【グアナファト留学】みんな!グアナファト大学へ留学にいこう!!

スポンサードリンク



こんにちは!ライターのゆうきです。

2018年の8月から1年間グアナファト大学で留学をしてきたわけですが、とうとう留学生活に終止符を打つことになりました。

そこで今回は、私の経験を共有し

読者の方々にメキシコ留学について知って欲しい!

そして今後留学を考えている方の一つのヒントにもなって欲しい!

そのような記事になっています。

留学の経緯

私は東京外国語大学(以下外大)に在学していて、スペイン語専攻です。

外大に入ったからには専攻している言語で長期留学に行きたいとずっと思っていました。

英語圏留学も魅力的でしたが、それは他の人にも出来る事だと思い、スペイン語圏にしました。

なんでメキシコ留学なの?と思う方もいるかも知れません。

私も2年前はそう思ってました。

外大は大学二年の秋に長期留学の選考があり、実はギリギリまでスペインに留学行こうと考えていました。

なんかスペイン留学ってかっこいいって思っていたんですよね。

あとスペインのスペイン語が正義だと思っていたので、、、あの頃の自分は何も知らなかったのです。

しかしすでに春休みに一ヶ月間スペインのマラガに留学することを決めていたので、他の国もいいなと少しだけ揺らいでいました。

マラガ

 

そこに、”日本と中南米が取り組む地球的課題を解決する文理協働型人材養成プログラム(La-CEP)”という中南米に留学する人のためのプログラムがあり、

友達に誘われて説明会に行ってからメキシコ留学が急浮上しました。

当時の自分にとってはメキシコ留学は未知の世界でわくわくしました。

最終的には通常の留学よりも手当がつき、スペイン語の多様性に触れたい、面白い体験ができそうと思って決意しました。

渡航前

留学は準備が大変なイメージがありますが、自分は思ったよりもスムーズに出来ました。

主にはビザ、奨学金、保険などでしょうか。

ビザについては過去の記事があるので参考にしてください!

【体験談あり】メキシコビザの取得方法を手順別に完全解説!~2019年最新版~

2018年6月16日

奨学金はJASSO、保険は東京海上日動と契約し、どちらも外大と提携していました。

ワクチンは必須ではなかったので私は何もしませんでしたが、他の多くの留学生はしているようなので

迷っているのであれば狂犬病やA型肝炎のワクチンはするべきだと思います。

留学前に他の先輩にはとにかくスペイン語をやっておけと言われましたが、

確実に英語を忘れると思ったので留学前は英語の資格試験(TOEIC)を受けたりしていました。

スペイン語は本腰を入れてやっていませんでした。

1学期目

8月の頭から12月の頭までが一学期でした。

授業が始まる期間のギリギリにグアナファトに着いたので初めはバタバタしていました。

余裕を持って行くことをおすすめします。

授業

1学期目は語学学校の授業を5コマ、大学の講義を1コマとっていました。

語学学校は文法、会話、読解、歴史の授業

大学は異文化コミュニケーションの授業をとっていました。

日本と違い、大学の講義は1コマ3時間!

大学の講義はもっと多く取ろうと思っていましたが、自分のスペイン語に自信がなかったので、

甘えて語学学校の比重を大きくしました。

語学学校は1コマ一時間程度でした。

授業は9時頃から遅くても15時に終わりました。

このキャンパスで勉強出来ると思っていたら近くの別のところでした、、、

 

語学学校はイベントが多くてとても楽しいです!

学部の授業受けているよりも文化を知るという面では良いです!

授業を受けてみて、圧倒的に語彙数が足りていないと気づき、分からない単語を端からメモしていました。

あとは積極的に話すようにしました。

とにかく練習あるのみ!

ボランティア

グアナファト大学には日本語を勉強している学生が多くいるので

その生徒たちと週に2時間程会話の授業をしていました。

日本に興味のある人ばかりなのですぐに仲良くなることが出来ました!

