スペイン語検定試験DELE B2とC1の試験対策と勉強法を合格者が解説!

スポンサードリンク



こんにちは、ライターのゆうきです!

スペイン語学習者であればDELEという試験を一度は聞いたことがあると思います。

目標としている人も多いのではないでしょうか。

私は留学終了までにB2を取るという目標を定めました。

しかし勉強法を調べてもあまり出てこなくて、試験対策の学校に通っていたわけでもないので

試行錯誤で勉強を進めていきました。

2019年の5月にB2、7月にC1を受けました。

結果としてギリギリではありますが、両方なんとか合格できました!

今回は私のようにDELEで困っている人に向けて

自分の合格体験をもとにB2とC1の勉強法や対策を共有したいと思います!!

DELEとは?

セルバンテス文化センター東京によると、

“DELEスペイン語検定はスペイン教育・職業訓練省の下に、スペイン国外ではインスティトゥト・セルバンテスが実施する、高い信頼性をもったスペイン語の検定試験です。
1988年にスペイン語を母国語としない人々のスペイン語能力を測るテストとしてはじまり、現在DELEは世界100カ国以上で実施されています。スペイン語圏への留学、就職などの際に語学のレベルを保証するものとして国際的に認められています。”

と書かれています。

読解、聞き取り、作文、口頭の四技能を試験され、自分の能力をかなり正確に測ってくれます。

https://ruslang.kiev.ua/

メリット

  1. 日本で唯一の公認資格
  2. スペイン語のグローバルスタンダード
  3. 留学?就職?高まる重要性
  4. 国内での利点
  5. 一生モノの資格です
  6. DELEスペイン語検定 = コミュニケーション力

レベル分け

DELEスペイン語検定のレベルはヨーロッパ言語共通参照枠MCER(CEFR)に基づき、A1(入門)、A2(初級)、B1(中級)、B2(中上級)、C1(上級)C2(最上級)があります。

よく言われているのがB2を持っていれば仕事で使えるレベル。

CEFRとかレベルを言われてもよくわからない人は英語の試験のレベルを見れば分かりやすくなるかと思います。

出典:文部科学省

今回はB2とC1レベルについて話していきます!

合格点

リーディングとライティング、リスニングとスピーキングの2つに分かれていて

両方で6割とると合格です。

1セクション25点満点なので、両方で30点とれれば合格です。

合格するとPDFのデータがもらえます。

参考までにこちらは私がB2合格の時の点数です。

こちらがC1合格の点数です。

ギリギリでした、、、

試験形式

モデルが公開されているので難易度や形式を見たい方はこちら

リンクを見てもらえば分かると思いますが、一応個人的な見解も含めて軽く説明します。

B2

リーディングは大問4つあって、設問に答える問題、組み合わせ、文章穴埋め、文法問題があります。

個人的には文章穴埋めは難易度が高く、話の流れをしっかり汲んでいないと解けません。

文法問題は全部読まなくても前後少し読むだけでなんとかなります。

リスニングは大問5つあって、

しっかり問題を先に読みましょう。

1と4はひとつひとつが短いので得点源にしやすいと思います。

ライティングはリスニングしてそれに関して手紙を書くのが1つ、

もう一つはグラフを読みとりか文章の要約の内一つ選ぶ形式です。

片方の対策していくのも良いですが、当日の問題を見て自信のある方を選ぶのが良いと思います。

スピーキングは準備時間に文章と賛成と反対の意見を読み、自分の意見を言う準備、

そして写真を見てストーリーを準備します。

試験が始まったら試験監督に質問され、それに答えていきます。

最終問題はアンケート結果などをみてそれについて質問に答えます。

C1

大きくB2と形式は変わりませんが、変わる点はいくつかあって、

リーディングの最後の文法問題はB2の時は一番易しいと思っていたのですが、C1は結構難易度上がってます。

文法よりも類義語問題や連語問題が多く出ています。あと大問が一つ増えるので読むスピードを上げていかないといけませんね。

リスニングは大問4つあり、様々なアクセントで読まれます。

最後のは短文で簡単そうに見えますが、言い回しや慣用句の意味が分かっているかが大事です!

