メキシコ:alberca

スペインでalbercaを使うと、貯水槽という意味になりますが、メキシコではプールという意味になります。

ストロー

スペイン:paja
メキシコ:popote

ストローはスペイン語圏でかなり異なるので有名です。
sorbeteやpajillaやpitilloなどという国もあります。
アルゼンチンでpopoteが通じなくて焦ったのを覚えています、、、

pajaもpopoteもどちらも藁という意味もあります。
日本でもそうだったようですが、20世紀頃までは藁を現在のストローのように使っていたため、このような単語になっているみたいです。

ジャケット

スペイン:chaqueta
メキシコ:chamarra

chaquetaの方がジャケットに発音が近くて覚えやすいですが、
メキシコでchaquetaというと、自慰行為を指してしまうのでchamarraを使うように気をつけましょう!

シャワー

スペイン:ducha
メキシコ:regadera

スペインでregaderaというと、じょうろのことを指しますが、メキシコではシャワーです。
おそらくメキシコでもduchaで通じるとは思います。

ウェイター

スペイン:camarero
メキシコ:mesero

メキシコのmeseroはmesaからきているのでしょうかね。
そう考えると覚えやすいかもしれません。

スニーカー

スペイン:zapatillas
メキシコ:tenis

メキシコのお店にはよくtenisがいくらで売っていると書いてあります。
最初はテニス用品だと思っていましたが、そのお店には靴しか売っていなかったのでテニスシューズだと想像していました。
しかし結局普通のスニーカーのことを指していると気づきました。

上流階級気取りの人

スペイン:pijo
メキシコ:fresa

メキシコではfresaはイチゴの意味もありますが、金持ちを気取った人という意味もあります。
例えば、私の友人はapple製品をよく使っている人たちのことはfresaだと言っていました。

これは個人の主観なので、ネイティブでもそれぞれ使う場面は違うと思います。

一見悪口にも聞こえますが、悪気なく使っている人もいるみたいで、なかなか難しいです。

恥ずかしい

スペイン:me da vergüenza
メキシコ:me da pena

スペインでme da penaというと、「〜を残念に思う」という意味になります。
sentirやlamentarなどと類義語でしょうか。
しかしメキシコではme da penaは「〜を恥ずかしく思う」になります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

教科書のスペイン語はスペインのものが多いと思いますので、ぜひメキシコに行く場合は気をつけてみてください。

他にもまだまだたくさんあるので、ぜひメキシコのスペイン語を探してみてください!!!

DELE用に全レベルの参考書・文法書・単語帳をまとめた記事があるのでぜひこちらからご覧ください!!

メキシコについて詳しくなるための本も紹介しています。ぜひご覧ください!

メキシコ文学ランキングの記事もあるのでこちらもご覧ください!

以下のサイトではメキシコのスペイン語について簡単にまとまっています。

是非メヒナビの記事のシェアをお願いします!▼

メキシコで働きませんか?

スペイン語を生かしたい…。今いる環境から一歩踏み出したいと考えているあなた。是非メキシコで働きませんか?

メヒナビでは現地の求人情報をお伝えしております。お問い合わせ、紹介はすべて無料。

まずはお気軽にお問い合わせを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です