生活

グアナファトではホームステイをしていました。

大学側との連絡が上手くいっていなくて到着三日前に家が決まりました。

月3500ペソで食事なし、キッチンやトイレは家主と共有でした。

グアナファトの家賃相場は2000~3500ペソ辺りだと思います。

 

生活費は家賃を入れて6万円で過ごしていました。

十分すぎるくらいの生活が出来ました。

 

洗濯はlavendería(ランドリー屋)でしていました。

重さで値段が変わり、私は週一で行き、60~90ペソ払っていました。

 

メキシコ人に遊びに誘われる時は大体バーかクラブで、最初は行っていたのですが、

自分はアルコールを飲まないのであまり楽しさが分からず、結局最初の数回だけしか行きませんでした。

毎週木曜日の夜はフィエスタですごい盛り上がっていました!

 

メキシコ料理もあまり口には合わなかったので、

自炊をするか、イタリアンや日本食のレストランに行っていました。

休日の過ごし方は、

勉強したり、友達とカフェやレストランに行っておしゃべりしていました。

 

メキシコ料理がダメで、フィエスタもダメでも一年間楽しく過ごせたので、

文化に適応出来なくてもなんとかなりました。

もちろんお酒飲めない友達もいるのでそのような人たちと遊んでいました。

冬休み

冬休みは一ヶ月半ほどありました。

メキシコ人学生はすぐに実家に帰ってしまうので、周りからいなくなってしまいました。

なので中国人留学生とカンクン、オアハカ、プエブラへ2週間旅行に行きました。

長期休暇中はバスの値段も下がるのでぜひ旅行してみてください!

また、このメヒナビで記事を書き始めたのも冬休みでした!

 

あとは体調崩していました。

病院の場所が分からず苦労しました、、、

グアナファトにはあまり病院がないみたいです。

基本的には薬局で良いのですが、調子が悪いときはこちらを訪ねてみてください。

 

 

2学期目

1月の終わりから5月の終わりまでが二学期でした。

授業

この頃にはある程度スペイン語に自信がついてきたので、

語学学校には行かず、学部の授業で気になるものを取りました。

スペイン語教育学部からは社会言語学、意味論、文学

英語教育学部からは文法教育の授業を取りました。

4コマしか取っていなかったので水曜日から金曜日までしか授業に行っていませんでした!

しかし、なかには午後9時に終わる授業もあり帰るのが遅くなることもしばしば、、、

私が通っていた2つの学部の情報はこちらから

【グアナファト大学部留学】LEESとLEIの2学科を徹底解明!

2019年2月26日

 

一学期目に思ったよりも勉強時間がとれていなかったと反省し、

二学期目は本当にずっと勉強するように心がけました。

 

帰国前にスペイン語の試験であるDELEを受けようと思っていたのでそれに向けても勉強していました。

まだ執筆している段階では合否はわかりませんが

受かっていてほしいですね、、、

生活

基本的な生活は変わりませんが、

授業が重くなり、勉強や作業のためにカフェに行くことが増えました。

カフェ特集をしたのでよかったらこちらも

【大公開】カフェ中毒の留学生がグアナファトのおすすめカフェを語る!

2019年6月17日

いろいろ手を出してみようと思い、メキシコ文学を少し読んでみたり、美術館に行ってみたりもしました!

おすすめの本は定番ですがペドロ・パラモです!

最後の長期休暇

授業が終わってすぐに日本に帰っても良かったのですが、せっかくなので七月中旬まで帰国を伸ばしました。

その間何をしていたかというと、、、

南米旅行に行っていました!

日本から行くよりも安くいけたのでこの機会を逃すまいと

3週間コロンビア、ペルー、アルゼンチンに行っていました!

日本からはアクセスが悪い土地に行くことが出来るのも留学の楽しみの一つですね!

まとめ

グアナファト大学への留学は強くおすすめします!

費用の安さ、友達の作りやすさ、過ごしやすさ

この辺りが推せるところでしょうか。

 

ただ日本とは全く異なることも多いので最初は衝撃を受けるかも知れませんね!

 

スポンサードリンク



共有はこちら!~Comparta!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です