ライティングは大問1では音声を聞いた後にそれの要約と自分の意見を書きます。

大問2ではB2同様の形式です。

スピーキングは長文を読み、それの要約と自分の意見や視点を準備します。

その話題で質問されます。

最後の問題は4枚の写真を見せられ、最適な物の議論を試験官とします。

試験対策

私がC1に受かるまでには3年ちょいかかっています。

こういうとすごく難しいような気がしますが、それは単に私の努力不足です(笑)

二年半大学でスペイン語をそこそこ勉強してから留学に行き、そこから勉強を頑張りました。

当時は文法書に書いてあるようなことはほとんど頭に入っていましたが、他のことはほとんど出来ませんでした。

なので私のスタート地点としては文法は出来て、他が微妙という感じでした。

また使用していた参考書はこちらです!

今手元にB2とC1がないのですが、同じ種類の参考書です。

これらを踏まえて各セクションの対策を書いていきます。

リーディング

これはどのレベルでもどのセクションでも言えることではありますが、とにかく語彙を増やしましょう。

英語の単語帳はたくさんありますが、スペイン語となると正直ピンとくる単語帳が自分にはなかったので、

オリジナルの単語帳を作っていました!

出会った単語を左側、意味を右側に書き、その下に例文や使い方を書きます。

他にも対義語や類義語や派生語も書くこともあります。

字が汚いのはご勘弁を、、、

C1のリーディングの最後の大問で類義語が活きます!

これを二冊頭にたたき込んでC1に挑みました。

多分二冊で1500語位だと思います。

元々知っていたものは書いていないので、それを合わせると1500よりは多くなるとは思います。

先ほど紹介した参考書で勉強していたのですが、

一度解いてみて、解きながら分からない単語や表現に下線を引いていました。

それを復習の際に単語帳に書き込んでいました。

また、間違えたものは根拠を探し、なぜ間違えてしまったのか考えます。

最初は時間を気にするよりも正確性を気にした方がいいと思います。

文法が苦手な人はB2の最後の大問でつまずいてしまうと思うのでしっかり勉強しましょう。

私は大学のオリジナルの文法書を使用していたので市販のオススメ本などは分かりません、、、

すみません。

参考書以外には小説を読んだり、ニュースを読んだりしていました。

【読書好き必見】おすすめメキシコ文学をご紹介! Part1

リスニング

これはとにかく聞くしかなくて、でも使われる単語のレベルはそこまで高くないと思いました。

ただ、口語が混じると難しく感じるかも知れません。

表現はしっかり覚えましょう。

参考書の使い方は、

まずは問題を解いて答え合わせ。

もう一度聞いて間違えたところを確認して2回目で分かるか確認。

スクリプトを見ながら聞き、分からない単語を下線。答えが合っていても知らない単語があるかも知れないので、全部聞く。

このようにしていました。

何度も聞かなければなりませんが、このやり方で細かいところも聞き取れるようになります!

参考書以外にはTEDのスペイン語版を聞いていました。

様々なアクセントの方が話しているのでいろんな話し方に慣れることが出来ます。

C1の本番でチリ人のスペイン語が全く聞き取れなくて焦ったので、

いろんなアクセントに触れておきましょう。

C1は音声も早いのでそれにも慣れたいですね。

ライティング

時間配分をしましょう。

私はB2もC1も時間がなくて最後の方が殴り書きみたいになってしまいました。

最初は鉛筆で下書きをしていましたが、時間がなくなるので直接ペンで書きました。

ポイントは形式を守ることです。

文句のメールであれば、

最初に自己紹介と大まかな用件、次の段落で細かい部分、最後に改善策などを書いて締めの文を書く。

などです。

フォーマルな文章を書くときは口語とは違うことも注意してください。

相手には三人称で話し、婉曲表現を使いましょう。

あとは接続詞などを豊富に持っていると強いです。

例えば「なぜなら~だから」はporqueが一番初めに出てくると思いますが、

ya que や puesto que などもつかえると文章が単調に見えなくなります。

あとは単語の繰り返しを避けましょう。

自分だけでは分からないのでスペイン語母語の先生や友達に添削をしてもらいましょう。

スピーキング

これもスペイン語母語話者に手伝ってもらいましょう。

私はB2よりC1のほうがスピーキングの点が高かったのですが、その要因は

B2は話を作ったり、イマジネーションを使う部分があってあまり得意ではなかったからだと思います。

この辺りも対策すると良いでしょう。

論理的に話すことも心がけましょう。

自分の意見に理由もしっかり加えましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

少しでも皆さんの助けになればうれしいです!

現在私はC2の対策をしています!

DELE対策一緒に頑張りましょう!!

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です